猫が後ろ足を痛がる,引きずる,立てないなど異常の原因とは?

猫の歩き方、行動がおかしい。

 

猫の後ろ足の異変・・
びっこを引く、歩けない、
引きずる感じ・・などが見られる
場合、その原因は多岐に渡ります。

 

こちらでは、猫の足、歩行の
異常の原因や考えられる病気などに
ついてまとめてみましたので参考に
してください。

スポンサーリンク


<猫の足や歩行の異常の原因>

 

猫の後ろ足に見られる異常で
考えられる主な原因は、

*外傷によるもの
(交通事故やケンカなど)

*病気によるもの
(心臓病、ヘルニアなど)

が挙げられます。

 

これは猫さんの生活環境によっても
考えられる原因は変わってきます。

 

お外に出る猫さんであれば、交通事故
など危険な目に遭うことも多いですし、
どこかに引っかかったりなどのケガも
あります。
また、他猫とのケンカなどでケガを
してしまうこともあります。

 

ですから、お外に出る猫さんであれば、
外からの外傷による可能性と病気の
可能性両方が考えられます。

 

一方、室内飼育の猫さんでは、
事故などの可能性はないので、
病気の可能性が高いですが、高い
ところからの落下などによって負傷
をする場合もあります。
また、多頭飼育の場合には他猫との
ケンカによる負傷の可能性もあります。

 

ただ、他猫とのケンカであっても
よほど激しいものでなければ後ろ足を
引きずるほどの負傷になることはあまり
ないと思われます。

 

これは日常的な猫たちの様子を
分かっている飼い主さんであれば
ある程度の予想はできると思います。

 

<外傷によるもの>

 

これは幅広い意味での外傷ですが、
交通事故などで多いのは、骨折
です。

 

後ろ足そのものの骨折の場合も
ありますが、猫の交通事故では
骨盤の骨折が多いです。

 

後ろ足どちらかの骨折や負傷で
あれば、片側だけの跛行(びっこ)
になりますが、骨盤などの場合は
両方の足に影響が出ることが
多く、歩けなくなったり、引き
ずったりなどが見られます。

 

また、事故などで背骨などに
影響を受けると、脊椎が圧迫され、
そこから後ろの部分が麻痺して
動かなくなり、歩けなくなること
もあります。

 

その他、ケンカや外傷などで、
傷口が化膿して悪化してくると
痛みがひどくなり、足を付かなく
なる(跛行)こともあります。

 

外出する猫さんであきらかに
事故のあったような状況が
疑われる場合は他にも症状が出て
いることが多い
です。

 

出血や外傷などが見られ、場合に
よっては、全身状態も悪く、
足を引きずる
だけでなくグッタリした状態や
呼吸が荒く
なっていたりもあります。

 

この場合はケージに入れて早急
に病院に連れていきましょう。

ws000008

室内飼育の猫の場合は、事故の
可能性はないですが、高い所から
落下したりした時に足を痛めて
しまうこともあります。

 

あまりないですが子猫の場合などは
骨折したり脱臼したり、また首や腰を
強く捻ってしまい一時的に跛行(びっこ)
が見られることもあります。

 

まずは、他になにか症状がないかを
良く観察
しましょう。(足裏なども)
また、痛みに対しての反応はどうか?
など。

 

骨折の場合は強い痛みを伴います
ので、患部を触られるのを嫌がったり
怒ったりします。

 

骨折や脱臼までしていなくても、
筋肉や筋を痛めていたり、打撲
の痛みやなどでも足を
庇ったり
することもあります。

 

この場合は数時間~半日ほどで
元通りに足を着くようになること
もあります。

 

痛みの感じ方やそれに対する
反応には
個体差があります。

 

痛みが強い場合は食欲がなく
なり、暗い狭い場所に閉じこもって
出てこなくなったりもします。

 

その状態が長く続き、翌日に
なっても改善されない場合には
骨折や脱臼、また椎間板ヘルニア
などが疑われます。

 

また、直接おかしい足を痛がっている
様子が見られない時には、首や腰を
捻って一時的に脊髄神経が圧迫されて
それより後ろの部位の感覚が鈍く
なっている可能性があります。

 

病院に連れていき、検査と適切
な治療を受けましょう。

スポンサー リンク


<病気によるもの>

 

猫の後ろ足に異常が見られる場合、

*骨そのものに病変ができる場合

*内臓疾患による影響

*加齢による背骨や関節の異変

などが考えられます。

 

骨に病変ができるものとしては、
骨軟骨異形成症(足の関節に骨瘤が
できる)や骨にできる腫瘍などがあります。

 

骨軟骨異形成症はスコティッシュ
フォールドに多く見られる先天性
の病気です。

猫のスコティッシュフォールドに多い遺伝病,先天性疾患とは?

 

その他、骨肉腫(骨のガン)などは
どんな猫でもなる可能性があります。

 

骨そのものの異常や病変の場合は
その部位が太くなってきたり
腫れてきたりと比較的分かりやすい
と言えます。

 

内臓疾患による原因で考えられる
のは、猫の心臓病の代表である
肥大型心筋症です。

 

肥大型心筋症は、心臓の筋肉が
厚くなり、心機能が低下していく
病気です。

 

心臓の収縮機能が低下 すると、
心臓内に血栓(血の塊)が出来やすく
なります。

 

その血栓が後ろ足の付け根の
部分、腸骨動脈に詰まることに
よって、その先へ血液が流れず
麻痺してしまう状態です。

 

猫の肥大型心筋症は、比較的多い病気です。

猫の心臓病(心筋症)の原因や症状と検査や治療費用について!

 

その他、猫も加齢に伴い、
椎間板ヘルニアなどの病気が
多くなります。

 

脊椎の間でクッションのような
役目を果たす椎間板が本来の位置
から押し出されることによって
神経(脊髄)を圧迫することにより
痛みやしびれ、麻痺などが
起こります。

 

加齢に伴うものであれば、
徐々に進行することが多く、
初期ではなんとなくフラつく、
程度から段々進行していくと
引きずるようになったり歩けなく
なります。

猫の椎間板ヘルニアの治療や手術の費用、予後について!

 

椎間板ヘルニアと似ている病気で
馬尾症候群もあります。

猫の馬尾症候群の原因や症状,治療法は?進行すると完全麻痺に?

 

<まとめ>

 

いずれにしろ、猫さんが後ろ足を
引きずるのは何らかの病気です。

 

猫は本来、痛みに強い(痛みを隠す)
動物ですので、骨折などをしていて
も極端に痛がって鳴いたりなどの
行動は見せません。

 

また、多少の痛みではそれを
分からせるような歩き方や行動は
とりません。

 

食欲がなくなったり、大人しく
うずくまったり
と言う状態は、
猫にとっては十分な不調の訴え

になります。

 

骨折などは放置していると
不自然な形に骨がくっついて
しまいその後の生活に支障を
きたすことが多くあります。

 

また、交通事故などの場合は、
内臓にも損傷がある可能性もあり
治療が遅れると命に関わることもあります。

また、心筋症も命に関わる怖い病気です。

早めに受診しましょう。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です