猫のほくろはガンの可能性も?鼻や耳、口周辺など見分け方は?

猫も『ほくろ』ができます。
主に、加齢によって皮膚にシミ
やホクロが出現してきます。

 

皮膚や粘膜に現れますが、
特に毛のない、または少ない部分、
口や鼻、耳などに多く見られます。

 

どんな色の猫でもほくろは
できる可能性がありますが、
遺伝子的に茶トラ系の色の猫に
多く発生するとされています。

スポンサーリンク


ほくろは、「色素性母斑(しきそ
せいぼはん)」と呼ばれ、メラニン
色素を持つ細胞の増殖によって
起きる良性の皮膚病変です。

 

ですから、ほくろ自体は
放っておいても何の問題もありません。

 

ただし、良性である「ほくろ」
だと思っていても、実は皮膚がん
の一種のメラノーマと呼ばれる
「悪性黒色腫」である可能性もあるのです。

 

ですから、猫さんにほくろ状の
ものを発見した場合には、じっくり
と様子を観察する必要があります。

 

そこで「ほくろ」か他の病変の可能性
の見分け方についてです。

 

もちろん、不安な場合には、
ずぐに病院に連れていきましょう。

 

ただ、メラノーマなどの
皮膚の病変だとしても極初期の
小さな状態では判別は難しい
こともあります。

 

その場合には、要観察で
変化があればすぐに連れてくる
ように言われることが多いです。

スポンサー リンク


<ほくろと他の病変の見分け方>

 

猫にできるシミやほくろは、
表面が周辺の皮膚と同じ粘膜
でツルッとしています。

 

また、膨らんだり盛り上がったり
しておらず、周辺皮膚と同じ
ような触り心地で黒く色素が
ついている状態です。

 

部位によっては、分かりにくい
かもしれませんが、「ほくろ」は
「できもの」や「イボ」といった
感じの手触りにはなりません。

 

また、痒がったり痛がったり
などの症状も全く見られませんし
赤くなったりなどもありません。

 

ですから、逆に盛り上がっていたり
手触りが周辺の皮膚と
違う場合、
かさぶたのような
感じ、また大きく
広がってくるような
にはほくろ
ではない可能性
が高くなります。

 

猫の口や鼻の粘膜などに
できるほくろに似た腫瘍は
メラノーマが多いです。

猫の口腔がん!悪性黒色腫(メラノーマ)の原因や症状と治療法!

 

また、他の皮膚がんでも
初期はほくろや斑点などに見える
場合もあります。

 

そして、猫の皮膚にできる腫瘍は
悪性のものが多いです。

猫の皮膚のシコリは80%はガン!悪性度の高い腫瘍と特徴は?

 

ですから、ほくろ状のものを
見つけたら、病変の変化が
ないかを良く観察してください。

 

分かりにくい、また判断ができない
場合には、早めに病院を受診する
のが安心ですね。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です