猫風邪の治療!病院の通院期間や費用はどのくらい?

厄介な猫カゼ

 

猫カゼは多くの猫さんが
経験したことのあるであろう
非常にポピュラーな病気です。

 

軽く猫カゼという言われ方を
しますが、実は人で言うと
インフルエンザのようなもので、
意外に大変な病気だということも
経験者ならお分かりだと思います。

スポンサーリンク


猫カゼと言われるのはほとんどが
ウイルスによるもので、代表的
なのは、
カリシウイルス
ヘルペスウイルス
クラミジア(細菌とウイルスの中間)

です。

 

そして、これらのうちの一つ
ではなく複合感染によるものが
多いです。

 

猫カゼは毎年ワクチンを接種して
いればかかっても症状は軽く
すみます。

 

体力のある大人の猫の場合には
症状が出ても自然に治まることも
あります。

 

しかし、定期的にワクチン接種を
していない場合や、子猫、高齢の
場合、また他の病気もあるような
場合には、症状は悪化することが
多く、また治りにくく長期化する
こともあります。

猫風邪の潜伏期間や初期症状とは?感染を防ぐ対策を知ろう!

 

さらに、一度症状が治まっても
再発を繰り返したりとなかなか
厄介な病気であると言えます。

 

そうなると気になってくるのは
病院への通院や治療費ですよね。

 

いつになったら治るんだろう・・

どのくらいの感覚で通院するの?・・

一回の治療費はいくらくらい?・・

などなど、症状や病院によって
違いはありますが、一般的な治療
経過、平均費用などについて
まとめていきますね。

 

<猫カゼの治療経過、通院について>

 

上記に挙げた猫カゼの原因になる
ウイルスですが、基本的には治療法
は同じです。

 

症状にもよりますが、治療の中心と
なるのは、インターフェロン
言う抗ウイルス剤の注射です。

 

その他、症状、状態に応じて
抗生物質の注射や飲み薬、点眼薬、
点鼻薬などを併用していくようになります。

 

飲み薬や点眼、点鼻などは自宅
でもできますが、注射はやはり
通わないといけません。

 

一般的には、インターフェロンの
注射は1クールが3回とされていて、
一日おきに3回の注射や、一週ごと
に3回の注射をする場合もあります。

 

ただ、これは決められているもの
ではなく、状態によってや病院に
よっても治療方針は違います。

 

症状がひどく悪化している場合や
慢性化している場合、子猫や老猫
などの免疫力が落ちている場合で
なければインターフェロンの注射
1クールで完治(症状は治まる)する
ことが多いです。

 

初期や軽症の場合には、
インターフェロンを一回打っただけ
でも良くなる子もいます。

 

ですから、状態によっては
一度の注射であとは自宅での
飲み薬で様子見となることも
あります。

 

また、逆に1クール終わっても
しぶとく症状が治まらない子の
場合には治療は1ヶ月以上に及ぶ
こともあります。

 

順調に治れば1~2週間、長引くと
数ヶ月単位になるということに
なります。

スポンサー リンク


<猫カゼの治療費は?>

 

基本的にインターフェロン注射と
飲み薬代として考えると、

・インターフェロン2.000円(1回)

・飲み薬1.000~1.500円(1週間分)

ほどになります。

 

その他、点眼薬、点鼻薬が必要な
場合には別途、各1.000~1.500円
程度だと思われます。

 

また、注射に通うと再診療なども
入りますので、だいたい一回
あたりの通院費用は計算できる
のではないでしょうか。

猫の免疫力アップにアガリクスは有効?選び方や注意点なども!

 

猫カゼ自体の原因ウイルスを
特定する検査をする病院はあまり
ありませんが、あまりに治りが
悪い場合や症状がひどい場合には
他のウイルス(猫エイズや白血病)
などの検査をすることもあります。

 

また、外に出る猫さんの場合には、
最初から念のためということで
それらの検査を行うこともあります。

 

ちなみにエイズや白血病の検査は
平均で7.000~8.000円ほどです。

 

その他、特に子猫や老齢の場合で
食欲不振によって食べてない、
脱水しているなどの症状が見られる
ときには皮下輸液などの処置を行う
こともあります。

皮下輸液は1.000~1.500円程度。

 

なるべくお金をかけずに早期に
治すにはやはり初期のうちに
治療をすることが大事ですね!

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です