猫の口が開けっ放し,開けたまま寝てるなどで考えられる原因は?

猫は犬と違い、常に口を開けてる
イメージはありません。

 

大きく口を開けるときは、
あくびをする時や、何らかの
要求でニャーっと鳴いている
時くらいですよね。

 

猫は基本的に鼻で呼吸をして
いますし、食事も匂いで嗅ぎ分けています。

 

ですから、常に口を開けている
ような状態というのは、何らかの
異常の可能性もあるのです。

スポンサーリンク


普通に起きているときに、
口をちゃんと閉じれていない、
また頻繁に口を開けている状態
が見られる、という状態は、

*口の中に異変がある

*鼻で呼吸ができない

などの可能性が考えられます。

 

<口の中に異変がある>

 

口内炎歯周病などによって、
口腔内の炎症がひどい場合には、
痛くて口が閉じれないことが多く
あります。

 

この場合には、状態にもよりますが
口から異臭がしたり、ヨダレが
多くなったり、出血などが見られる
ことが多いです。

猫の口内炎の原因や症状と治療や治療費は?よだれや口臭!

また、食事を食べづらそうにしたり
食欲が落ちたり、口元を気にして
前足で引っ掻いたり、口をクチャ
クチャしたりなどが見られます。

猫の歯周病の原因や症状と治療費用や自宅でのケアなど!

 

その他、口腔内にできる腫瘍などに
よっても進行してくると口が
閉じれない状態になります。

猫の口腔がん!悪性黒色腫(メラノーマ)の原因や症状と治療法!

 

猫は口腔内の病気が非常に多いため
注意が必要です。

 

<鼻で呼吸ができない>

 

猫は通常、鼻で呼吸をしていますが、
鼻づまりや副鼻腔炎など鼻の炎症に
よって呼吸ができなくなると口で
呼吸をせざるをえなくなるため、
常に口を開いている状態になります。

 

この場合多くは、鼻水や粘液状や
膿状のドロっとした鼻水が出たり、
鼻の穴が汚れによって塞がって
いたりしています。

 

鼻炎の症状はカリシウイルスや
ヘルペスなどのいわゆる猫カゼ
よって起きることが多く、慢性化
してしまうと治りにくいため、常に
鼻に炎症を抱えて呼吸がしずらく
なっていることも多いです。

猫の副鼻腔炎の原因や症状と治療法!慢性の鼻炎には要注意!

 

また、口内炎なども同じく猫カゼの
症状でもあるため、鼻と口の症状が
セットになっている場合もあり、
その場合は病状としては重く、猫に
とっては苦しい状態と言えます。

スポンサー リンク


<寝ているときに口が開いたまま>

 

寝ている時などに口が半開き
になっている子もいますよね。
見ているととっても可愛いですが。

 

これはその子の寝方や癖もあり、
また、夢を見ているときなどに
口を動かしたり、寝言のように
鳴いたりなどもあるため、一概
には言えませんが・・

 

起きているときに上記のような
鼻や口の中の異常が見られず
寝ているときだけに口が開いた
状態なのであれば特に問題はない
と言えます。

 

ただし、

*イビキがひどい場合

*呼吸が苦しそう

などが見られる場合には、
鼻腔狭窄(鼻の穴が狭く潰れて
っしまっている状態)や、
軟口蓋過長症(口腔内の軟口蓋
が通常よりも長い)の可能性もあります。

 

これらは主にペルシャやヒマラヤン
などの顔がつぶれた種類の猫
多く見られる先天性のもので、
短頭種気道症候群と言われます。

 

これにより、呼吸がしずらく
なったり、呼吸時にイビキの
ような音がしたりします。

 

これらは、短頭種の宿命のような
病気ですが、あまりに状態が
ひどいような場合には命に関わる
危険もあるため、手術が必要に
なることもあります。

 

 

その他、肥満によっても、
似たような症状が見られること
があります。
イビキなどには注意が必要です。

 

猫さんが口を良くあけている
状態が見られるときは、

*口の中をチェック

*鼻をチェック

*呼吸はできているか、チアノーゼ
になっていないか舌の色をチェック

*肥満度合いのチェック

してみてくださいね。

 

何らかの異常があれば早めに
病院に連れていきましょう。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です