飼育について

猫がこたつで低温やけど?のぼせや脱水症状など注意すること!

猫はこたつで丸くなる~?
いや長くなる~!が正解ですね。

 

毎年こたつの登場を心待ちに
している猫さんが多いですよね!

 

冬と言えばこたつと猫とみかん♪
私の中ではそんなイメージが定着
しています^^

スポンサードリンク


『コタツが猫に占拠されている!』
『入る場所がない~』
『足が伸ばせない~』
『足入れたら噛まれた~』

などなど、『猫とこたつ事件』の
話を頻繁に耳にする季節になってきました!

 

ほんと猫はコタツが大好きですよね~。

ホットカーペットなども好きです
が、こたつの魅力は猫にとっては
特別なもののようです。

 

狭い場所に入るのが好きな猫の
習性+暖かい+薄暗い・・
寝場所に最適♪♪なのでしょう^^

 

こたつの中で幸せそうな愛猫の
寝顔を見るとこっちまで幸せに
なりますしね!

ws000009

 

でも、ちょっと注意しなければ
いけないこともあります!

 

猫がこたつの中に長時間入りっぱな
しの状況で起こり得る問題がいくつ
かあります。

*低温やけど
*熱中症(脱水症状)

などになってしまう可能性も
あるのです。

 

スポンサードリンク


<低温やけど>

 

猫は概ね、40度以上の熱源に
長時間(3時間~)触れ続けている
ことにより低温やけどを起こす
可能性があります。

 

家庭で使われるこたつは、
大きさは、こたつの中の場所、
また設定にもよりますが、大体
35~40度ほどになります。

 

設定が強(高)などになっていれば
40度は超えるようです。

 

ですから、特に真ん中の熱源に
近い場所で長時間寝ていると
低温やけどになる可能性も十分に
あるのです。

 

熱くなったら出てくるだろう・・
と思ってしまいがちですが、
猫の場合は厚い毛皮を着ている
ようなものなので、熱さの伝わり
や感度は鈍い(遅い)のです。

 

そのため、気付かないうちに
低温やけどを起こしていた・・
なんてことも良くあります。

 

猫用のこたつは温度が低めに
設定されているようですが、
それでも熱源に近い位置だと
低温やけどを起こす場合もあるようです。

ws000017猫の低温やけど!湯たんぽやカーペットなど温度や症状と治療!

スポンサードリンク


<熱中症(脱水症状)>

 

熱中症と言うと夏の暑い時期の
イメージですが、
こたつの中=常夏のビーチ
同じ気温です。

 

その中で猫は寝ている状態
ですので、熱中症になる可能性は
十分にあるのです。

 

猫は汗腺が足の裏(肉球)にしか
ないため、発汗によって体温調節
をすることができません。

 

そのため40度程度の空間に長く
入っていれば熱中症になります。

 

また、寝ている間は水を飲みに
行くこともしないため、熱中症に
なりやすくなります。

 

そして脱水を起こしてグッタリ
したり、よだれを垂らしたり、
歩けなくなったりなどの症状
出ることもあります。

ws000010猫の熱中症の原因や症状は?応急処置や役立つ予防対策こちら

 

<低温やけどや熱中症を防ぐには?>

 

*こたつの温度設定は弱が基本

*2~3時間に1度くらいはスイッチ
をオフにして庫内の温度が上がり
すぎないようにする。
(またはコタツの中の空気を入れ替える)

*こたつから近いところに給水所
を準備しておく。

*基本的に飼い主さんが長く留守を
する場合には、こたつは付けない。

ws000007

 

こたつも頻繁に人の出入りがある
ような場合は、それなりに温度も
下がりますし、猫さんの状態も
チェックできます。

 

ですが、猫だけが長時間入っている
場合には、上記のような方法で
こたつ内の状態のチェックが必要です。

 

特に高齢の猫さんの場合や何らかの
病気を抱えている猫さんの場合には
注意が必要です。

 

本来、猫はグータラ(?)無駄な動き
はしたがらない動物です。

 

寝ているところを邪魔しすぎるのも
ストレスにはなりますが、こたつの
中から長時間出てこない場合には
異変が起きていないかのチェック
は必要だと思われます。

 

ウチではこたつの温度も低く
設定してますし、頻繁にスイッチ
切ったりしてますが、それでも
熱くなるとのそのそと出てきて
波打ち際に打ち上げられたトドの
ように床に伸びて体を冷ましてます^^

 

<関連記事>

ws000014猫が冬に太る(肥満)のは本能?健康管理や注意すること!

ws000015猫が冬に水を飲まないことで増える病気や注意することとは?

 

スポンサードリンク







関連記事

  1. 猫が唸る、怒るときに考えられる原因や理由と対処法とは?
  2. 猫に必要な運動量は?運動不足解消のためのグッズや方法!
  3. 猫の去勢手術は何歳までできる?高齢の場合のリスクや注意点!
  4. 猫が喉をゴロゴロ鳴らす理由とその効果は?骨密度との関係は?
  5. 猫の爪の除去手術は虐待では?アメリカでは多く行われている!
  6. 猫が冬に太る(肥満)のは本能?健康管理や注意すること!
  7. 保護猫の病気や必要な検査など動物病院でかかる費用は?
  8. 歯磨きを嫌がる猫にはこれ!おすすめのデンタルケアおやつ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP