猫が冬に太る(肥満)のは本能?健康管理や注意すること!

夏が終わり、秋も深まり、
やがて寒~い寒~い冬が
やってくる気配を肌で感じる頃・・

 

なんだか食欲増進してきている
猫がウチにはいます^^;

スポンサーリンク


人間でも食欲の秋と言いますし、
確かに寒さから体を守るために
脂肪をつけようとする体の変化
はありますよね。

 

これってネコも同じなんです。
本能的に冬支度を始めるのです。

 

体脂肪率を増加させるため、
食事をたくさん食べようとします。

 

冬毛(下毛)を密集させ体温が低下
しないように外気温から体を守ります。

 

冬場には、獲物となる小動物も
少なくなるため、それを乗り越える
ための野生の名残りなのです。

 

ですから、今でも外で暮らす猫さん
たちはその本能によって秋の終わり
から冬支度を始めるのです。

 

そして!
家の中で生活している猫さんは
というと・・
やはりその野生の名残りがあるわけです。

 

だから、秋頃に換毛期があって
冬毛になり、個体差はありますが、
食欲が増進し、冬の寒さに耐える
体の準備に入ります。

冬の猫は動かない!?睡眠時間や運動など行動の変化とは?

 

しか~し!
あなたたちにその必要ある?
と思ってしまうのは私だけでは
ないはず^^;

 

いやいや、一日中家の中で
コタツの中でぬくぬくしてるでしょっ!

 

凍てつくような外気温にさらされる
こともないし。

 

家の中の温かい場所知り尽くして、
ヒーターが稼働する時間も覚えて
るし。

 

コタツの中で丸くなるわけもなく
長~く伸びきってるわけだし。

 

少なくとも外で暮らす猫さんたち
のような過酷な環境ではなく、
どちらかと言うと一年中変わらず
快適な気温の中で暮らしているはず。

 

スポンサー リンク


それなのに、体は勝手に冬支度
を始め、バクバク食べちゃう。

 

その結果どうなるか・・?
分かりますよね~
はいっ 肥満猫が誕生するわけ
なのです^^;

 

基本的に冬場は夏場よりも
活動量も落ちます。
消費カロリーも減るのです。

 

つまり、一日中暖房の効いた
温かい室内でゴロゴロしてるのに
食事量が増えればそりゃ脂肪が
増えるのは当然なわけですね~

 

そ~やって、冬場に体重が増加
する猫が多いわけです。
これは健康に良いわけもありません。

 

ですからしっかりと食事管理をする
必要があるのです。

 

どうしても欲しがるときには
食事回数を増やしたり、
フードパズルなどを使って
軽く運動させながらゆっくり
食べさせるようにしたり。

猫の長生き,病気予防に!フードをゆっくり食べさせるグッズを!

 

また、冬場にはどうしても飲水量が
減ります。
とくに脂肪が多く付いた猫(肥満)は
脂肪を肝臓で分解することにより、
水分を得るため、それ以外に水分を
摂ろうとしなくなります。

 

しかし、その機能で作られる水は
必要最低限の水です。
つまり、体自体は乾いた状態と
言うことになるのです。

 

猫は健康のためにも病気予防の
ためにもなるべく多くお水を
摂取させないといけませんので、
その状態は非常に良くないという
ことになります。

 

ですから、冬場は太らせないよう
体重管理に気を付け、さらに
飲水量を増やすよう工夫をして
あげることが大事です。

 

お水の給水場所を増やしたり、
循環式の給水器などを使うのも
オススメです。

猫の自動給水器おすすめ!たくさんお水を飲んで健康増進にゃっ

 

お外で頑張って生きる猫さんには
冬場はしっかりと食事を食べて
耐え抜いてほしいものですが。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です