猫の肥満細胞腫の抗がん剤(化学療法)治療の効果や費用など!

猫の肥満細胞腫の治療選択

 

猫の肥満細胞腫の治療は、
第一選択は手術による切除で
早期にがん細胞を摘出すること
ができれば完治も望め、また
再発を阻止することもできます。

 

しかし、さまざまな原因で
手術が困難な場合、また手術で
すべてを取りきれない場合、再発
を繰り返す場合、転移が拡がって
いる場合などは、
化学療法(抗がん剤)を検討する
ようになります。

スポンサーリンク


ただし、猫の肥満細胞腫において
抗がん剤の治療は完治が望める
ものではなく、再発までの時間
を長くする可能性にかけて
行われることがほとんどです。

 

そのため、抗がん剤の使用に
関しては、獣医師によっても見解
は分かれるところです。

 

また、抗がん剤というと一般的に
副作用というイメージが強いため
飼い主さんもなかなか踏み切れない
のが現状です。

 

一日でも長生きしてほしい・・
でも治療で辛い思いをさせるのは
・・と思うのは当然ですよね。

 

ただ、現在では副作用の少ないと
いわれる新しいタイプの抗がん剤
も出てきましたので治療の選択肢
としては増えてきていると言えます。

 

そこで猫の肥満細胞腫の治療に
行われる抗がん剤(化学療法)
についてまとめてみました。

スポンサー リンク


肥満細胞腫の抗がん剤

 

現在では、猫の肥満細胞腫の
治療において抗がん剤は、
「分子標的薬」と言われる
新しいタイプの抗がん剤が
使われることが多くなっています。

 

「イマチニブ」や「トセラニブ」
などチロシンキナーゼ阻害薬です。

 

これまでの抗がん剤は、
増殖速度が比較的速い細胞
ターゲットとするものが一般的
で、これはいわゆる正常細胞を
含むすべての細胞を標的とする
ものでした。

 

このことから正常細胞にまで
影響を与えるため、激しい
副作用が起こっていたのです。

 

しかし新しい「分子標的薬」
呼ばれるものは、細胞の増殖や浸潤
や転移などに関わる、いわゆる
がん細胞特有の分子をターゲット
とするものです。

 

がん細胞のみをターゲットとして
いるために正常細胞への影響
(副作用)を少なく抑えながら
治療効果を高めるとして期待
されている治療法です。

 

ただし、従来の抗がん剤のような
副作用は起きにくいですが、
分子標的薬特有の副作用が起きる
可能性はあります。

 

抗がん剤の副作用

 

副作用としては、
薬剤によって変わりはあるものの
発疹、発熱、痒みなどの軽い
アレルギー反応から、
アナフィラキシーショックなどの
重いアレルギー反応が起きる
こともあります。

 

また、心不全や間質性肺炎、
血栓症や高血圧などの重篤な
副作用や、嘔吐や下痢なども
ありますが、これらは従来の
抗がん剤よりは少ないとされています。

 

「分子標的薬」はの肥満細胞腫や
リンパ腫では効果が認められて
いる薬剤で、場合によっては
腫瘍の消失などの良い効果の
報告も多くなってきています。

犬の肥満細胞種に分子標的薬イマチニブの効果や副作用は?

 

近年、猫にも使われるように
なり、手術後の補助療法として
は比較的良好な経過を辿って
いる例も出てきているようです。

 

今後に期待が持たれる抗がん剤
と言えると思われます。

 

そのため、猫の肥満細胞腫の
補助治療において、通常の
抗がん剤の治療効果と副作用の
リスクを考えると「分子標的薬」
選択が一般的になってきているようです。

猫の肥満細胞腫の治療や手術費用と術後、予後について!

 

抗がん剤の価格

 

ただ、難点と言えば、「分子標的薬」
価格です。
とても高いです。

 

がん治療は人間においても
高額の治療費がかかるのは
知られていますが、動物も
同じですね。

 

分子標的薬は、メーカーや
薬剤によっても変わりますが、
人間用の薬剤「グリベック錠」
の場合、犬への一般的な投与量
は、10mg/kg/day。

 

また、犬用の分子標的薬
「パラディア錠」では、
3.25mg/kg/2日に1回

となっています。

 

どの薬剤を使うか、また体重や
状態によっても投与量を決めて
いくようになりますが、猫の
場合もおおまかにはこの投与量を
目安に様子を見ながら決めて
いくようになります。

 

投与量によっても、費用は
変わりますが、通常サイズの
猫(4kg程度)で一月分の薬代
して2~3万円前後かかると思います。

 

また、分子標的薬は補助治療と
して使われることが多いため、
その他、ステロイド治療や、
場合によっては抗がん作用の
あるサプリメントなどの併用も
あります。

猫の癌にアガリクスの効果とは?抗がん作用は期待できる?

 

その他、定期的な血液検査など
も必要になるため、すべてを
含めるとやはり毎月5万円程度
の費用は必要になると思われます。

 

もちろん、効果が上がれば、
分子標的薬の量を減らしたりも
ありますがそれでも半年~1年近く
は継続することになると思われます。

 

また予後が良い場合は、治療を
一旦中断することもありますが
化学療法では基本的に完治が望める
ものではないため、全体的な治療
自体は様子を見ながらの継続になる
ことが一般的です。

猫(ペット)の癌に最前線の放射線治療!効果や副作用,費用は?

治療について、予後について、
また費用的な負担も含め、
その後の治療計画について
獣医師と良く相談することが
大事になってきます。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です