猫におやつは不要!あげないという選択と必要性について!

ペットショップやホームセンター
などに行くとびっくりするくらい
多くの種類の猫用おやつが販売
されていますね。

 

パット見とても美味しそうな
パッケージにいかにもネコが
喜んで食べそうな謳い文句の数々。

 

飼い主さんなら、愛猫のために
喜ぶなら・・とついつい色々と
買って与えてしまいますよね。
その気持ちは分かります^^

スポンサーリンク


しかし果たしてネコにおやつは
必要なのか?
健康上問題ないのか?
売られているおやつは中身は
大丈夫か?

などなど疑問に思ってらっしゃる方
も多いと思います。

 

ちなみに私はネコのオヤツに
対しては、否定派です。
当然ウチの愛猫たちにも
あげたことは一度もありません。

 

オヤツという制度(?)に対して
否定的なのではなく、オヤツ
そのものの製品(いわゆる質)に
ついてです。

 

こちらでは、個人的見解も含み、
猫のおやつについてまとめています
ので参考にしてください。

 

おやつの質について

 

現在ではキャットフードの品質も
少しずつ向上してきているので
(それでも国内のメーカーはまだまだ
ですが)オヤツについても多少は
良くなってきているようですが・・

 

それにしても、愛猫に食べさせたい
と思えるようなものは一つもありません。

 

それどころか絶対に与えたくない
ものがほとんどだというのが現状です。

 

当然ですが、オヤツというから
には嗜好性が大事です。
つまり美味しくないといけない。

 

また、購入するのは人間(飼い主)
なので、人が見ても美味しそうに
見えないと購入してもらえない。

 

これらの条件を備えるためには、
オヤツの味付けを濃く(塩分増)し、
食欲をそそるような合成添加物
たっぷりで匂い付けをし、さらに
見た目を良くするために合成着色料
などがたっぷり使われているものが
非常に多いのです。

 

オヤツはオヤツであって食事
(総合栄養食)としての役割は必要
ないわけなので言ってしまえば
中身や栄養成分は何でもいいわけです。

 

それが、ネコの体にとっては
害しかないようなビックリする
ものを作らせてしまうと言えます。

 

確かに今は、無添加と言う
オヤツも増えてきているようですが
基本的に日本のペットフードの
基準からして、イマイチ信じられる
ものはありません。
(個人的な意見です)

 

また、中身のしっかりとした
ネコに必要な栄養組成のバランス
が整ったキャットフードを与えて
いると、余計なオヤツをあげること
によって栄養バランスが崩れて
しまうという懸念もあります。

 

それによって、尿結石などの
病気の可能性も増えると言えます。

 

尿結石などになる猫さんの多くは
質の悪いキャットフードや他に
オヤツなどを多く与えている子が
非常に多いのです。

キャットフードが猫を病気にする?尿石症や腎不全などの関連は?

ですから、私は基本的におやつは
否定派です。

 

与えるとすれば、食べることに
よって歯垢を取り除き、歯石予防、
歯周病予防にもなるタイプの
おやつを考えますが、それにしても
中身をキッチリと吟味し、さらに
極少量にします。

歯磨きを嫌がる猫にはこれ!おすすめのデンタルケアおやつ!

スポンサー リンク


<おやつの量の問題点>

 

おやつを与える問題点として
もう一つ挙げられるのはその量です。

 

ほとんどの方が与えている
オヤツの量が多いように思います。

 

どうしても飼い主さんは人の
イメージで与えてしまうようですが
ネコはどんなに大きな子でも
大体が人間の1/10以下の体重です。

 

つまり、ネコさんに与えている
オヤツの量・・少ないように
思うかもしれませんが、人間
だったらその10倍の量を食べている
ということになります。

 

また、前述しましたが、
オヤツは美味しいです。
しかしその美味しさは添加物
によるものが多いです。
ですから、オヤツの味を覚えて
しまうとキャットフードを
食べなくなってしまうことも
あります。

 

そしてオヤツばかりを要求するよう
になる・・
体にいいわけがありませんよね。

 

また、尿結石や糖尿病、腎不全
などになってしまった場合、
当然ですがオヤツは全面禁止になります。

愛猫を病気にさせない!健康維持や長寿のためのキャットフード!

 

<しつけやご褒美の時には>

 

ただ、ご褒美や何かのしつけを
行うときなどにはやはりオヤツが
必要なこともあるとは思います。

 

そのようなときに、どうすれば
いいのか?
私だったらキャットフードを
あげます。

 

ドライフードをそのまま、
食事時間以外のオヤツとして
使います。

 

それでも十分喜んで食べます。
オヤツの味に慣らされていない
猫の場合は。

 

<まとめ>

 

また、食間の小腹が空いたかな
ってときにオヤツとしてフードを
与えるのであれば、その分食事回数を
増やし、一度の量を減らすようにすれば
ネコさんの健康にとっても非常に
良いことになります。

猫の食事回数は2回じゃ足りない?肥満や病気を防ぐ与え方!

ネコさんのおやつについては、
飼い主さんの考えや賛否もあると
思いますが、
本当に必要なのか?
それはネコのため?
飼い主の自己満足ではないか?

と考えたときに自然と答えは出て
くるように思います。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です