猫の低温やけど!湯たんぽやカーペットなど温度や症状と治療!

猫も人と同じく低温やけどを
起こすことがあります。

 

特に冬場には暖をとるための
電化製品など、猫が大好きな
保温グッズによって起こす危険性
があります。

 

スポンサーリンク


<低温やけどとは?>

 

熱いものに触れることによって
起きるやけどと違い、低温やけど
はその名の通り、低温によって
起きる皮膚の熱傷(損傷)です。

 

体温より少し高めの温度のもの
に長時間触れ続けことによって
起こります。

 

猫の場合は概ね40~45℃程度
の温度に4~5時間触れ続けると
低温やけどを起こす可能性があります。

 

<低温やけどの原因>

 

猫の低温やけどの多くは、

*ホットカーペット
*ストーブ
*湯たんぽ
*ホッカイロ
*こたつ

などの原因が挙げられます。

 

ペットヒーターや猫用のこたつ
などは温度が低めに設定されて
いるようですが、低温やけどを
起こす子も多くいます。

 

また、夏場などは直射日光が
当たる窓辺の高音になりやすい
家具なども原因になることがあります。

 

ws000016冬の猫は動かない!?睡眠時間や運動など行動の変化とは?

<低温やけどの症状>

 

低温やけどの症状はその
程度によって変わってきます。

 

また、猫は毛があるため、
症状に気付きにくいです。

 

比較的分かりやすい異変とすれば

*猫がしきりに舐めている

*触られるのを嫌がる

*痛がる、気にする素振りがある

などが挙げられます。

 

そして、皮膚自体の症状とすれば、
軽度~重度の順で、

*変色(赤みや発赤、赤紫色)

*炎症、水ぶくれ、脱毛

*皮膚の壊死(皮膚が剥がれる)

などが見られます。

 

猫の場合は毛がある状態では
分かりにくいため、気付いたら
禿げてた、皮膚が剥がれてた
なんてことも多いです。

 

特にお腹部分や脇、横腹など
に低温やけどを起こすことが多いです。

 

また肉球も要注意です。

 

スポンサー リンク


 

<低温やけどの治療>

 

程度にもよりますが、軽度で
あれば冷やすことで治まる場合
もあります。

 

皮膚に炎症や水ぶくれなどの
潰瘍が見られる場合は、状態にも
よりますが熱傷部位を保護する
ような(乾かさない)治療が行われる
ことが多いです。(湿潤療法)

 

さらに重度になると手術によって
壊死した部位を切除する処置
必要になることもあります。

 

猫が熱傷部位を舐めてしまわない
ようにエリザベスカラーなどの
装着も必要になります。

 

いずれにしろ、異変に気付いた
時点で早めに病院に連れていく
ことが大事です。

 

やけどの治療は完治まで時間も
かかりますし、管理も大変です。

 

そして低温やけどを起こして
しまうのは私たち飼い主の責任
です。

 

低温やけどは、ちょっとした注意
で防げる病気です。

ws000009

<低温やけどを防ぐには>

 

ホットカーペットやこたつ
などは、一番弱い温度設定にする。

 

さらに表面温度、また庫内温度
何度くらいになるのか確認しましょう。

 

猫が長時間そこで寝るような
場合には、ホットカーペットは
39℃以下になるようにタオルや
毛布などを敷いて調節しましょう。

 

こたつは2~3時間に1回は
スイッチを切るか中の空気を
入れ替えるなどしましょう。

 

ストーブなどは高温やけどの
可能性もありますので、近づき
すぎないようにカバーなどを
設置しましょう。

 

湯たんぽやカイロなども温度に
注意、39℃を超える温度が長時間
続かないかの確認、タオルに
くるむなどの工夫をしましょう。

ws000013猫のくしゃみは寒さと関係ある?冬に増える病気に注意!

猫は、毛があるため熱さの
伝わりや感度が鈍いと言えます。

 

しかし、皮膚が薄いため熱は
深部に伝わりやすく、低温やけど
など皮膚の炎症は起こしやすい
のです。

 

ですから、飼い主さんがしっかり
と管理してあげる必要があります!

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です