猫の慢性腎不全に伴う貧血の原因や症状、治療法は?

猫の慢性腎不全にはさまざまな
症状があり、その一つが貧血です。

 

貧血には、大きく分けて
再生性貧血非再生性貧血
あり、慢性腎不全による貧血は
後者の非再生性貧血です。
腎性貧血とも言われます。

スポンサーリンク


<非再生性貧血の原因とは>

 

再生性貧血は、
何らかの原因によって体の血液
の喪失量が血液が作られる量を
上回ることによって起こります。

 

血液中では新たに赤血球の産生が
行われている状態です。

 

主な原因は外傷や内蔵からの
出血や溶血性疾患などです。

 

これは、原因を治療し、血液の
喪失を止めることができれば
貧血は改善される状態です。

 

非再生性貧血は、
血液が作られる量自体が減少する
ことにより、赤血球が足りなく
なって起こります。

 

血液中では新たに赤血球の産生が
行われていない状態です。

 

主な原因はウイルスなどの感染症、
内分泌疾患、腎臓などの慢性疾患
などです。

 

腎臓にはさまざまな働きがあります
が、その一つがエリスロポエチン
という造血ホルモンを分泌し、
赤血球を作るよう骨髄に働きかけています。

 

慢性腎不全になるとこの
エリスロポエチンの分泌が低下
するため、赤血球が減り、貧血
になります。

猫の輸血の方法や効果、副作用などのリスクや料金について!

 

<貧血によって起きる症状とは?>

 

一般的な症状としては、

*食欲不振
*元気消失
*粘膜蒼白
*呼吸が早くなる

などがあります。

 

また、腎不全の他の症状も
プラスされるため、嘔吐や脱水、
ふらつきなどの症状も出る可能性
があります。

猫の腎不全のサポート&膀胱炎の予防にオススメの無添加サプリ!

 

<貧血と腎不全の治療について>

 

慢性腎不全の非再生性貧血の
治療には、
一般的にエリスロポエチン療法
が行われます。

 

エリスロポエチンは、赤血球の
産生を促進する造血因子の一つです。

 

このエリスロポエチン製剤の
ホルモン薬を注射します。

 

エリスロポエチンは赤血球への
分化と増殖を促進する作用がある
ため腎性貧血では多く使われます。

 

貧血を治療することにより、
腎臓の働きが悪くなるのを抑制
する効果もあるとされています
ので貧血の治療は重要です。

 

赤血球の数値(PCV)や腎機能の
数値にもよりますが、最初は
週に1~3回程度の注射をしながら
数値の改善を見ていくようになります。

 

効果には個体差がありますが、
おおよそ1ヶ月~2ヶ月ほどで
赤血球が増えてくることが多いです。

 

その増え方、数値によって
その後のエリスロポエチン治療
も変わります。

 

一旦やめる場合もあれば
数週間~1ヶ月に一度くらい
のペースで維持し注射して
いくこともあります。

スポンサー リンク


<貧血の進行を防ぐ重要性>

 

慢性腎不全で大事なのは、
残った腎臓をいかに長くもたせるか
ということです。

 

そのために、皮下輸液などを
することによって腎臓に変わり、
体の老廃物をオシッコとして
体外に排泄させる補助を行うのが
一般的です。

 

動物の場合は、人間のように
透析ということができないため、
点滴や輸液によって体に溜まった
毒素を出すことが大事になります。

猫の腎不全の治療!皮下点滴(輸液)の量や頻度、効果とは?

 

しかし、貧血が進んでしまうと
輸液や点滴を行うことができなく
なってしまいます。

 

輸液や点滴は水分を体に入れる
ため、血液が薄まってしまうのです。

 

ですからさらに貧血が悪化する
状態になってしまいます。

 

腎不全も末期になってくると
貧血の状態を見ながら、輸液量を
調節する必要があり、状態に
よっては、輸液ができなくなって
しまうこともあります。

 

そうなってしまうと体に老廃物
が溜まり、一気に体の状態は悪化、
尿毒症を起こして手の施しようも
なくなってしまいます。

猫の腎不全の末期~最期の延命や安楽死の選択について!

 

ですから、腎臓を持たせるためにも
輸液を続けるためにもなるべく
貧血の進行を防ぐことが大事なのです。

 

また、当然貧血が進むと、尿毒症の
前に貧血で亡くなってしまうことも
あります。

 

慢性腎不全の治療は、症状に
よって、さまざまな角度から
総合的にアプローチしていく
必要があるのです。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です