猫の慢性腎不全の薬セミントラの効果や副作用などは?

猫の慢性腎不全は、体の状態や
ステージによって、さまざまな
薬を組み合わせて腎不全の進行
を遅らせること、そしてQOLを
高めていくことを目標に治療が
行われます。

 

ですから、その猫さんの状況に
よって、いくつもの薬剤などを
総合して最適だと思われる治療が
選択されます。

スポンサーリンク


その中でも比較的新しい腎不全の
薬として使われているのが、
2014年7月に発売された
『セミントラ』という薬です。

 

セミントラはシロップのお薬で
猫にも飲ませやすいと言うこと
で、処方もしやすく、また副作用
が少ない薬とも言われています。

 

ただし、まだ新しい薬のため、
その適応や効果についてはまだ
検証段階の薬であるとも言えます。

 

そこで実際、セミントラとは
どういう薬でどんな効果や効能
があるのか、また副作用には
どのようなものがあるのかなど
についてまとめてみました。


出展:http://k-dogs.net/archives/384

 

<セミントラとは>

 

「セミントラ4mg/ml 経口液猫」
は、動物医療の領域では、世界初の
『ARB(アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬)』です。

 

成分は、テルミサルタンで
人用の薬では「ミカルディス錠」
というものがありそれと同じです。

 

いわゆる降圧剤(血圧を下げる薬)
です。

 

これまで猫の腎不全の降圧剤は
フォルテコールというACE阻害薬
が主に使われてきました。

 

ACE阻害薬は、アンジオテンシン
変換酵素阻害薬です。

 

ARBとACE阻害薬は、どちらも
血圧の上昇を抑えるのですが、
作用するポイントが違います。


出展:http://www.fizz-di.jp/archives/1032830889.html

 

血圧を下げるという点では、
どちらも効果は同じです。

 

ただ、セミントラは猫の慢性腎不全
における蛋白尿の減少を目的に
作られた薬ですので、蛋白尿がある
ときに
効果的なのはセミントラだと
されています。

 

ですから、蛋白尿がある場合には
基本的にセミントラの処方
選択されます。

 

また、フォルテコールを飲んで
いても、蛋白尿が出るようになると
セミントラへ変更することが多いです。

スポンサー リンク


<セミントラの効果、効能>

 

一度ダメになった腎機能は回復する
ことはなく、慢性腎不全の治療は、
残されている腎臓にかかる負担を
軽減する薬を用いて、病状の進行を
抑える内科療法が中心です。

 

セミントラは、慢性腎不全の進行を
早めるとされている蛋白尿を減少
させる効果があります。

 

有効成分のテルミサルタンは、
ナトリウムの貯留や糸球体内圧上昇
をもたらすアンジオテンシンIIの
阻害作用があり、ナトリウム利尿の
促進作用や糸球体内圧降下作用
よって蛋白尿の減少に効果を発揮します。

 

簡単に言うと、
腎臓にかかる血圧(糸球体内圧)を
降下→腎臓を保護する→蛋白尿を
減少ということです。

 

この働きによって腎機能の低下を
抑制します。

猫の慢性腎不全!高血圧の症状や治療と降圧剤の使用,測定など!

 

<セミントラの副作用>

 

基本的には、副作用の少ない薬と
されていますが、軽度の消化管症状
として、

*嘔吐
*下痢
*軟便

が認められることがあるとされています。

 

また、稀に肝臓の数値(肝酵素)の
上昇が見られることがあるようです
が、これは薬を中断すれば、数日後
には正常値に戻るとされています。

 

薬の副作用の程度や頻度から
してみれば確かに比較的安全な
であると言えるとは思われます。

 

また、嘔吐や下痢など、副作用を
疑われる症状が現れた場合には、
一旦中断して副作用か否かを
判定する必要があります。
(嘔吐や下痢などは慢性腎不全の
症状でもあるため)

猫の慢性腎不全の予防効果が期待できるサプリやおやつなど!

 

<セミントラの適応、注意点>

 

慢性腎不全におけるセミントラの
適応は、

*腎性の高血圧がある
*蛋白尿が出ている
*腎不全が悪化していない
*脱水していない

ことが条件です。

 

脱水をしている状態で
セミントラを投与すると逆効果
になり、さらに腎機能が悪化する
可能性があるとされています。

 

ですから、一般的には、
ステージ4のような進行した状態
では皮下輸液をしても完全に脱水
を補正することはできないため、
末期の腎不全では使ってはいけない
とされています。

猫の腎不全!CRE(クレアチニン)とBUNの数値で見るステージは?

 

また、腎不全の初期や中期でも
脱水がある場合などは、皮下輸液
などで脱水を補正しながら投与
する必要があるということです。

 

さらに、腎不全も末期の状態では
セミントラの降圧効果は期待
できないとされています。

 

<まとめ>

 

いずれにしろ、セミントラは
まだ歴史も浅く、その効果に
ついての実績や報告も少ないため、
今後じっくりと検証していく必要
がある薬です。

 

また、猫の慢性腎不全については、
さまざまな研究がなされてきて
いますので、今後さらに良い
特効薬の開発も時間の問題です。

猫の腎不全の治療薬が開発中!期待される効果や実用化の時期は?

 

動物医療のさらなる進歩に
よって、猫の宿命とも言える
慢性腎不全を回避して、愛猫が
長く生きられるように期待したいですね。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です