猫の悪性リンパ腫の治療!抗がん剤の種類や副作用について!

猫の悪性リンパ腫の抗がん剤治療

 

猫の体を異物の侵入から守る
免疫細胞の一種『リンパ球』
が腫瘍化し、増殖する病気の
悪性リンパ腫

 

いわゆる白血病などと同じ
「血液のがん」と呼ばれるものです。

 

リンパ腫にもさまざまなタイプが
ありますが、いずれのタイプも
治療は化学療法(抗がん剤)を
使った全身療法が行われます。

スポンサーリンク


猫のがんの多くは、治療の
第一選択は手術による外科的切除
であり、抗がん剤や他の治療は、
手術後の補助治療や、手術で
取りきれない場合、他に転移が
ある場合などに行われることが
ほとんどです。

 

しかし、リンパ腫など血液のがん
の場合は、病変ができていたとして
も手術による切除をすることは
ほとんどありません。

 

血液のがん・・いわゆる全身の
がんですので、腫瘤を切除しても
すぐに拡がり、また手術自体も
困難であることが多いためです。

 

ただし、すぐに手術を行わないと
数日ももたないような状態に
腫瘤が大きく増殖(腸管閉塞など)
している場合や皮膚型リンパ腫
が孤立してできている場合などは
手術が第一選択になることあります。

 

しかし、その場合もその後の治療
としては化学療法がメインになります。

猫のリンパ腫!ステロイドやインターフェロンの治療効果は?

 

抗がん剤のイメージはあまり
良いものではなく、躊躇して
しまいがちですが、血液のがん
には、抗がん剤の感受性(効果)
は高く、副作用の発生率も高くは
ありません。

 

もちろん抗がん剤の種類や投与量、
投与頻度にもよりますが、基本的
には副作用が出ない(出にくい)と
される治療の組み合わせでスタート
していくようになります。

 

そこで猫のリンパ腫で使われる
主な抗がん剤の種類や治療法、
副作用についてまとめてみました。

猫の癌にアガリクスの効果とは?抗がん作用は期待できる?

 

<抗がん剤の種類、副作用>

 

『ドキソルビシン(アドリアシン)』

 

代表的な抗がん性抗生物質の一つ
で、リンパ腫に対して最も強力
される抗がん剤です。

がん細胞のDNA合成を妨げる他、
DNAを切断してがん細胞を殺します。

 

注射薬しかなく、投与もゆっくり
時間(約1時間)をかけて行う必要が
あります。

 

*副作用

嘔吐や下痢などの消化器症状や
白血球の減少があります。

ただし、副作用の発生頻度は
多くはないとされています。

 

また、薬剤が血管外に漏れると
重篤な皮膚炎を起こします。

 

『ビンクリスチン(オンコビン)』

 

ニチニチソウという植物に含まれる
成分から生まれた抗がん剤で、
細胞分裂の際、染色体を新しい細胞
に移す役目をする微小管の働きを
阻害し、抗腫瘍効果を発揮します。

 

リンパ腫に対しては、中等度の
効果とされている抗がん剤です。
(注射薬のみ)

 

*副作用

しびれや痛みなどの神経障害、
骨髄抑制(白血球,赤血球減少)など。

 

また、薬剤が血管外に漏れると
重大な皮膚炎を起こします。

 

『シクロフォスファミド(エンドキサン)』

 

世界中で最もよく用いられている
抗がん剤の一つでDNAの合成を
阻害することにより抗腫瘍効果を
発揮します。

 

リンパ腫に対しては、弱い効果
されていますが個体差があります。

 

注射薬と内服薬があるため、
通院が大変な場合などには自宅
での内服が可能です。

 

*副作用

嘔吐や下痢などの消化器症状や
白血球の減少があります。

 

『L-アスパラギナーゼ(ロイナーゼ)』

 

がん細胞の増殖の歳に必要な
アミノ酸を分解する酵素薬です。

 

L-アスパラギナーゼを投与すると、
増殖に必要なアスパラギンが枯渇
してしまい、がん細胞を死滅させる
効果があります。

 

ただし、効果は長続きせず、
長期の使用もできないため、
猫のリンパ腫では初期治療に
使われることが多いです。

 

*副作用

他の抗がん剤で見られるような
下痢や嘔吐や骨髄抑制などが
なく、安全な薬剤とされています。

 

ただ、注意が必要な副作用と
してはアナフィラキシーショック
(アレルギー反応)が挙げられます。

スポンサー リンク


<副作用の発生と確率>

 

ほとんどの抗がん剤に共通して
見られる副作用が、食欲不振、
嘔吐、下痢などの消化器毒性
と、白血球減少などの骨髄抑制
です。

 

消化器毒性は、抗がん剤投与
の当日から3日目くらいの間
で起こります。

 

骨髄抑制は、抗がん剤投与後、
5日~1週間ほどで発生します。
これは目に見えて分かるもの
ではないですが、重篤な場合は、
急激にグッタリするなどの反応
が見られます。

 

抗がん剤の種類や投与頻度に
よっても副作用の起きる確率も
変わりますが、一般的には、
これらの副作用の出る確率は
軽度のものも含め、20~30%
とされています。

猫のリンパ腫の治療・症状やステージと抗がん剤や費用など!

 

<抗がん剤のプロトコール>

 

抗がん剤はさまざまなものが
ありますが、がん治療において
ほとんどが2つ以上の薬剤を
組み合わせ、治療効果をあげて
いきます。

 

そして薬剤の組み合わせや投与順
のことをプロトコールと呼びます。

 

全身の状態、腫瘍の状態、
猫の体調によってもプロトコール
は変わってきます。

 

一般的で最も標準的な
プロトコールの場合は、
複数の抗がん剤の組み合わせで
週に1回の抗がん剤を2ヶ月
その後2週に1回を4ヶ月、という
半年間の治療になります。

 

その後は経過観察、再燃すれば
また治療開始となります。

 

その他、副作用が出やすい子など
の場合には、弱めの抗がん剤を
使い、期間も短めのプロトコール
を行う場合もあります。

 

また、自宅での抗がん剤の投与
と組み合わせ、通院頻度を減ら
したり、短期集中的に治療を
行うプロトコールなどもあります。

 

これらは、猫の状態や飼い主さん
の要望など全般的な状況を含め、
どれが一番良いのか・・
ということを獣医師と良く話し
合って決めるようになります。

 

また、抗がん剤の効果も個体差
があり、色々と試してみる必要
もあります。

 

抗がん剤治療は費用面も含め
大変な治療になりますが、
後悔のないように治療の選択を
してほしいと思います。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です