生態

猫とネズミは天敵?捕食の時代からの関係,感染する病気など!

猫とねずみはトムとジェリー
のアニメの影響もあり、古く
から天敵のイメージがありますよね。

 

天敵というより、昔はネコに
とってはネズミは貴重な食料
(餌)であり、ネズミに取っては
まさに命がけの天敵だったわけですが。

 

スポンサーリンク


そもそも、ネコが人間の近くに
やってきて共に暮らすように
なったきっかけもネズミです。

 

人間が作る農作物などを
エサとするネズミが増え、
それを追ってネコが居着いた
とされています。

 

日本などでは、特に養蚕業が
盛んだった頃、蚕をネズミの害
から守るために猫の存在が役立った
ため、ネコは守り神のように大事に
扱われてきました。

 

害虫のネズミを退治してくれる
ネコとエサをくれる人間との
お互いの利害関係が成り立った
相利共生の歴史です。

 

その当時は、ネコは人間の傍で
暮らしながらエサをもらって
いても、十分な栄養を補うような
食事は与えられていませんでした。

 

ネコが真性な肉食獣だということ
も分かっていなかったようですし、
例え、分かったとしても当時は
人間にとってもタンパク源は貴重な
ものだったでしょうから、それを
ネコに食べさせる余裕があったとは
思えません。

 

ですから、昔から言われていた
有名なネコのエサとしては
「ねこまんま」だったわけですね。

 

ご飯に鰹節をまぶしたものです。
もしくは残飯などが与えられて
いました。

 

当然、タンパク質が必要な
肉食動物にとって、それでは
体を維持していくことができません。

 

そのため、足りない栄養素の
補給のためにネズミなどを捕まえ
て食べる必要があったのです。

 

スポンサーリンク


 

しかし、時代は流れ、進化して
います。
ネコは、愛玩動物、家族の一員
として可愛がられる時代になりました。

 

少なくとも日本では、現在は
ねずみ駆除の役目にネコを飼育
すると言うのはほとんどなくなって
きています。

 

農場などでは今でもそのような
役目でネコを飼うところがある
ようですが。

 

そして、キャットフードの
進化。
ピンキリで、粗悪なフードも
ありますが、それでもねこまんま
よりは栄養価は優れています。

 

つまり、人間に満足に食事を
与えられているネコさんは、
ネズミを食す必要がなくなった
わけです。

ws000002

スポンサーリンク


しかし、本来ハンターとしての
野生の本能を持ち続けている
ネコは、やはり動くものなどを
捕まえる習性は残っています。

 

そして、ネコにとってネズミは
エサから、習性としてのハント
を楽しむ(?)存在になってしまったのです。

 

ですから、満足に食事にありつけず
お腹を空かせているネコ以外は
ネズミを捕まえても、なぶり殺し
(?)^^;を楽しむだけで食べる
ことはほとんどありません。

 

分かっているのです。
キャットフードに慣れたネコに
とっては、ネズミを食べても
美味しくないことが・・

 

さらにどうでしょう・・
今やネズミを見つけても捕まえる
ことすらできない情けないネコも
増えてきています。

 

逆に逃げてネズミに噛み付かれて
いるネコの動画なども海外では
アップされていますねww

 

また、ハムスター(いわゆるネズミ)
との仲良く同居するネコなども
増えています。(良いことですが^^)

 youtube shuumai229

 

ネズミだけでなく、同じく捕食
対象の動物であった鳥などとも
仲良く同居するネコも多いですねww

youtube king cong

これらが、時代の流れともに
ネコとねずみの関係も確実に
変化してきているという証拠ですね。

 

ま~飼い主からしたら、
可愛い愛猫がネズミを捕まえて
持ってくるのもイヤですし、
ましてや食べてたらもっとイヤです
からね。

 

喜ばしいことですよね。
できればおとなしくキャットフード
だけ食べててほしいですよね・・

 

そのためには、栄養価のしっかり
とした良質のキャットフードを
与えることが大事ですが。

ws000000愛猫を病気にさせない!健康で長生きできるキャットフード!

 

そして猫じゃらしなどを使って
しっかりと狩猟本能を発揮できる
遊びをさせてあげましょう。

 

 

また、猫がネズミを媒介にして
感染する病気として、

*トキソプラズマ症
*寄生虫(エキノコックスや条虫)

などもありますし、これらは
人間にも感染する病気ですから、
なるべくネコさんには、ねずみに
近づいてほしくはないものです。

 

海外などでは今でも猫は立派な
ネズミ退治の動物として期待され、
その役目を担わされている国もありますが。

 

特にイギリスでは首相官邸や
財務省などの国家機関にネズミ
捕獲長としてネコが雇われていますし^^。

WS000007英首相官邸に残留の猫ラリーと外務大臣の猫のバトルが勃発!

少なくとも日本では、室内飼育の
ネコさんは愛玩動物としての
確固たる位置づけにいますし、
これからもそれが変わることは
ないでしょう。

 

猫とネズミは天敵から旧知の仲
という同志のような存在に
なっていくのかもしれませんね^^;

スポンサーリンク







関連記事

  1. 三毛猫のオスの寿命や生殖能力は?希少な理由や生まれる確率は?
  2. 猫がもふもふな理由とは?癒しを求めモフりたい症候群が増殖!
  3. 猫には痩せる時期(季節)がある?その原因や体の状態とは?
  4. 猫アレルギーでも猫は飼える?症状を軽減させる対策と対処法!
  5. 猫の地震予知!前兆をどう察知している?3つの可能性とは?
  6. 猫が冬に太る(肥満)のは本能?健康管理や注意すること!
  7. 猫と人間の主従関係から考察する下僕たちの進化と歴史とは?
  8. 幸せを呼ぶ鍵しっぽ♪尾曲がり猫のルーツや長崎ねこの実態!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP