猫の誤飲について!プラスチックやアルミホイル,おもちゃなど!

猫は獲物を捕まえて食べる!
という習性を持った動物です。

 

ですから、動くものは何でも
追っかけて捕まえますし、
その他、変わったものにも
何でも興味を示します。

 

ただ遊ぶ程度ならいいのですが、
何でも噛み付いて食べてしまう
子も多くいます。

 

異物を食べるという癖を持って
いる猫さんもいます。

スポンサーリンク


猫の誤飲は、しばしば重篤な
症状になることも多く、注意が
必要です。

 

特に子猫や幼猫、若い猫さん、
好奇心旺盛な猫さんなどは要注意
です。

 

遊んでるだけかな~・・
なんて思ってたら食べちゃったりとか。

 

食べようとしているわけじゃなく
噛み付いているうちにいつの間にか
飲み込んでしまってたり・・
なんてことも多いですね。

 

基本的には、猫が食べてしまい
そうなものは置いておかないと
いうのがベストなのですが。

 

猫が誤飲してしまったらどうすれば?

誤飲することが多いものって?

その後の状況や経過は?

ws000010猫の誤飲癖、異食症の原因や対処法と他に見られる異変とは?

 

猫が誤飲してしまうものは
実にさまざまなものがあります。

 

オモチャや玩具、布製のもの、
ヒモやゴム製のもの、ビニール、
アルミホイルに猫砂、などなど。

 

小さなものや少しならそのまま
便に出てくることも多いため
ほとんど問題にはならないのです
が、万が一腸に詰まったりして
腸閉塞を起こしてしまうと命の
危険が伴います。

 

そのため、猫が誤飲してしまった
場合はそのモノが何なのか?
大きさはどのくらい?などが
その後の経過の重要なカギとなるのです。

 

また、飲み込んだものによっては
吐かせることが可能なモノも
ありますが、その場合は基本的に
誤飲後、1時間以内です。

 

<アルミホイルや金属片>

 

猫はアルミホイルのシャカシャカ
した音は基本的に嫌いな子が多い
のですが、何かの食品に付いて
いたアルミホイルなどはその匂い
や味に釣られてカミカミして食べて
しまう子がいます。

 

アルミホイルや何らかの金属を
含むモノであればそれほど大きな
塊を飲み込むことはあまりありません。

 

そのため、便に出てくることも
多いです。

 

また、アルミホイルや金属などは
レントゲン検査で写るため、飲み
込んでいるか?どこにあるか?
というのが分かるため、状況が
把握でき、流れも追って検査できる
ため、比較的安心と言えます。

 

また、早い時点での対処が可能
ため、予後も良好です。

 

胃の中にある時点で大きさに
よっては吐かせることも可能です
し、吐かなければ内視鏡での除去
も可能です。

 

腸を通過するサイズであれば
そのまま様子を見ることもあります。

スポンサー リンク


<プラスチック、製のもの>

 

プラスチック製品はレントゲンに
写らないため、飲み込んだもの
の形状や大きさの情報が重要に
なります。

 

そのモノの残りがある場合など
はそれを持って病院に行きましょう。

 

飲み込んだのが確実な状況で
あれば、状況によって吐かせるか
大きさや形状の確認のために
内視鏡検査、また除去できるもの
であれば内視鏡で取り出すようになります。

 

小さな破片程度であれば様子を
見て大丈夫なことも多いです。

 

<おもちゃなど布製のもの>

 

これも同じくレントゲンに
写らないため、大きさや形状の
情報が重要です。

 

また、布製品は飲み込んだ時
には、小さくても水分を吸って
胃の中で膨張していることが
多々あります。

 

小さなものでも膨らんで大きく
なってしまっては、吐き出せない
場合や胃から出て行かない場合、
腸を通過しない
状況も出てくるのです。

 

ですから、吐き出せない場合は、
内視鏡検査やバリウム検査によって
状況を確認する必要があります。

 

内視鏡検査は全身麻酔が必要
なるため、まずどの検査、処置を
行うか?はその時の状況と獣医師
の判断によって変わってくるもの
と思われます。

 

<ヒモ、ビニール、ゴムなど>

 

これらもレントゲンには写りません。

 

またヒモやゴムなどは長さが
あるため、非常に流れにくく、
詰まりやすいものとして厄介です。

 

時間が経ってしまうと吐き出せなく
なることも多いです。

 

胃に留まっているうちはまだ
いいですが腸に流れてしまうと
ヒモや糸、ゴムなどは腸に絡みつく
ように巻き込み腸重積や腸閉塞を
起こすことが非常に多いです。

 

このような状態はバリウム検査
によって分かる場合もありますし、
頻繁な吐き気など腸閉塞の症状
出ていることが多いです。

 

また、内視鏡によって胃の中に
確認されたとしても長さによって
は、半分は腸に流れて行ってる
こともあったりと、内視鏡では
対処できない場合などなかなか
大変な状況が多いのです。

 

ですから開腹手術になる可能性が
一番高いのが長さのあるヒモや
ゴム、糸などなのです。

ws000006猫に誤飲の疑いが!?内視鏡検査や開腹手術の場合の費用は?

 

また、猫のオモチャは猫じゃらし
などヒモが付いているものが多い
ですしね。

 

いずれにしろ、猫さんが何か食べて
いるのを見た場合にはそのモノを
確認し、残りがあればそれを保管し
動物病院に電話をして聞いてみる
のが一番です。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です