猫が去勢手術後に尿結石になりやすいと言われる理由とは!?

猫に多い泌尿器の病気の代表
である尿路結石症。

 

その原因は、食事や体質などが
挙げられますが、オス猫の場合は
去勢すると尿石症になる・・
なりやすい・・などと言われたり
思われている方が多いですね。

 

果たしてこの真相は?

スポンサーリンク


オス猫の去勢との関連性の前に
猫の尿結石の発症メカニズムに
ついてです。

 

猫の尿石症のメカニズム

 

猫の尿結石にはいくつか種類が
ありますが、最も多い代表的な
ものは、
*ストルバイト
*シュウ酸カルシウム

です。

 

ストルバイトは尿phがアルカリ性
に傾くことで結晶化が起こりやすい
病気です。

 

シュウ酸カルシウムは逆に尿phが
酸性に傾くことで結晶化が起こり
やすい病気です。

 

そしてこれらの尿phの問題は、
マグネシウムやカルシウムの
過剰摂取によりミネラルバランスが
崩れることによって起こります。

 

尿中に排泄されるミネラルが
増加した状態が長時間続くと、
ミネラルが結晶化していきます。

 

さらにその状態が続くと、結晶が
集まり結石なります。

 

そしてその尿石が膀胱や尿道を
傷つけることで膀胱炎や血尿
さらには結石が尿道に詰まったり
炎症を起こすことで
尿路閉塞を起こします。

 

これが猫の尿石症という病気の
流れです。

ws000005

 

<オス猫の去勢と尿石症の関連は?>

 

上記の尿石症のメカニズムで
分かると思いますが、尿石症には
尿のphが密接に関連しています。

 

そして、猫は去勢をすることで
尿が酸性になったり、アルカリ性に
なったりとphが変化することはありません。

 

メス猫の避妊も同様です。

 

猫の尿石症の原因である尿のph
バランスのカギは食事です。
ですから尿石症の治療には食事量法
が用いられるのです。

 

もちろん、結晶が作られやすい体質
という場合もあります。
しかしそれも去勢手術とは関係は
ありません。

 

つまり、去勢手術をすると
尿結石になりやすくなるというのは
間違いということになります。

 

ではなぜ、去勢手術と結石が関連
付けられて言われるのか?
という点についてです。

 

スポンサー リンク


<去勢手術後の尿石症について>

 

去勢手術は関係なく結石はできます。

ただし、去勢手術を行った猫さん
は結石ができたときに症状がひどく
なりやすいということがあります。

 

これはなぜかと言うと、去勢手術を
行うとその時点で猫さんの陰茎
(ペニス)の成長はほぼ止まります。

 

そして、オス猫の場合、早いと
生後半年くらいで去勢手術を行う
方が増えています。

 

いわゆるまだまだ成長期にある段階
で去勢手術を行うことによりペニス
は未成熟のまま成長が止まります。

 

つまり、小さいのです。
猫のペニスは通常表には出ていない
ので目にする機会もあまりなく、
分かりにくいと思いますが、早期に
去勢手術
を行った猫さんは明らかに
ペニスが
小さいです。

 

小さいということは、ペニス部分の
尿道も細いのです。

 

それでなくても、もともとオス猫の
尿道は細く長くS字にカーブしてま
すので結石ができた場合に詰まり
やすい
という特徴があります。

 

それが早期の去勢手術によって
ペニスの成長が止まってしまい
さらに小さく細い尿道の状態に
なってしまうともっと結石が詰まり
やすいということになってしまうのです。

 

これによって同じ尿結石になった
場合でも去勢をしている猫の方が
尿道閉塞を起こしやすく重篤な症状
なってしまうことが多いということです。

 

また、一般的に去勢手術後には
太りやすくなります。
そして肥満も尿石症の一因には
挙げられます。

猫が避妊,去勢手術後に太るのはなぜ?餌の量や体重管理法は?

 

これらが去勢手術と結石が関連付け
られて言われる原因になっているようです。

 

<まとめ>

 

もちろん、成猫になってから去勢
手術をした場合には上記のような
ペニスの成長が問題になることは
ありません。

 

肥満はありえますが、
しかし肥満においても早期に
去勢手術を行った場合の方が
太りやすいとされています。

 

ですから獣医師によっては、
オス猫の去勢は体の成長が止まって
から、生後10ヶ月以降にしましょう
と勧める方もいます。

 

ただし、オス猫は発情が来てしまうと
マーキングや脱走などの問題もあるため
なるべく発情が来る前の早期に手術を
してしまおうという風潮になっている
のも事実です。

 

ここは獣医師によっても見解は
分かれるようですが。

 

早期に去勢手術をしたとしても
その後にしっかりと食事管理が
できて、尿結石にならないように
ミネラルバランスの取れた良質の
キャットフードをあげていれば
尿結石に関しては防げる問題ですし。

 

もし、体質的に結晶化しやすい
場合には、予防のために尿石症に
配慮したキャットフードを選ぶこと。

 

また明らかに異常が見られなくても
定期的に尿検査を行うなどをすれば
しっかりと管理できます。

 

猫の尿石症の原因のほとんどが
食事です。
去勢手術、避妊手術に関係なく
栄養バランスの取れた猫の食性に
見合った良質なキャットフード
与えましょう。

愛猫を病気にさせない!健康維持や長寿のためのキャットフード!

それが尿石症はもちろん、他の
病気の予防にもなり長生きにも
つながるのです。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です