猫の病気

白猫のオッドアイは耳に障害(難聴)がある?その原因や確率は?

 

その発生確率も低く、神秘的と
言われる猫のオッドアイ。

 

オッドアイ、バイアイなどとも
言われ、左右の目の色が違う、
正式には虹彩異色症
(こうさいいしょくしょう)と
言われる状態のことです。

 

スポンサーリンク


オッドアイはヒトでも見られます
が非常に希少で、犬や特にネコ
で発症することが多い現象です。

 

また、オッドアイはどんな毛色の
ネコにも見られますが、特に白猫
に多いことで知られています。

 

そして多くはどちらか片方の目が
ブルー(青目)でもう一方が黄色や
緑色、茶色っぽい色になります。

 

<オッドアイの原因は?>

 

白猫に多く見られるオッドアイは
遺伝子の関係によるもので先天性
の原因です。

 

メラノサイトという色素細胞が
白猫の遺伝子によって抑制され
ることにより、白色の猫が
生まれます。

 

そして虹彩の色もメラノサイト
の量によって決まるのですが、
これも白毛遺伝子によって抑制
されることで青くなるのです。

 

これによって、白猫は青い目の子
や片方だけが青い(オッドアイ)子
が多いのです。

 

この青い目の状態は、青く色が
付いているわけではなく、目の
色素の欠乏によって青く見えて
いるという状態です。

ws000007
出展:https://nekogazou.com/0420nekosuki/

ws000008
出展:http://nekoninaritai.net/tokutyou-13/

 

オッドアイは白猫に多く見られます
が、純血種の猫では、
・ターキッシュバン
・ターキッシュアンゴラ
・ジャパニーズボブテイル

に現れやすいとされています。

 

また、後天的にオッドアイが
見られる場合は、目の病気や手術
外傷、事故などによって神経が
損傷し、メラニン色素の量が減少
して片方だけ虹彩の色が変化する
原因が考えられます。

 

スポンサー リンク


<オッドアイの発生確率は?>

 

白猫(もしくは白の割合が多い猫)
での発生確率は地域やデータに
よって違いがありますが、おおよそ
20~30%くらいとされています。

 

全猫の中で白猫の割合も10%も
いかないくらいなのでそれを
考えるとオッドアイの猫さんの
割合は全猫中1~2%と言うことに
なりますね。

ws000010
出展:http://nekotp.com/12236

<オッドアイと耳の障害(難聴)>

 

白猫のオッドアイには難聴が
多いなどと言われますが、
オッドアイが難聴なのではなく
いわゆる白い毛でブルーの目の色
の猫に難聴の確率が高いということです。

 

ですから、白毛に両目がブルーの
子は難聴の確率が高いということです。

 

また、オッドアイも基本的には
どちらかの目は青いことが多いので
そういった意味では難聴の確率は
高いと言えます。

 

ただし、オッドアイの場合には、
ブルーの方の目の側の耳にだけ
難聴の症状があることが多く、
もう一方のブルーではない目の
側の耳(聴覚)は正常なことが
多いです。

 

いわゆる片側の耳だけ難聴という
状態です。

ws000012
出展:https://allabout.co.jp/gm/gc/446450/

 

<オッドアイ(青い目)の難聴の原因>

 

白猫の色素を欠乏させる白毛遺伝子
が耳の中にまで影響を及ぼすことに
よって、音の感覚器官(コルチ器官)
がちゃんと形成されなくなることに
よるのでは・・

 

と考えられていますが、
はっきりとした原因は解明されて
おらず、その他のさまざまな説も
あるようです。

ws000014猫の寄り目(斜視)は病気?原因や症状と注意することとは?

<オッドアイの難聴の確率は?>

 

白猫のオッドアイでも聴覚に
問題のない子もたくさんいますが
障害が出る確率は30~40%
決して低くはないと言えます。

 

ただし、先天的な状態での難聴
であれば、その状態に慣れて
育ってきているので日常生活に
問題はないことがほとんどです。

 

猫の場合には、他にも優れた
感覚器官をたくさん持っているので
難聴をカバーすることは難しくは
ないでしょう。

 

しかし、聴覚という点においては
猫にとって非常に重要なもの
ですから、外で暮らす猫さんに
とっては、ハンデにはなると思われます。

 

オッドアイは希少なこともあり、
また白猫のオッドアイは特に
美しい不思議なイメージで
神秘的と言われますよね。

 

SNS上でも白猫のオッドアイは
人気が高いですしね。

 

探してもなかなか出会える
確率は低いと思いますが、
もし出会えたらそれは幸運の証(?)
と言った感じになるのでしょうかね・・?

 

性格や中身はいたってフツーの
猫と同じですが^^

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

関連記事

  1. 猫のイボやできものに安全な凍結療法とは?利点や効果,費用は?
  2. 猫の糖尿病!インスリン離脱,寛解が望める食事療法や治療とは?
  3. 猫の甲状腺機能亢進症について!末期の症状や寿命、最期は?
  4. 猫の流涙症の原因や症状と治療や治療費は?涙が止まらない!
  5. 猫の認知症の対策!粗相の対処法やおトイレの工夫について!
  6. キャットフードが猫を病気にする?尿石症や腎不全などの関連は?
  7. 猫の慢性腎不全の余命は?末期でもまだあきらめなくていい?
  8. 猫エイズ(猫免疫不全ウイルス感染症)の症状や治療と予防法!
  9.  

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

症状から見る猫の病気

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

猫の島

ピックアップ記事

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

猫専門病院

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP