飼育について

保護猫の病気や必要な検査など動物病院でかかる費用は?

猫を保護したら・・
子猫であれ、成猫であれまずは
体の健康状態や何らかの病気が
ないかの検査が必要になります。

 

その猫さんをその後自分で飼う
のか?それとも里親を探すのか?
によっても多少変わってくるとは
思いますが、いずれにしろある
程度の期間は面倒を見ることに
なると思います。

 

スポンサーリンク


お外で暮らす猫さんはやはり
さまざまな病気に感染している
可能性があります。

 

猫だけの病気もあれば、寄生虫
などは人に感染するものもあります。

 

他の猫をすでに飼育している
場合などは、一緒にすると移って
しまう病気もあります。

 

また、健康状態や大体の年齢
などが分からないとお世話をする
にしても安心できません。

 

ですから、まずは動物病院に
連れていきましょう。

 

今回は猫を保護した場合に必要な
検査や治療などについてです。

 

<必要な検査や治療>

 

これは、猫さんの年齢やその後の
飼育の状況によっても変わって
きますが、理想的には、

*身体検査

*糞便検査

*ウイルス検査

*血液検査

*駆虫

*予防注射

を行うと安心です。

 

 

<身体検査>

 

これは体を触ったり、聴診、
目や鼻、耳や皮膚の状態など
表面から分かる範囲での診察です。

 

耳ダニや皮膚の寄生虫の有無など
が分かります。

 

また、健康状態、栄養状態など、
大体の年齢も分かります。

 

<糞便検査>

 

ウンチが取れれば持っていくのが
ベストです。

 

お腹の中、腸内寄生虫の有無
腸内細菌などが分かります。

 

便を持っていけない場合には
お尻から綿棒などを入れ、少し
便を採取することができれば
それで簡易的な検査もできますが、
精度は落ちます。

 

スポンサーリンク


 

<ウイルス検査>

 

猫エイズや白血病ウイルス
検査です。

 

お外の猫さんは感染している
確率も高く、これらのウイルスの
キャリアになっている場合、発症
していなければ通常に生活できますが
飼育においては注意点も出てきます。

 

血液検査で10分ほどで結果が
出ます。
ただし、感染してすぐは検査をして
も陽性反応が出ないため、3~4週間
経って再検査をすると安心です。

 

また、まだ生後間もない子猫の
場合には、数ヶ月経ってからの
検査が望ましいです。

 

 

<血液検査>

 

血液検査はその猫さんの健康状態
や年齢によりますが、子猫や若くて
健康そうな子であればしない場合も
あります。

 

血液検査では、貧血や白血球、
内蔵(腎臓、肝臓)、血糖値など
の検査をしますので5~6歳以降
の子であればしておいた方が安心です。

 

また、明らかに体調や健康状態が
悪そうな場合、もしくはウイルス
検査で陽性が出た場合などは、
血液検査で体全体のダメージを
調べる必要があります。

 

<駆虫>

 

身体検査や検便によって寄生虫
などが発見されれば当然ですが、
検査ができない場合などでも
お外で暮らしていた猫さんの
場合には、何らかの寄生虫がいると
想定して駆虫薬を投与することが多いです。

 

ノミやダニなど外部寄生虫と
回虫や鉤虫などの腸内寄生虫を
まとめて駆除できる薬があります
ので、よほど体調が悪そうで
なければ駆虫してしまうことが
多いです。

 

猫のノミ・ダニ対策!予防や駆除にもおすすめのお薬!

スポンサーリンク


 

<予防注射>

 

健康状態に特に問題がなさそうな
場合には、混合ワクチンを接種
します。

 

体の状態によっては、体調が
回復してから接種する場合もあります。

 

また、その後飼育するつもりが
ない場合などは予防接種はその方
の意思によりどうするか決める
ようになります。

 

<検査などの費用>

 

通常の料金であれば、平均的に

*身体検査(診察料) 1.000円

*糞便検査 1.000円

*ウイルス検査 4.000~5.000円

*血液検査 5.000~6.000円

*駆虫薬 1.000~2.000円
(虫の種類や体重による)

*混合ワクチン 4.000~8.000円
(何種類打つかによって変わる)

ほどになります。

ws000015保護猫の慣らし方は?夜鳴きや外に出たがる,なつかない時など!

 

ただし、その後飼育するつもり
がなく里親を探す場合などは
その旨を病院に伝えれば、最小限
必要な診察に留める場合もあります。

 

これは、保護した方がどうしたい
かによって変わってくることです。

 

その後も飼育していくつもりで
あれば最初はしっかりと検査を
しておいた方がいいので、やはり
10.000円程度は必要になるかと
思われます。
(猫さんの状態によって変わります)

 

また、急なことで費用面で厳しい
ようでしたら、その旨を伝え、
まずは駆虫だけにしたり、その後
どうするかを決めてから検査を
していくように相談されるのが
良いかと思います。

スポンサーリンク







関連記事

  1. 猫の噛みぐせの直し方や対処法は?怒っても嫌われるだけです!
  2. 猫から愛情ホルモンたっぷり放出!オキシトシン効果がスゴイ!
  3. 猫が唸る、怒るときに考えられる原因や理由と対処法とは?
  4. 猫がタバコを食べた!?中毒症状や致死量について!
  5. 猫の出産後の発情はいつくる?避妊手術はいつから可能?
  6. 猫の発情が頻繁にある!原因や対処法と注意するべきこと!
  7. 猫トイレの置き場所!餌の近くは避けた方がいい理由とは?
  8. 猫の避妊・去勢手術について~絶食や手術、退院後のケアまで~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP