猫が雪の中を歩いたり遊んだりしてしもやけになることは?

猫と冬・雪

 

四季折々の日本。
季節の移り変わりは、
地域や季節によっては、
時に過酷とも言える気温の変化を
もたらします。

 

冬の雪国・・
そこに住む猫さんたち。
極度の寒がりイメージがある猫
ですが、氷点下の寒さ、雪の中
でも生き抜く強さを持っています。

 

スポンサーリンク


冬と言えば外は雪でも家の中
ではこたつの上にみかんが。
中にはネコが。

 

それが古くからの日本のイメージ
ですよね。

 

しかし、家の中でぬくぬくして
いられるネコばかりではないのが
現実です。

猫が冬に太る(肥満)のは本能?健康管理や注意すること!

 

野良猫などは過酷な環境の中でも
お外で暮らしています。

 

雪国に生まれ育った猫さんは
それなりに雪にも慣れています。

 

飼い猫でも、外出する猫さんは
雪の中、フツーに出かけていく
光景も見られますし楽しそうに
雪で遊ぶ子もいますよね^^

 

猫なのに寒くないのかしら?
足冷たくないのかしら?
しもやけにならないの?
なんて思ってしましまいますが。

 

寒くてイヤなら出て行かないで
しょうし、さっさと帰ってくる
でしょうから、基本的には問題は
ないです。

 

猫もしもやけ(凍傷)に!?

 

ただし、猫も凍傷、いわゆる
しもやけ(霜焼け)を起こすことが
ありますので、注意が必要です。

 

しもやけは、
寒さのために血行が悪くなり
生じる炎症です。

 

手足の末端などの血管が細い部分
に発症しやすく、猫の場合は、
四肢(つま先や肉球)の他、耳の先
や尻尾の先などに起こしやすいです。

 

スポンサー リンク


 

<猫のしもやけ(凍傷)の症状>

 

程度にもよりますが、肉球
しもやけになる場合には、
水ぶくれになったり、赤く化膿
してジュクジュクした状態になり、
出血したりします。

 

耳や尻尾など他の部位も皮膚の
変色(最初は青白く、その後赤~
黒っぽく)が見られ、出血などの
炎症、重度の場合は、その部分が
壊死して損壊してしまいます。

 

痛痒さなどの症状によって、
猫はその部位を気にして舐めたり
引っ掻いたりしますので、比較的
発見はしやすいと思われます。

 

地域にもよりますし、生活環境も
ありますが、通常、健康な成猫で
あればしもやけなどを起こすこと
はあまりないのですが、子猫や
高齢猫、何らかの病気を抱えて
いる子、栄養状態の悪い子などは
しもやけになる可能性も高いです。

 

<猫のしもやけの治療>

 

まずは温めることです。
40~42℃程度のお湯に湿らせた
タオルや湯たんぽなどを患部に
当ててゆっくりと暖めます。

 

状態にもよりますが、赤黒く
変色したりすでに出血している
ような場合には早めに病院
連れていきましょう。

 

壊死した部位はもうどうすること
もできませんが、感染予防に
抗生物質の投与や、皮膚の保護
のための薬を塗布するなどの
処置が行われます。

 

また、猫さんが気にして頻繁に
舐めたりしている場合には、
エリザベスカラーなどの装着も
必要になります。

 

寒い地域で暮らす猫さんたちは
外出から帰宅したら、足先や
体全体をチェックしてあげてくださいね。

猫が冬に水を飲まないことで増える病気や注意することとは?

 

また、皮膚や被毛が濡れていると
その部分はしもやけを起こしやすく
なりますので、しっかりと水分を
拭き取って乾かしてあげましょう。

 

体調が心配な猫さんは、やはり
冬の寒い時には外出は控えさせた
方が安心ですね。

 

帰るお家がない野良猫さんなどは
なるべく寒さをしのげる場所を
見つけて冬を乗り切ってほしい
ものです。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です