治療費

猫(ペット)の癌に最前線の放射線治療!効果や副作用,費用は?

慢性腎不全と共に猫の死因の
トップにも挙げられる『がん』。

 

近年、犬や猫のペットに
癌が増加していて、専門的な
がん治療を行う病院の必要性が
求められています。

 

少子高齢化、ますますペットの
需要が求められる時代背景の中、
動物医療の進歩にも期待がかかり
ますよね。

スポンサードリンク


 

人間の場合、一般的に癌の治療と
言えば、大きく分けると

*手術による外科的切除

*化学療法(抗がん剤)

*放射線療法

が挙げられます。

 

そして、これまで動物医療に
おいては、癌の治療と言えば、
出来る部位やガンのタイプにも
よりますが、ほとんどが手術に
よる外科的切除が一般的でした。

 

その後、病態によっては抗がん剤
治療免疫療法などを行う場合も
ありますが、どうしても人間の場合
と違い、治療法の選択肢も少なく
積極的な治療が行えていないという
現状がありました。

 

しかし、ペットを家族の一因として
飼う方たちが増え、それに伴い、
動物医療にもより高度なものが
求められるようになってきました。

 

そんな中、増加傾向のガン治療に
対しても、積極的な治療を施すため
にさまざまな治療法が取り入れられ
てきています。

 

その一つが放射線治療です。
まだまだ、全国的にも放射線治療を
受けられる病院は10件程度ですが、
今後需要の高まりと共に、もっと
増えてくると思われます。

 

そこで今回は放射線治療の
効果や副作用、治療費などに
ついてまとめてみました。

スポンサードリンク


 

<放射線治療とは?>

 

犬猫の場合、基本的にガンが
見つかったら、外科的に切除して
ガンを取り除く選択が第一です。

 

しかし、ガンのできている部位
(脳腫瘍や心臓の腫瘍、鼻腔内に
できた腫瘍)によっては、手術が
困難になります。

 

また大きくなりすぎている場合
なども手術によってガン細胞
すべてを取り除くことができない
こともあります。

 

さらにすでに他部位に転移して
増殖してしまっている場合など
も同様です。

 

このようなガンの治療に対して
放射線治療が効果的になります。

 

レントゲン撮影にも使われる放射線
の一種であるX線のエネルギーを、
強力なレベルに上げて、照射する
ことによって、ガン細胞を殺傷して
いきます。

 

ペットの最前線がん治療!熱でガンが消滅!?温熱療法とは?

<放射線治療の効果は?>

 

放射線の照射は、細胞が分裂して
増えるときに必要な遺伝子に作用します。

 

これによって細胞の増殖を抑え、
細胞が新しい細胞に置き換わる時
に脱落する仕組みを促しガン
細胞を消滅させたり、成長を阻害
することができます。

 

放射線の照射は、どうしても
ガン細胞とその周りの正常細胞
にもダメージを与えることになる
のですが、一般的に腫瘍細胞の方
が正常細胞よりも放射線に弱い
いう特徴があります。

 

そして、放射線療法の効果は、
細胞分裂の時に作用するので、
常に分裂、増殖を繰り返している
ガン細胞には大きなダメージを
与えられますが、分裂していない
周りの正常細胞にはダメージが
出にくいのです。

 

 

<放射線治療の副作用>

 

放射線治療は、外科手術で
生じるような痛みや、抗がん剤
による全身に生じる不調や倦怠感
はなく、副作用の少ない治療
されていますが、それでもやはり
放射線治療による副作用は起こりえます。

 

副作用については、放射線を
照射する部位や線量によって
さまざまです。

 

なるべく、副作用が出にくいよう
線量を調節したりしますが、
それでもある程度の副作用は
起きてしまいます。

 

多いのは、皮膚がやけどをした
ような状態になる皮膚炎で、
放射線治療開始から2~4週間後
から起きます。

 

また、単純な脱毛が起きる場合
もあります。

 

ただ、これらは「急性障害」
呼ばれる一時的なもので時間が
経てば、皮膚も被毛も再生してきます。

 

しかし、希に放射線照射から数ヶ月
~数年後に起きる「晩発障害」という
ものが起きることがあり、これは
脳や脊髄、肺や心臓、骨などに
悪影響を及ぼすことがあります。

 

これらは時に致命的となることも
ありますが、そのリスクは一般的
には5%以下
だとされています。

 

その他、動物の場合は放射線照射
は全身麻酔が必要になります。
そのため、麻酔のリスクというもの
も考えなくてはいけません。

 

ただ、手術などに比べると麻酔は
短時間なので、リスクは低いです。
がゼロではありません。

 

高齢猫の全身麻酔や手術のリスクは?体に与える影響や負担は?

スポンサードリンク


<放射線治療の費用>

 

全身状態や照射部位、また病院に
よってもさまざまですが、おおよそ
の平均で一回照射が麻酔代も含み
30.000~80.000円程度です。

 

そして、腫瘍や部位にもよりますが
放射線治療は、週に3~5回のペース
で照射、それを3~4週間継続
いう治療計画になるものが多いです。

 

照射時間は1回10分程度ですが、
全身麻酔になりますので、絶食
などの事前準備や、麻酔前後の
状態管理なども考えるとそれなりの
時間はかかります。

 

その他、放射線照射前に腫瘍の部位
や状態などの検査でCTやMRIなど
の検査も必要ですから、それらの
検査だけでも最初は100.000円近く
は必要になります。

 

費用面でも相当な金額が必要ですよね・・。

 

こう考えるとやはりペット保険に
入っておいた方が・・
なんて考えてしまいますよね。

 

放射線治療は国内でも受けられる
施設は限られていますし、まだまだ
動物医療においては、特別(特殊)な
治療とも言えます。

猫(ペット)の癌に放射線治療が受けられる全国の動物病院!

しかし、愛するペットを救いたい、
少しでも苦痛なく長生きさせたい、
と思う方が今後ますます増えて
くるでしょうから、放射線治療も
身近なものになる未来も近いかも
しれませんね。

スポンサードリンク







関連記事

  1. 猫の癌にアガリクスの効果とは?抗がん作用は期待できる?
  2. 猫の激しい痒み!猫の疥癬(かいせん)の原因や症状と治療費は?
  3. 猫に誤飲の疑いが!?内視鏡検査や開腹手術の場合の費用は?
  4. 猫の慢性腎不全(4)自宅でできる治療!皮下補液とは?
  5. 猫の口内炎!レーザー治療の効果や費用、予後について!
  6. 猫カゼの原因の一つ!クラミジア感染症の症状と治療や治療費は?
  7. 猫の尿石症の治療!手術が必要な症状とその場合の費用は?
  8. 猫の癌や病気にペット用ブロリコの効果は?抗がん作用は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP