猫の甲状腺機能亢進症!末期の症状や寿命、最期は?

甲状腺機能亢進症は老化を促進する病気

 

10歳を超えた高齢猫の10%近く
はこの病気になっているとされ、
猫の内分泌ホルモンが関係する
病気で1番多いのが甲状腺機能亢進症です。

 

初期の段階では症状の特性上、病気
だと思われずに受診が遅れてしまう
ということも多く、発見が遅れがち
な病気の一つです。

スポンサーリンク


甲状腺ホルモンは、主に体の代謝を
司るホルモンで、体温を上げたり、
エネルギーを使ったり、心臓の機能
を高めたりなどの指令を出す役割が
あります。

 

この甲状腺の機能が亢進・・
いわゆる甲状腺ホルモンが出過ぎて
しまうという病気です。

 

ですから、必要もないのに
エネルギーをいっぱい使ったり、
心臓を活発に動かしたりするのが
この病気の特徴です。

猫の甲状腺機能亢進症の原因や症状、治療やかかる費用は?

 

この過剰なエネルギー分泌のため、

*活発になる

*食欲増進

*食べるのに痩せる

などの症状が現れるのです。

 

活発で良く食べれば、普通は
病気と思わず、どちらかと言うと
歳なのに元気ね~ などと思われる
ことも多く、病気の発見が遅れて
しまうのです。

 

しかし、この過剰なエネルギー分泌
によって、代謝が上がりすぎると
いうことは、老化が早く進むという
ことなのです。

 

そして、心臓や内蔵なども活発に
なりすぎることにより早期に
疲労し、機能が落ち、さまざまな
弊害をもたらすことになるのです。

 

<甲状腺機能亢進症の末期症状>

 

初期でこそ、異変は多飲多尿
活発で元気になった性格が
変わった?などなんとなく変だな・・

くらいですが、病気が進行して
いくと、全身状態に異変が見られる
ようになります。

 

分かりやすく言うと、一気に老化
が進んだ感じで外見上は

*痩せてくる

*被毛の光沢がなくなる

*脱毛

*筋肉がなくなる

*食欲がなくなる

などが挙げられます。

 

また、内蔵も弱ってくるため、

*下痢や嘔吐

*腎不全

*心臓病や高血圧

*肝臓障害

なども起こります。

 

特に末期の場合などは、これらの
合併症が顕著に現れてきます。

スポンサー リンク


<甲状腺機能亢進症の寿命や最期は?>

 

猫の甲状腺機能亢進症は、
初期症状のうちに治療に入れば
長生きは十分可能で、通常の猫と
同じくらいの寿命を全うすること
もできます。

 

ただし、発見時にすでに他の
臓器に合併症を起こしている
場合には、そちらの病気の状態や
治療の効果によって、寿命(余命)は
変わってきます。

 

多いのは腎不全や心臓病など
ですが、これらを併発している
場合には、残念ながら寿命は短く
なってしまうことが多いです。

 

ただし、それらも初期であれば
薬などでコントロールもでき、寿命
近くまで生きることも可能です。

 

甲状腺機能亢進症自体は薬や療法食
でコントロールできる病気ですので
治療をすれば、それ自体で死んで
しまうという病気ではありません。

猫の甲状腺機能亢進症の治療薬メルカゾールの費用や副作用は? 猫の甲状腺機能亢進症の療法食!ヨウ素制限の効果と価格など!

 

そのため、併症や最終的には
高齢によって起きる他の病気に
よって寿命を迎えてしまうことが
ほとんどです。

 

ですから、最期はその病気によって
状態はさまざまだと言えます。
一般的には心臓の機能が弱ったり
腎不全によって亡くなることが多い
です。

 

甲状腺機能亢進症を治療せずに
放置した場合には、早くに内蔵に
負担がかかり、それによって亡く
なってしまいます。

 

<まとめ>

 

甲状腺機能亢進症は、
『燃え尽きたようになって死んで
しまう』病気だと言われます。

 

燃え尽きたと言われると
生涯をめいっぱい生きた・・
みたいなイメージに聞こえるかも
しれませんがとんでもない。

 

病気による異常な活性化のすえ、
燃え尽きるというのは、非常に
残酷な話です。
どれだけ疲れただろう・・
どれだけ辛かっただろう・・

 

早期に発見して、病気の進行を
くい止め、安らかな老後を過ご
させてあげるのが飼い主の努めです。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です