猫が風邪をひいて食欲がない,ごはんを食べない時の対処法は?

猫に非常に多いと言われる猫カゼ。
ウイルスや細菌などによって
引き起こされます。

 

多くは鼻水やクシャミ、目やに
などの症状が分かりやすいですが、
口内炎や発熱などの症状が見られる
場合もあります。

スポンサーリンク


個体差もありますが、症状に伴い、
食欲がなくなる子も多いです。
こちらでは、猫風邪によって食欲不振
となる原因や対処法についてまとめて
いますので参考にしてください。

 

食欲がなくなる原因

 

猫カゼの場合には、症状の程度にも
よりますが、実際に発熱やそれに
伴う体のだるさ、不調などによって
食欲不振になって元気がなくなる子もいます。

 

しかし、割と多いのが鼻づまりや
鼻水など、鼻に起きる症状によって
食事を食べなくなる状態です。

 

猫は、美食家などと揶揄される
ことも多いですが、舌で感じる
味覚的には実は味音痴です。

 

その代わりに猫は優秀な臭覚
持っています。
この臭覚によって猫は食べ物を
判別し、食べています。

 

人間でも鼻がつまっている時には
食事の味が分かりにくくなること
がありますが、猫の場合には、
食事において鼻の役割はさらに重要
な器官なのです。

猫のヘルペス!ウイルス性鼻気管炎の症状や治療と費用など!

 

猫の鼻は、通常湿っていますが
これは鼻を守るためや、匂いを敏感
に感じとるために鼻の粘膜から出る
分泌物によるものです。

 

これらの重要な鼻の器官が猫カゼに
よって鼻づまりになったり、
カピカピして炎症を起こしたりする
ことで機能しなくなります。

 

それによって、猫は食欲が
なくなるのです。
食事の匂いが嗅ぎ取れなくなる
ため、食べようとしなくなるのです。

 

この状態は猫カゼによって特に鼻の
炎症がひどい場合に良く見られる症状です。

スポンサー リンク


食欲不振時の対処法

 

ではなるべく食事を食べてもらう
にはどうすればいいのか?
食べやすくしてあげるには
どうすればいいのか?

 

もちろん、猫カゼの症状が治まる
ように治療することが一番大事
ですが、長引く子もいます。
特に慢性化している場合や再発を
繰り返すような猫さんでは治療の
効果が出るのに時間がかかる場合も
あります。

 

また、食事をちゃんと取らないと
病気の治りも悪くなります。

 

ですから、鼻の症状によって
食事を取れない状態が続いている
場合には、食事を工夫する必要が
あります。

 

具体的に挙げると、

*食事をウェット(缶詰やパウチ)
タイプにする

*温めて匂いを強く出す

*口元に持っていく。もしくは
鼻の頭に少し付けてやる。

*口の中、上顎に少量塗ってやる。

などです。

猫の免疫力アップにアガリクスは有効?選び方や注意点なども!

 

嗅覚が衰えている状態の時は、
ドライフードよりウェットの
方が食べやすいですし、温める
こともできます。

 

ウェットフードは温めることに
よって匂いが強く出ます。

 

これによって猫に食事の匂いを
分からせて、食欲を誘発します。

 

それでもダメな場合は少量の
ウェットフードを口元まで持って
いくか、鼻の頭にチョンと付けて
あげます。

 

そうするとほとんどの子はイヤ
でも舌をペロッと出して鼻を
舐めますのでその時にフードも
舐めるようになります。

 

これによって、食事の感触を
掴み、食べだす子もいます。

 

これでも食べ出さない場合には
少量のウェットフードを指先に
付け、猫の口を開け、上あごに
塗りつけます。

 

舌の上だとイヤな場合には
ペッペッと吐き出そうとする子
もいますが、上あごに塗りつけた
ものは吐き出すことができずに
そのまま飲んでしまうことが多いです。

 

これによって飲み込んでくれる
ようなら、同じことを何度か
繰り返すか、口元に食事を持って
いくなど、なんとか猫さんが自分で
食べだすように仕向けます。

猫風邪の潜伏期間や初期症状とは?感染を防ぐ対策を知ろう!

 

まとめ

 

ただし、何をやってもダメな場合
は、あまり無理をするのも猫に
とってはストレスになるので、
しっかりと病院に通い、早く治す
ことを考えた方が良いでしょう。

 

猫風邪の治療では症状にも
よりますが、抗ウイルス剤や
抗生物質などの投与が行われます。

 

また、食欲などの状態もしっかりと
獣医師に伝え、適切な治療を施して
もらいましょう。

 

通常、猫カゼで成猫であれば、
食欲がなくなることも一時的な
もので症状が治まれば食べだす
ことがほとんどです。

 

しかし、長引く場合や猫カゼの
治りが悪いような場合には、他の
病気にも罹患している可能性も
あります。

 

状況をしっかりと観察するように
しましょう。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です