猫の去勢手術!エリザベスカラー装着期間は何日?注意点とは?

猫の去勢手術後に、傷口を
舐めるのを防止するために
パラボラアンテナのような
エリザベスカラーを装着する
必要性があります。

 

ただ、病院によっては、カラーは
付けずに退院させることろもあります。

 

様子を見てあまり頻繁に舐める
ようなら、カラーを付けましょう
という感じの病院もあります。

スポンサーリンク


個体差はありますが、傷口を
あまり気にしない子もいます。

 

少し舐めたとしても傷口が開いたり
化膿したりなどの問題が出るまで
舐めるようでなければカラーを
付けずに様子を見る場合も多いです。

 

また、カラーを付けることにより
そのストレスでご飯を食べなかった
り、トイレを我慢したりする子も
多いため、必ずしもカラーは必須
ではないとする病院もあります。

 

エリザベスカラーは着脱が簡単
ですので、自宅では様子を見ながら
飼い主さんが付けたり外したりを
する感じでいいと思われます。

ws000002猫が去勢すると長生きする理由とは?病気やストレスの関連性!

 

<エリザベスカラーの装着期間は?>

 

傷口の状態にもよりますが、
通常5~7日程度、付けておいて
くださいと言われることが多い
です。

 

傷口を縫合している場合には、
基本的には抜糸まで付けておいて
くださいと言われます。

 

縫合していない場合は目安として
5~7日です。

 

ただ、傷口自体は手術後3日程度
でほぼ塞がっていますので、
あまり気にする素振りがない子の
場合は、一旦外して様子を見ても
いいと思われます。

 

また、食事のときだけ外して
あげたり、飼い主さんが在宅中、
見ていられる時などは外して
あげてもいいですね。

スポンサー リンク


<エリザベスカラー装着時の注意点>

 

当然、慣れていない子は行動に
支障が出ます。
物にもぶつかるようになったり
しますので、狭い場所などに
入りたがる場合は注意が必要です。

 

また、フタ付き、扉付きの
トイレの場合には引っかかって
入れなくなることがあります。

 

そして食事もカラーが食器に
引っかかるなどして上手に食べる
ことができないこともあります。

 

そもそもカラー装着のストレスに
よって、食事をしなくなったり
元気がなくなる子もいます。

 

そのような状態が2日以上
続くようなら、カラーは外すべき
です。

 

傷口を舐めるリスクを考えても
ストレスのない生活をさせて
あげた方が猫さんのためにはいいです。

 

また、エリザベスカラーを
付けているから大丈夫と安心
していても実はカラーを付けて
いても舐めていた・・
ということも良くあります。

 

猫は、軟体動物なので、
カラーをしていても上手に
舐めることができる子も多いのです。

 

ですから、カラーをしていても
たまに傷口をチェックしておく
必要があります。

 

ただ、多少舐めたとしても
傷口が開いたりなどということは
まずないですし、多少腫れたと
してもその後治まりますので
そこまで心配することはないです。

 

多少舐めたりしても化膿しない
ようにと手術後に抗生物質のお薬
も出ますのでしっかりと飲ませて
いれば問題ないです。

 

今は、野良猫を捕獲して不妊手術を
してまた放すという地域猫活動も
盛んに行われるようになっています
が、その場合などは当然カラーも
何も付けずに手術後そのままの状態
で放しますので。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です