冬の猫は動かない!?睡眠時間や運動など行動の変化とは?

春、夏、秋、基本的に猫は
用がなければ動かない生物である。

 

しかし、冬はさらに動かなくなる
という習性を持つ・・
それが猫の生態なのである。

 

スポンサーリンク


年齢や個体差はありますが、
猫は野生の名残りから冬場は
活動量(運動量)が減ります。

 

これは、冬の時期は獲物が
少なくなるためです。

 

食料が減るため、無駄なカロリー
を消費しないようにひたすら
動かず過ごします。

 

また、寒さに耐えるためにも
体の脂肪を減らさないように
無駄な動きはせず、寝て過ごします。

 

それでなくても1日のうち
2/3近く寝て過ごしているのに
冬場はもっと寝ている時間が
長いの?なんて思ってしまいますが。

 

ただ、冬は睡眠時間がさらに
増えるというより、動かなくなる
時間が増えるということです。

 

動かないでじっとしていると
自然と目を閉じ・・ウトウト・・
なんて感じにもなるでしょうが^^

 

寒さが苦手なのもありますし、
極力無駄な体力は使わなくなる
わけですね。特に冬は・・

 

しかし、室内飼育の猫の場合は、
冬だからと言ってエサの確保に
影響があるわけでもないですし、
ましてや室内の温度はそれなり
に保たれているご家庭がほとんど
だと思います。

 

それでも猫さんの場合、気温の
変化に敏感なのと野生の名残り
から外猫同様、動かなくなります。

 

しっかりと冬支度を始め、
食欲が増す子も多いですので
注意しましょう。

 

活動量も減って、温かいところ
で一日中グータラして食事量が
増えればデブ猫まっしぐらですから。

 

そして、それ以外にも冬場には
気をつけておきたいことがあります。

 

スポンサー リンク


冬場に猫が動かなくなるのは
前述したとおりですが、
それによって困ってしまうことが
いくつか・・

 

温かい寝場所から離れたくない、
動きたくない、面倒くさい・・
などの猫らしい(?)理由から、

*お水を飲みに行く回数が減ること。

*トイレに行く回数が減ること。

などです。

 

無理して走らせたり運動させたり
ということまではしなくても
いいですが、せめて日常生活に
必要な行動は普通に行なってほしい
ものですが。

 

ほとんどの猫さんは冬場には
上記のような行動の変化が見られます。

 

とにかく温かい場所から動くのが
イヤなのですね^^;

 

しかし、お水を飲まないことも、
トイレを我慢することも猫に
とっては、非常に良くないことです。

 

特に泌尿器疾患や腎不全などが
ある猫さんにとっては致命的とも
言えます。

ws000012

 

ですから、飲水場所やトイレの
場所をなるべく猫さんの寝場所
近くに置いてあげるようにして
ください。

 

トイレや玄関先、廊下などの
寒い場所に猫トイレを置いている
ような場合はネコさんはトイレに
行くのを我慢してしまいます。

 

また、お水も同じです。

 

ですから、
冬は猫はさらに動かない動物である。

ということを前提に猫さんが
ちゃんと健康を維持できるよう
必要な行動を面倒がらず行える
ように飼い主さんが工夫して
あげる必要性があるのです。

猫が冬に太る(肥満)のは本能?健康管理や注意すること!

 

また、年齢にもよりますが、
若い猫さんであれば、猫じゃらし
で誘って少しは動いてもらいたい
ものですね^^

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です