慢性腎不全の猫のよだれについて!原因や対処、治療法は?

慢性腎不全で闘病中の猫さんで
よだれの症状がある猫さんも
比較的見られます。

 

このよだれは腎不全と関係がある
でしょうか?

 

考えられる原因や対処法についてです。

スポンサーリンク


<よだれの原因>

 

腎不全の猫さんに見られるよだれ
の原因として考えられる主なもの
は2つです。

*口の中の疾患

*腎不全によるムカつき

 

個体差はありますが、猫さんに
異変が現れて、検査の結果、
慢性腎不全と診断されるのは
ほとんどが高齢になってからです。

 

そして、猫さんは3歳を超える子の
7割以上は 何らかの歯周病になって
いるとも 言われるほど口腔内の疾患
が多い動物です。

 

ですから高齢の猫さんの場合は
何の処置や治療もしていなければ
ほとんどの子が口の中の衛生状態は
悪く、歯周病が悪化している状態です。

 

口の中をチェックしてみて
歯周病や口内炎が見られたら
腎不全とは関係なく口の中の
病気による、よだれと考えられます。

 

ただし、もともとある口の中の
疾患が腎不全によって体力や免疫力
が落ちてしまう、また毒素が溜まり
やすくなり、それによってさらに
症状が悪化してしまうと言うことも
あります。

高齢猫の口臭や口内炎,出血やよだれなどの原因や治療法は?

 

また、直接腎不全が関わるものと
して、腎機能が落ち、体の中の
老廃物が排泄できなくなるため、
血液中に毒素が溜まり、それによって
気持ち悪くなり、吐き気の症状が出ます。

 

そのため、、吐き気やムカムカした
状態のときに口の中に唾液が出て
きてそれがよだれとして出る場合が
あります。

 

また、これら両方の症状によって
よだれが出ているとも考えられます。

スポンサー リンク


<よだれの治療、対処法は?>

 

歯周病など口腔内の疾患が原因の
場合にはその原因となる病気の
治療をしないと治りません。

 

その原因の多くは歯垢や歯石の蓄積
によるものです。

 

これらの治療には全身麻酔を
かけての処置が必要になってきます。

 

しかし、腎不全の猫さんには、
基本的に麻酔はかけられません。
(麻酔薬を体外に排泄するのは
腎臓のため高いリスクを伴います)

 

ですから、口の中の状態、
また腎不全の進行具合によって
治療法はじっくりと検討する必要
があります。

 

何も処置できないような時は
対処療法として口腔内を清潔に
保つことや、痛みがあるような場合
にはステロイドの注射などで症状を
抑えたりなどの治療になることが
多いです。

猫の歯周病の薬や治療!抜歯にかかる費用は?

 

そして、腎不全の治療には、
吐き気を抑える薬などの処方も
あります。

 

また、輸液(皮下点滴)によって、
体の老廃物を排泄する手助けを
するため、上手くコントロール
できれば、吐き気を抑えることも
可能です。

 

その他、腎不全の治療として、
さまざまな薬が組み合わせて
使われますので、少しでも体の
状態が楽になれば、よだれなどの
症状も出にくくなってきます。

 

ただし、末期になってしまうと
よだれはもちろん、他の症状を
改善することは難しくなっていきます。

腎不全の猫のケアや看病!少しでも楽に長生きさせたいから!

 

<まとめ>

 

腎不全ではさまざまな症状や合併症
が起こり、その全ての症状を改善
していくことは難しいです。

 

しかし、少しでも体の状態を楽にして
あげて、苦痛を減らして生活させて
あげれるように最善の治療をしてあげる
ことが大事です。

 

そのために、状態や症状によって、
さまざまな薬や治療法が検討され、
組み合わされます。

 

より良い治療が行えるように
家での猫さんの様子をしっかりと
観察して、細かなことでもしっかり
と獣医師に伝えてくださいね。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です