猫の長期間の留守番,何日間なら大丈夫?ストレスや問題点は?

旅行に出かけるときなど、
愛猫はどうされていますか?

 

ペットショップや動物病院
などのペットホテルに預ける方も
多いですよね。

 

ただ、猫さんの場合は環境の変化に
は非常に敏感なため、ペットホテルで
の宿泊には、当然ながら不安や恐怖心
など、ストレスを抱えてしまいます。

 

スポンサーリンク


猫は慣れた環境がいい

 

昔から、ネコは家に付く・・
と言う言葉があります。
(犬は人に付く、ですが・・)

 

それほどネコは環境の変化を
嫌う動物です。

 

ネコにとっての幸せは安全な
寝場所が確保できていることと
満足な食事が得られることです。

 

そのため、知らないところに
預けられると食事をしなくなったり
恐怖でゲージの隅っこにうずくまり
動かない子なども多いです。

 

どうしても、ペットホテルなどの
場合には決して広いとは言えない
ゲージに入れられたままですし。

 

犬の場合には散歩などがありますが
猫の場合は基本的にゲージから出す
ことはありません。

 

食事もトイレもすべてゲージの中です。

ws000003

これが一泊程度であればまだ大丈夫
でしょうが、数泊となるとかなりの
ストレスになるのです。

 

もちろん、猫によって個体差もあり、
そこのスタッフにスリスリ甘えよう
としたり、食事も普通に食べる子も
いますが少数です。

 

ですが、そのような子でもやはり
違う環境に置かれているということ
は、確実にストレスにはなっている
のです。

 

留守番もストレスに!?

 

ですから1~3泊程度であれば、
食事をたっぷり用意して猫さんだけ
を家に残して留守番させるご家庭も
あるようですね。

 

しかし、1泊であればなんとか・・
ですが2泊以上というのは私は
否定的な立場です。

 

トイレも汚れますし、食事も
不衛生になります。
これらは猫にとって相当のストレスです。

 

特に猫にとってトイレ環境は非常に
重要です。

 

数日間、糞尿を放置してあるトイレ
で用を足すということは猫にとって
激しいストレス以外の何者でも
ありません。

スポンサー リンク


 猫だって寂しい

 

また、猫は放っておいても大丈夫、
長い留守番も平気、などと勝手な
ことを言われますが・・

 

私に言わせればとんでもない!
室内飼育の猫さんは、人との生活
の中で、飼い主と密接な関わりを
持って生活しています。

 

犬のように人に依存することは
ないですが、猫にとって飼い主は
仲間であり、家族です。

 

そんな人間がいなくなって何日も
って、猫にとっては当然寂しく、
不安にもなります。

また、退屈です。

 

もちろん、生活環境や猫さんの
頭数、年齢にもよりますが。

 

何泊なら大丈夫?

 

さらにどんな突発的なことが
起こるかも分かりません。
生き物ですから。

 

退屈で異物など噛んでる拍子に
飲み込んでしまったりとか・・
どこかに引っかかったり挟まったり
して動けなくなってたりとか・・

 

私だったら心配で気になって
それだけで自分が具合悪くなります^^;

 

猫の飼育や留守番については、個々
のご家庭によって違いますし、
それぞれの考えもあるでしょう。

 

しかし、私個人的には1泊ならさほど
問題はない、2泊でなんとか・・
3泊以上は非常に厳しいと思います。

ws000006

2泊であれば、必ずトイレは通常の
倍の数の用意が必要ですし、食事
についても工夫が必要です。

 

自動給餌器を活用するのもいいですが
万が一、停電になったときなど作動
しないと大変ですから、電池式など
の方がいいでしょう。

猫の自動給餌器おすすめ!ドライ&缶詰OKや分単位設定も!

またお水もこぼしてしまっても
大丈夫なように、数ヶ所に設置

 

その他、季節にもよりますが、
室温などにも注意が必要です。

 

ですから、私はやはり2泊以上で
あれば、キャットシッターを
頼みます。

 

猫はご飯さえ置いておけば多少の
お留守番は大丈夫!などと安易に
思わず、ちゃんと考えてあげてくださいね!

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です