生態

伝説の小笠原ネコ!凶暴な野生猫だったマイケルの軌跡とは?

小笠原という陸の孤島、大自然の
山の中、過酷な環境の中、生きる
ために小動物や海鳥を捕食して
暮らしていた1匹の猫。

 

元は人に飼われていたのか?
捨てられたのか?いつから
山の中に住んでいたのか?
それすらも分からない、完全に
野生化した茶トラの「ノネコ」。

 

それが後に、『マイケル』と
名付けられ、伝説の小笠原ネコと
して語り継がれることになる
ネコだったのです。

 

スポンサードリンク


世界文化遺産『小笠原諸島』の
絶滅危惧に瀕する希少種を捕食し、
生態系に脅威を与えるとして、
ノネコの捕獲作戦が始まったのが
2005年。

 

当初は、希少種を襲うネコたちを
安楽死させるという話が出ていたそう。

 

希少な小動物や鳥類などを襲うネコ
は、侵略的外来種として殺処分の
対象になるというわけなのです。

 

しかし、それに断固反対したのが
東京で動物病院を経営する
小松獣医師。

 

命の重さは鳥もネコも同じだと・・

 

そして、捕獲したネコを本土の
動物病院で引き取り、人と暮らせる
ように馴らしてから里親を探すと
いう「引っ越し作戦」を提案されたのです。

 

その作戦で最初に捕獲された猫が
『マイケル』です。

 

カツオドリなどの大型の海鳥が
繁殖する小笠原の母島。
そこの海鳥たちの営巣地が荒らされ
消滅寸前になっていて、海鳥の
死骸にはネコの歯型が残っていました。

 

そして監視カメラが設置され、
そこに写っていたのは、自分の体
より大きなカツオドリを咥える
茶トラのネコが・・

 

それが『マイケル』でした。↓

ws000010
出展:http://www.7midori.org/katsudo/kouhou/kaze/miserarete/41/index.html

そして、すぐに罠が仕掛けられ
マイケルは捕獲。
海を渡って本土に送られたネコの
第一号となったのです。

 

スポンサードリンク


罠にはまり、カゴの中に閉じ込め
られてしまったマイケルはそれは
ビックリしたでしょう・・
恐怖だったでしょう・・

 

パニックを起こし、逃げ出そう
と大暴れしたようで翌日、カゴを
見に捕獲隊の人間が訪れた時には、
マイケルは鼻や爪から血が噴出
していたそうです。

捕獲時のマイケル↓
ws000012

スポンサードリンク



出展:http://www.kumanekodou.com/tayori/13059/

そして、東京の動物病院に
運ばれたマイケルは・・

 

それはもう凄かったそうです。
大変だったそうです。

 

威嚇するわ、パンチの攻撃は
飛んでくるわ・・触るどころじゃ
なかったと・・

 

そりゃそうでしょう^^;
野生化してない飼い猫でも性格
のキツイ子や飼い主以外に慣れて
いない子は、病院など知らない場所
に連れてこられたら、スゴイですから。

 

とても飼い猫とは思えないほどの
バイオレンスが繰り広げられます
から・・

 

それが完全に野生化して山の中
で暮らしてたネコとなると・・
それはもうとんでもないことと
想像できます^^;

 

しかしネコの命を守らないと
いけない・・
人に慣れさせてイエネコになれる
ようにしないとマイケルの命は守れない・・

 

ここから、根気強く人に慣れさせる
ための訓練が始まるのです。

 

ゲージに入れたまま病院内の人が
良く通る場所に置いて、まずは
人間を覚えさせることからスタート。

 

そばを通るたびに声をかけたり、
ちょっかいを出したりというのを
続けていくと少しずつ慣れてきた
そうです。

 

人は怖い存在じゃない。
自分に危害を加えたりもしない。
そしてご飯を与えてくれる。

というのが分かれば安心して
くるのでしょう。

 

元々は人と暮らすイエネコ
なんですから。
野生のヤマネコではないのですから。

スリスリまでできるようになった
マイケル↓
ws000013
出展:http://sharetube.jp/article/816/

表情がやさしくなってますよね。
すっかり人に心を許した証拠です。

 

そして2ヶ月ほどで抱っこ
できるまでに慣れたそうです^^

小松獣医師とマイケル↓
ws000014
出展:http://www.7midori.org/katsudo/kouhou/kaze/miserarete/

すっかりフツーのイエネコ
ですね^^

その後、マイケルは小松先生の
動物病院でスタッフとして暮らす
ことになりました。

 

第2の幸せな人生を歩き出したのです。

 

その後のマイケルさん。
過酷な野生を生きてきた片鱗は
まるでなく・・
海鳥を捕食していた孤高のハンター
としての面影もまるでなく・・

こんなになりました~↓ww
ws000015
出展:http://plaza.rakuten.co.jp/poemerry/diary/

まるで家の中でぬくぬくと
甘やかされて育ってみるみる
肥満になってったおデブ猫の
典型・・

って感じですよね^^;

 

ある意味、猫の進化とも
言える現象なのではないでしょうか^^;

 

これが伝説の小笠原ネコとして
語り継がれる『マイケル』の
生きざまです。

 

何はともあれ、
病院のみなさまに可愛がられ、
幸せに暮らすマイケルさん。
良かったですね!

 

その後、他の猫さんたちも続々
と捕獲され、本土で迎え入れた猫
さんたちは500頭を超えるそうです。

 

小笠原の自然の中、過酷でも自由に
生きるのが幸せなのか?
人に飼われて自由は奪われても
食事の心配もなくのほほんと生きる
のが幸せなのか?

 

それは分かりません。
しかし、少なくとも野生動物と
ネコと人との共生という点を
考えると、ネコには人と一緒に
暮らしてもらうことが一番の解決策
と言えるのではないでしょうか・・

 

<関連記事>

ws000010小笠原のねこ待合所とは?ネコと野生動物を守る取り組み!

ws000006小笠原で捕獲される野生化した猫の大多数が黒ネコなのはなぜ?

ws000016北海道の猫の島!天売島が抱える課題~猫と海鳥、人との共存~!

ws000009野性化した猫が悪魔になるとき!世界自然遺産に与える影響!

ws000008野良猫を排除すべき!?この議論の意図と人間の愚かさとは?

 

スポンサードリンク







関連記事

  1. 岡山県吉ヶ原駅の二代目ネコ駅長は白黒猫のホトフさん♪
  2. おデブすぎるホテルの看板猫!肥満度が行き過ぎでもはや虐待?
  3. 保護犬猫の譲渡を動画で呼びかけ!殺処分ゼロ公約の小池都知事!
  4. 猫の尻尾や付け根の部分が震えるのはなぜ?病気の可能性は?
  5. 猫がお腹を触らせない!触ると痛がる(?)怒る,噛むのはなぜ?
  6. 英首相官邸に残留の猫ラリーと外務大臣の猫のバトルが勃発!
  7. 動物取扱業登録取り消しの猫カフェ「ねこのて」が悪質すぎる!
  8. にゃんにゃんパラダイスで癒しの猫まみれ!猫グッズ博物館も!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP