猫の去勢手術は何歳までできる?高齢の場合のリスクや注意点!

今は、オスの飼い猫さんには
去勢手術をすることが多くなって
きています。

 

お外に出る子には、病気予防
や、飼い主のいない子猫を
作らないため、メス猫には
避妊手術、オス猫にも去勢手術
をという飼育が求められています。

 

スポンサーリンク


また、室内飼育でも発情期の
大変さや、スプレー行為の予防
のために早い段階で(生後6ヶ月
~10ヶ月程度)去勢手術を行う
飼い主さんが多いです。

 

ですからイメージ的には、
性成熟を迎える前に去勢手術を
終えておくのがその後のために
も良いという感じに思われるようです。

 

ただ、発情期やスプレー行為の
問題を考えなければ、そこまで
早くする必要もないとも言えます。

 

去勢手術自体は、成猫になっても
問題なくできます。

ws000002猫が去勢すると長生きする理由とは?病気やストレスの関連性!

 

ですから、若い頃にしなかった
場合や、成猫になってから飼い
始めた場合、大人の野良猫などを
保護した場合などは、未去勢で
あれば、その時点で去勢手術を
することもできます。

 

若い頃でも成猫、高齢の場合でも
去勢手術の方法自体に何も変わり
はありません。

ws000013猫の避妊・去勢手術について~絶食や手術、退院後のケアまで~

 

去勢手術をすることにより、
生殖本能がなくなりますので、
ケンカや感染症のリスクも減ります。

 

また、室内飼育を徹底しようと
思えばやはり去勢手術をするのが
猫にとっても飼い主さんにとっても
いいです。

 

ですから、年齢に関係なく、
できれば飼い猫は去勢手術を
行った方がいいです。

 

ただし、去勢手術は、全身麻酔に
なりますので、年齢や内臓の機能に
よってはリスクを伴います。

スポンサー リンク


若い猫さんでもそうですが、
去勢手術前には、麻酔をかけられる
体の状態かどうかの血液検査を行います。

 

血液一般検査で貧血や白血球の
数など、生化学検査で腎臓や
肝臓の数値、血糖値などを測定
します。
(猫さんの年齢や病院によっても
検査項目は変わります。)

 

そして、血液検査の数値に問題が
あると麻酔はかけられませんので
手術もできないと言うことになります。

 

麻酔薬を解毒するのは肝臓、
麻酔薬を体外に排泄するのは腎臓です。

 

そのため、腎臓と肝臓の機能が
落ちている場合には、麻酔は
かけられません。

 

そして、猫は中齢~高齢になると
慢性腎不全になっている可能性が
非常に高い動物です。

 

肝臓の数値に問題がある場合は
原因にもよりますが、治療を
すれば治ることがあります。

 

肝臓は再生する臓器ですから、
原因次第で治療でき、数値が
戻れば麻酔はかけられます。

 

しかし腎臓は再生することは
ないため、ダメになった腎臓
を元に戻すことはできません。

 

そのため、腎に異常が出ている
場合は残念ながら去勢手術は
できないということになります。

 

これらは血液検査によって20分
ほどで分かりますので、去勢手術
を検討している場合は事前に
検査を受けましょう。

 

高齢でも腎機能がしっかりしている
猫さんは、他に異常がなければ
去勢手術は可能です。

ws000001高齢猫の全身麻酔や手術のリスクは?体に与える影響や負担は?

 

ただし、腎臓の検査で異常値が
出るのは腎機能の75%が失われて
からです(40%で分かる検査もある)

 

そのため、腎臓の数値に異常が
出ていなくても腎不全の初期の
可能性もあります。

 

このような場合は、麻酔をかける
ことによって一気に腎不全が進行
してしまうことや、急性腎不全に
なる可能性もあります。

 

そのため、年齢によっては、
安全を考慮して麻酔は控えた方
がいい場合もありますので、
獣医師と良く相談することが大事です。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です