猫の病気

猫エイズの急性期~無症状キャリア~発症までの期間や余命は?

猫の免疫不全ウイルス感染症、
人間のエイズと似ているため
猫エイズとも呼ばれ、なんとなく
ネガティブイメージを持たれがち
ですが。

 

しかし、猫特有の病気であり、
人や他の動物に感染することは
ありません。

 

また、猫が感染してもそれによって
すぐに死んでしまうという病気
でもなく、発症までにはかなりの
時間も要しますし、また発症せず
に天寿を全うする子もいます。

 

さらに発症したとしても
対処療法など、症状を抑えながら
元気に生活しながら長生きできる
こともあります。

 

スポンサードリンク


今回は、猫エイズの感染から
発症した場合などの経過や症状、
治療などについてです。

 

猫は、エイズ(免疫不全ウイルス)
に感染すると
急性期→無症状キャリア→発症
という経緯を辿ります。

 

しかし、このプロセスは非常に
長くゆっくりです。

 

そのため、発症する前に寿命を
迎えてしまったりなど、エイズに
感染していても必ずしもエイズの
発症によって亡くなってしまうとは
言えません。

ws000001猫エイズや白血病の潜伏期間や検査時期、費用は?

 

 

猫の場合には高齢になると腎不全
などの死因も多いため、それらと
比べても猫エイズが短命とは決して
言い切れないのです。

 

ですから、決してネガティブな
イメージの病気ではないですし、
治ることはありませんが、長生き
も十分可能です。

 

スポンサードリンク


 

<急性期>

 

エイズ(免疫不全ウイルス)に感染
すると2週目頃から2ヶ月程度、
軽い感染症(風邪様症状)を起こします。

 

発熱やリンパの腫脹、下痢など
の症状で、なんとなく不調、元気が
ないかな・・程度で気付かないこと
も多いです。

 

体力のない子猫や、他に何らかの
病気がある猫さんでなければ、
この急性期に命に関わるような
ことはありません。

 

<無症状キャリア>

 

急性期の症状もなくなり、無症状、
つまり通常の猫となんら変わりは
ありません。

 

ただ、ウイルス自体は活動をして
いるため、目に見えないところで
ゆっくりと病態は進行しています。

 

また、他の猫への感染源にも
なります。

 

この無症状のキャリア期間は、
個体差がありますが4~5年、
長いと10年以上続くこともあります。

 

<エイズ発症~余命>

 

病態が一定限度を超えると
いわゆるエイズ発症ということ
になります。

 

免疫不全ウイルスという名の
通り、すべての病気に対して
抵抗力が落ちてきます。

 

多いのは口内炎の悪化や、
鼻水や目やになどのネコ風邪
症状が悪化、治らなくなったりします。

 

また、全身のリンパ節の腫脹
見られます。

 

ただし、これらの軽い症状だけの
場合は、エイズ関連症候群
言われ、厳密にはエイズ発症とは
区別されています。

 

ですから、症状が出たとしても
エイズ関連症候群段階であれば
それらの症状に対して適切な治療を
行えば長期間の生存(3~5年)も可能です。

 

この状況の時に適切な治療が
施されない場合や、さらに進行
してしまうと後天性免疫不全症候群
となり、重篤な症状が起こります。

 

日和見感染やさまざまな合併症、
リンパ腫、悪性腫瘍、慢性の下痢
や重度の貧血などにより最終的には
死に至ります。

 

後天性免疫不全症候群になって
しまうと治療の状況や個体差も
ありますがそこからの余命は
おおよそ1~2ヶ月とされています。

ws000001猫エイズ(猫免疫不全ウイルス感染症)の症状や治療と予防法は?

スポンサードリンク


 

これらのプロセスから考えると、
早く発症してしまい、適切な
治療が行えなかった、または
治療の効果が上がらなかった
場合でも感染してから短くても
5年は生存ができるのです。

 

また、発症までの期間が長かった
場合や、エイズ関連症候群で適切
な治療ができれば10年以上、元気
に生活することも十分可能なのです。

 

エイズ感染の年齢にもよりますが
家猫の平均寿命とさほど変わらない
ほどの長生きもできるということです。

 

外猫の平均寿命は5~6年と言われて
いますから、そう考えると決して
絶望的な病気ではないです。

 

また、抗ウイルス薬でも
インターフェロンなどの良い薬
もありますし、症状に対しても
ステロイドを定期的に投与する
ことで症状は抑えられます。

 

他のさまざまな病気と比較しても
その治療や症状は、特別大変な
ものでもなく、エイズキャリア
だからと言ってネガティブに
捉える必要は全くありません。

 

なるべく発症を遅らせるよう、
また他の病気にならないように
食事やストレスなどに注意
してあげるといいですね。

スポンサードリンク







関連記事

  1. 猫の糖尿病の原因や症状~末期まで!インスリン治療や費用など!
  2. 猫の毛球症・毛玉(ヘアボール)の原因や症状と予防法は?
  3. 猫の病気で空気感染するのは?その予防法や気をつけること!
  4. 猫が雪の中を歩いたり遊んだりしてしもやけになることは?
  5. 猫の腎不全の症状!末期に見られる痙攣(けいれん)の原因は?
  6. 猫のトキソプラズマの検査と費用や原因と症状、治療は?
  7. 猫に多い尿路結石!予防や管理に最適な食事回数は?
  8. 猫の肉球の切り傷や皮剥け、やけどや腫れなどの治療法は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP