猫の長時間,長距離の移動にも便利なキャリーバッグや注意点!

猫はあまり連れ歩くと言う
イメージが少ない動物ですが、
今や愛玩動物、家族の一員として
可愛がっている方が多いですので
旅行や里帰りなどにも同行する方が
増えてきています。

 

猫さんの性格や生活環境など
にもよりますが、どこに行っても
比較的ストレスにならず過ごせる
子もたまにいますよね。

 

また、動物病院への通院や美容院
などへも定期的に連れて行く必要
があればキャリーバッグが必須に
なります。

 

スポンサーリンク


 

今回は、特に長時間キャリーに
入れっぱなしにしておかなければ
いけない状況や、長距離を猫を連れて
移動する場合などに最適で便利な
キャリーバッグをご紹介、その他
注意点などについてです。

 

便利なキャリーバッグの条件と
しては、

*運びやすさ
*安全性
*使いやすさ
*大きさ

などが基本として挙げられます。

 

さらに、長時間、長距離などに
なると猫の快適性などもしっかりと
考慮しなくてはいけません。

 

猫は本来、我慢強い動物ですが
長距離や長時間となるとさすがに
狭い場所に閉じ込めっぱなしでは
強いストレスになります。

地震や災害時に猫と一緒に避難するために絶対必要なもの!

 

<運びやすさ・安全性>

 

まず運びやすさを考えると、
リュック、またはショルダーとして
使えるタイプのものをチョイスする
のがベストです。

 

また、長時間の持ちやすさ、
背負いやすさで考えると硬い
プラスチック制よりも布製など
の多少柔らかいものが使いやすいです。

 

そして安全性で言うと強度が大事、
猫さんが中で暴れても噛んだり
引っ掻いたりしても大丈夫なもの。

 

また中の猫さんの様子が容易に
見れるものです。

 

スポンサー リンク


 

<使いやすさ>

 

猫さんの出し入れを考えた時に
上から開けれるものがベストです。

 

出来れば、上だけでなく横からも
出入りできるようになってれば尚
ベストです。

 

また、ちょっとしたティッシュや
タオル、おやつなど猫さんに必要な
ものがすぐに取り出せるよう収納が
多めに付いているものがいいですね。

 

飼い主なんのちょっとした小物
なども入れられれば移動にも便利です。

 

<大きさ>

 

猫さんの大きさにもよりますが、
窮屈よりは余裕がある方が当然
いいです。

 

特に長時間、長距離になると
尚更です。

 

ただ、猫のキャリーバッグは
どうしてもある程度の大きさまでの
ものしかないですし、あまりに
大きいと運ぶのが大変です。

 

ですから、特に長距離、長時間
などの移動の機会が多い方や、
災害時の避難などイザという時の
ために備えておきたい方には、
キャリーバッグがそのまま拡がり
ゲージになるものがオススメなのです。

 

おすすめのキャリーバッグ

 

<リオニマル リュック型ペットキャリーGRAMP>

ws000016 ws000015
ws000017
出展:http://leonimalshop.aisocial.jp/lp/2748.php

通常時はリュックやショルダーと
しても使える普通のキャリーバッグ
ですが、そのまま猫さんが入った
まま大きくなるのです。

 

ちょっと休憩させてあげたい時や
気分転換に拡げてあげたり、
携帯トイレなどを持っていけば
中で用を足すこともできます。

 

移動中のちょっとした休憩や、
待ち時間が長い時などにも
場所さえあれば、ちょっと拡げて
猫さんが伸びをしたりの空間が
作ってあげられます。

 

ゲージ部分は薄い生地に見えますが
耐久性に優れたPVC素材を使用
してあり、引っかきにも強い頑丈な
素材です。

ws000012

 

もともとが、災害時など、
ペットとの同行避難を目的に
数日間は飼い主と一緒に避難所
で過ごせるようにと考えて作られた
キャリーバッグなので、長時間、
長距離の移動にも最適なのです。

 

お値段はお高いですが、
それなりの価値はあると思います。

 

普段使いも出来て、長時間も
安心、また室内でのゲージ替わり
にも使えます。
そして災害時なども当然、役立ちます。

 

持っておくと非常に便利で安心な
キャリーバッグです。

 

ペットキャリーGRAMP
詳細価格購入などはこちら↓

 

<猫さんの長時間・長距離移動の注意点>

 

季節にもよりますが、一番注意
しないといけないのは気温です。

 

特に夏場などはキャリーバッグ
の中は温度が上昇します。

 

犬であれば、リードをつけたり
抱っこしたりして外に出して
あげることもできますが、猫の
場合は慣れていないとなかなか難しいです。

 

また、慣れない不安から興奮したり
して呼吸が早くなったり、乗り物
酔いなどで嘔吐することもあります。

 

頻繁に中の様子を観察することが
大事です。

猫の長期間の留守番,何日間なら大丈夫?ストレスや問題点は?

基本的に猫はバッグの中や慣れない
場所、トイレがない環境であれば
長い間、排泄を我慢します。
成猫であれば半日~丸一日以上我慢
する子もいます。

 

ただし、子猫や幼猫の場合には、
我慢できないことも多いので、
できれば休憩中に簡易トイレ
させてあげるか・・ペットシーツ
やタオルなどを敷いておくように
しましょう。

 

その他、猫さんの移動で大事な
ことは、絶対に逃げられない、脱走
できないように注意することです。

 

慣れない場所では、大人しい猫
さんでも咄嗟の物音や恐怖を
感じた時などパニックを起こし
逃げ出してしまうことがあります。

 

気分転換に・・とバッグを
少し開けたりする時などは注意が
必要です。

 

特に神経質な猫さんの場合には
細心の注意を払いましょう。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です