猫のくしゃみは寒さと関係ある?冬に増える病気に注意!

人は秋も終わり気温が下がって
寒くなってくるとカゼかな?
なんて思うようなくしゃみなど
の症状が多くなりますよね。

 

これはネコさんも同じなので
しょうか・・
冬場にくしゃみなどが増える猫は
非常に多いです。

 

これは季節的なもの、寒さと
関係があるのでしょうか。

 

スポンサーリンク


くしゃみは、鼻粘膜の知覚神経
何らかの原因によって刺激される
ことで起こります。

 

この原因は何らかのアレルギー
のこともあれば、いわゆる風邪
の症状(鼻や喉、気管支の炎症)
によってです。

 

ネコではやはりウイルス疾患
(ヘルペスやカリシ)による
風邪様の症状でくしゃみが
出ることが多いです。

 

冬場になり気温が下がり、空気が
乾燥すると呼吸器の粘膜が
ダメージを受けやすくなります。

 

これは人もネコも一緒です。
ですから人と同じようにネコも
冬場になるとネコ風邪の症状が
出やすくなるのです。

 

ws000005猫の鼻水やくしゃみが止まらない!薬や治療と原因や対処法は?

<くしゃみは風邪の初期症状>

 

ネコ風邪が慢性化して一年中、
くしゃみや鼻水などの症状が
出ている場合を除き、くしゃみ
ネコ風邪の初期症状と言えます。

 

症状が進行すると、鼻水など
他の症状も出てくるようになります。

 

また、くしゃみの回数が増える
ほど進行している状態のため、
少しでもくしゃみをするように
なったら早めに治療を行うと
早く治りますし、悪化を防げます。

 

一度でもネコ風邪を患ったことの
ある猫さんは、ウイルスキャリア
となりますのでいつ再発しても
おかしくありません。

 

そして、冬場に再発しやすいと
いうことを頭に入れて、加湿器
で湿度を保つなど、カゼの症状が
出にくい環境を整えてあげる
ことが大事です。

 

スポンサー リンク


<くしゃみの他の原因>

 

猫のくしゃみは多くの場合、
ウイルスによるネコ風邪の
症状の一つですが、他に
ホコリやハウスダスト、季節に
よっては花粉などのアレルギー
の場合もあります。

 

また、秋~冬にかけては朝晩や
日中の気温差も激しく、また
室内でも暖房が効いている場所
とそうでないところの気温差も
あります。

 

そのため、人と同じように
寒暖差アレルギーによって
くしゃみが出る場合もあります。

 

また、アレルギーの場合は、
他にも皮膚炎などの症状が出る
こともあります。

 

 

いずれにしろ冬場の気温、湿度
温度変化などの状況は猫の体にも
さまざまな不調をもたらしやすい
のです。

ws000004冬の猫は動かない!?睡眠時間や運動など行動の変化とは?

たかがくしゃみと思ってしまい
がちですが、そこから悪化する
可能性も多いにあります。

 

またくしゃみという行為は意外と
体力を使い、カロリーを消費します。

 

連続したくしゃみや頻繁にくしゃみ
をすることは猫さんの体にも相当の
負担を与えることになります。

 

早めに治療をしてあげましょう。
また、室内の温度差をなくす、
湿度を50~60%に保つなど
生活環境を整えてあげることも
大事です。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です