猫の甲状腺機能亢進症の治療薬メルカゾールの費用や副作用は?

猫の甲状腺機能亢進は、
高齢猫に多く発症する病気です。

 

甲状腺ホルモンの過剰分泌に
おって起こります。

 

そのため、甲状腺ホルモンの合成
を抑え、分泌を減らすことが、
甲状腺機能亢進症の治療になります。

スポンサーリンク


甲状腺機能亢進症の治療法は、

*内科療法(内服薬)
*食事療法(処方食)
*外科療法(手術)

がありますが、ほとんどの
場合、飲み薬や療法食で治療、
管理できます。

猫の甲状腺機能亢進症の原因や症状、治療やかかる費用は?

 

今回は、内科療法のお薬について
まとめてみました。

 

猫の甲状腺機能亢進症の薬

 

猫の甲状腺機能亢進症に使われる
お薬は、成分名「チアマゾール」
製品としては「メルカゾール」
多く使われています。

 

メルカゾールは人間用のお薬で、
猫用のチアマゾールとしては、
「フェリマゾール錠」という
製品が出ています。

 

猫用のフェリマゾールが発売
されるまでは、猫にも人間用の
メルカゾールが使われていました。

 

成分的にも同じですので、現在
でもメルカゾールを処方する
先生が多いです。
フェリマゾールを処方する先生もいます。

 

*メルカゾールの方が価格が安い
ため、メルカゾールを使う病院が
多いです。

 

<メルカゾールの働き>

 

甲状腺のペルオキシダーゼと
いう酵素を阻害して、甲状腺
ホルモンの生合成を抑制します。

 

この作用により、体内のホルモン量
が正常に保たれるようになり、
ホルモンの過剰分泌が引き起こす
さまざまな症状を改善する効果を
発揮します。

 

ただし、チアマゾールなどの
抗甲状腺薬での治療の効果は、
薬によって甲状腺ホルモンの生成
を抑制していることによるため、
薬の服用をやめるとホルモン値が
また高くなり、再発します。

 

ですから、治療は長期~一生に
渡って継続する必要があります。

スポンサー リンク


<メルカゾールの投与量や費用>

 

メルカゾールなど抗甲状腺薬は、
少量からスタートしていって、
2~3週間ごとに検査をして、数値
を見ながら、その子に合った投薬量
を決めていくことになります。

 

メリカゾールは5mgの錠剤、
フェリマゾールは2.5mg5mg
の錠剤があります。

 

そして猫の甲状腺機能亢進症には、
体重にもよりますが1日あたり
1.25mg~10mg(1頭)の量が必要
とされます。

 

ですから、スタート時など
少量の場合には、錠剤を砕いて
粉薬にして処方されることが
多いです。

 

そして、薬の価格は投与量に
よって変わりますし、病院に
よってもさまざまですが、
平均的に1日分で100~150円
程度だと思われます。
(薬は1日1~2回の投与です)

 

1ヶ月分で3.000~5.000円程度
甲状腺機能亢進症のお薬代として
必要になります。

 

<メルカゾールの副作用>

 

副作用はあまり見られないお薬
ですが、長期的使用によって
一過性の軽度の副作用が起きる
可能性として報告されているのは、

*貧血

*嘔吐、食欲減退

*痒みや脱毛などの皮膚症状

*出血傾向

*肝障害に関連した黄疸

*血液異常症(好酸球やリンパ球増加症、
好中球やリンパ球減少症など)

などが挙げられます。

 

ただし、これらはチアマゾールの
服用を中断すれば症状が改善する
ものがほとんどです。

 

基本的には、甲状腺機能亢進の
お薬はずっと(一生)継続して
飲む必要があります。

 

薬ではなく療法食で対処も

 

また、今は甲状腺機能亢進症
用の療法食「ヒルズy/d」が出ています。

 

これは、甲状腺ホルモンを作る
もとになる、ヨウ素という栄養素
を制限した特別な処方食です。

猫の甲状腺機能亢進症の療法食!ヨウ素制限の効果と価格など!

 

ですから、状態にもよりますが、
お薬なしで療法食だけで治療も
できる可能性があります。

 

また、長期のお薬の投与の副作用が
心配されるような場合には、療法食
が望ましいとも言えます。
試してみる価値はありますね。

 

「ヒルズy/d」は嗜好性は比較的
良いのですが、食べてくれない
子もいます。
その場合にはお薬を服用するしか
ないのですが。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です