若い猫の慢性腎不全!考えられる原因や症状、治療法とは?

猫の慢性腎不全と言うと
ほとんどの場合が中齢~高齢期
に発症する病気と言われています。

 

しかし、若齢(1歳未満や2~3歳)
で起きる可能性もあり、実際に
若い猫さんの慢性腎不全という
のも比較的見られます。

スポンサーリンク


猫の腎不全は、腎臓の機能が落ちて
体の老廃物をオシッコと して体の外
に排泄することができなくなって
しまう病気です。

 

そしてこれは、ほとんどが加齢に
よって少しづつ、腎機能が低下
していくことから起きるとされています。

 

猫は、もともと砂漠のような水分の
少ない地域に生息していたため、
オシッコを濃縮して出すという
体の構造があります。

 

そのため、腎臓の働きが多く、
過度に負担をかけ続けてしまう
ため、徐々に機能がダメになって
しまうのが慢性腎不全です。

 

では、なぜ若い猫さんで
同じ病気、状態になってしまうの
でしょうか・・。

ws000007猫の慢性腎不全!初期に分かりやすい症状や治療法は?

<若齢の猫の慢性腎不全の原因>

 

若い猫さんに起きる慢性腎不全や
腎臓病の原因はほとんどが先天性、
遺伝性のもので、以下のものが
挙げられます。

 

<腎異形成>

腎臓が発育不全で小さいまま
止まってしまった状態です。

異形成の場合は、ほとんどが
2歳までに発症して腎不全になって
しまいます。

 

ペルシャやノルウェージャン
フォレストキャットなどが
かかりやすい猫種として挙げられます。

 

<アミロイドーシス>

 

腎臓にアミロイドというタンパク
が沈着し、機能不全に陥れることで
腎不全の症状が出ます。

遺伝性以外でも感染症や腫瘍など
他の疾患が原因になることも
あります。

 

また、アミロイドは肝臓や膵臓
など他の臓器にも沈着すること
があります。

 

アビシニアンやシャム、ソマリ、
オリエンタルショートヘアー
などがかかりやすい猫種として
挙げられます。

ただし、遺伝以外の原因もあるため
何らかの疾患のある猫であれば
かかる可能性はじゅうぶんあります。

スポンサー リンク


<多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)>

 

遺伝子の異常によって、腎臓の
機能を破壊する多発性の腎嚢胞
ができてしまい、腎不全を起こす
病気です。

多くは3歳~7歳で発症します。

 

多発性嚢胞腎は、人間では難病指定
されている病気です。

 

ペルシャやアメショー、
スコティッシュフォールドなどが
かかりやすい猫種として挙げられます。

ws000004猫の腎不全!遺伝によって起こる腎臓病の多発性嚢胞腎とは?

 

<免疫介在性糸球体腎炎>

 

急性腎炎やネフローゼ症候群とも
呼ばれる病気です。

 

自己免疫が自分の腎臓を攻撃して
起きる病気で、腎臓の中の血液を
ろ過する働きを持つ糸球体に、
炎症が起き、腎不全になる病気です。

 

かかりやすい品種というのは
ないですが、若いオス猫、ウイルス
疾患(白血病、エイズ、FIPなど)、
腫瘍、炎症疾患などのある猫は
かかりやすいとされています。

猫の慢性腎不全の予防効果が期待できるサプリやおやつなど!

 

<先天性、遺伝性の腎不全の治療は?>

 

基本的には慢性腎不全の治療と同じ
ですが、腎不全を引き起こした上記
に挙げたような原因の病気が突き
止められれば、その病気の治療と
併用して腎不全の治療を行うように
なります。

 

ただし、腎異形成の場合には、
治療法はないため、腎不全の治療
のみになります。

 

他の病気に関しては、根本の
原因によっては、治療が可能な
場合もありますが、慢性腎不全と
同様に、ダメになった腎機能を
もとに戻すことはできません。

 

そのため、腎不全の治療自体は
ずっと続く状態になります。

 

そして、上記に挙げた若齢で腎不全
を起こす先天的な病気は治療も難しく
予後はあまり良くないのが一般的です。

 

ただし、早期発見で原因に対する
適切な治療ができ、腎不全の治療
の反応も良ければ、寿命を伸ばす
ことも可能です。

 

また、まったく原因が分からない
状態の若い猫での腎不全も
あります。

 

その他、尿結石による尿路閉塞、
ウイルス疾患、中毒などによる
急性腎不全がそのまま慢性腎不全に
移行する場合もあります。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です