猫の口呼吸の原因や病気の可能性は?対処法や注意することは?

猫の口呼吸は異常?

 

猫は暑さを体では体現しますが
(液状化と呼ばれるダラーンと
伸びきった姿勢)、口を開けて
ハーハーするという状態は、
一般的にはほとんど見られません。

 

また、顔の近くで耳を澄ませて
みても呼吸音が聞こえることは
あまりなく、基本的に静かな動物です。

スポンサーリンク


それというのも、猫は犬と違い、
基本的に鼻呼吸なのです。

 

ですから、鼻の詰まった短頭種
の猫などは、寝ているときに
鼻をブヒブヒ言わせていることも
多いです。

 

また、鼻水や鼻づまりなどで
鼻で満足に呼吸できない場合などは
口を開けて呼吸している猫も多いです。

 

つまり、猫が口呼吸をしていると
言うときは、

*鼻で呼吸がしづらい状況

*激しい痛みや苦しいとき

*極度の興奮や緊張状態

が考えられ、これらの原因には、
何らかの病気が疑われるのです。

 

*ただし、体に何の異常がなくても
興奮したときや運動後、暑いとき
などは口を開けてハーハーする猫も
たまにいます。

 

しかし、体に何らかの疾患があり
口呼吸になっている場合には、
早めに対処しないと命に関わる
危険な場合もあります。

 

そこで、猫が口呼吸するときの
原因や考えられる病気、注意すること
などについてまとめてみました。

スポンサー リンク


<口呼吸の原因や病気の可能性>

 

『鼻で呼吸がしづらい』

 

前述しましたが、猫の口呼吸で
比較的多く見られるのが、鼻で
呼吸しずらい、できない時です。

 

いわゆる猫カゼなどにより鼻水、
鼻詰まりなど鼻炎の症状によるもの
が多いです。

 

また、鼻にできる腫瘍などによって
炎症や潰瘍になり、鼻で満足に呼吸
ができなくなる場合もあります。

 

これらの場合には、根本となって
いる病気の治療ができ、鼻呼吸が
できるようになれば口呼吸は
なくなります。

 

『痛みや苦しいとき』

 

猫で多いのが交通事故などに遭って
運ばれてきたときです。

 

重症を負っている場合などは、
痛みによって口を開けて呼吸を
しています。

 

また、胸部や腹部に圧迫や
損傷があるときにも苦しさから
口呼吸になります。

 

その他、どんな病気であっても
痛みがひどい場合などは口で呼吸
をします。

 

猫で口呼吸が多く見られる病気は
心筋症が挙げられます。

猫の心臓病(心筋症)の原因や症状と検査や治療費用について!

 

その他、苦しくて口呼吸になって
しまう原因として胸水や腹水が
貯留する病気、肺の炎症などで
以下のものが挙げられます。

【リンパ腫】

猫のリンパ腫の治療・症状やステージと抗がん剤や費用など!

【膿胸】

猫の膿胸は怖い!胸に膿がたまる病気の原因や症状と治療法は?

【肺炎】

猫の肺炎は命の危険も!原因や症状と治療から予防法まで!

【伝染性腹膜炎】

猫の伝染性腹膜炎(FIP)の原因や症状は?治療や費用について!

【横隔膜ヘルニア】

猫の横隔膜ヘルニアの治療や手術費用、術後について!

 

また、何らかの中毒性のものを
食べたり舐めたりしてよだれを
垂らしたり口呼吸になったり
することもあります。

猫が中毒になる食べ物と植物や花(菊やユリ)の種類や症状は?

 

また、夏場などは熱中症によって
口呼吸になる場合もあります。

猫の熱中症の原因や症状は?応急処置や役立つ予防対策まとめ

 

<極度の興奮や緊張状態>

 

猫は非常に敏感でストレスを
受けやすい動物なので、パニック
を起こしたりも多いです。

 

個体差もありますが、咄嗟の恐怖
に対して興奮して口呼吸になる
場合もあれば、車などに乗せると
毎回口呼吸になる子もいます。

 

これらの場合は、その後に元に
戻って通常の様子になれば問題
ないですが、頻繁にその状態を
起こす場合などは何らかの基礎疾患
がないかの検査は必要になります。

 

安心のためにも一度診察や検査を
受けておくと良いです。

 

<口呼吸の歳に注意すること>

 

猫の口呼吸の原因はさまざま
ですが、前述したように痛みや
苦しいなどの病気がある場合は
命の危険が伴いますので早急に
病院に連れていく必要があります。

 

また、興奮や緊張状態の場合や
鼻詰まりによるものでもまずは
舌の色を確認しましょう。

 

ピンク色であればまだ大丈夫
ですが、紫色になっていると
チアノーゼを起こしてている
(酸素が取り込めていない)状態
ですので、一刻も早い治療が必要です。

 

また、熱中症など体温上昇が
見られるときにはまずは猫を
落ち着けて体を冷やしてあげる
ことも大事です。

 

猫の口呼吸は緊急を要する場合と
そうでない場合もありますが、
まずは、なるべく落ち着かせる環境に
してあげ様子を観察、病院に連絡して
支持を仰ぎ、移動なども慎重にして
病院に連れていくことが大事です。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です