猫の病気

猫の腎不全を早期発見する検査!腎機能マーカーSDMAとは?

猫の宿命とも言われる腎不全。
早期発見が非常に難しい厄介な
病気の一つですね。

 

腎臓の機能が落ちてきて、
血液検査ではじめて異常値が
発見されたとき、すでに腎臓の
75%の機能が失われている状態
です。

 

そして、その失った機能はもう
戻ることはないのです。

スポンサーリンク


つまり、何らかの異変に気付いて
検査をしても例えば腎臓の50%が
機能していれば検査値に異常は
見られない・・と言うことです。

 

ですから実際に腎不全を発症して
いても75%の機能が失われる状態
まで進行しないと発見ができない
言うことです・・でした。
これまでは・・

 

しかし、もっと早くに腎機能
の測定ができるSDMAという
バイオマーカーの検査が2016年
7月より可能になったのです!

 

<SDMAとは?>

 

SDMA(対称性ジメチルアルギニン)
は、細胞内代謝のうちの
L-アルギニン-NO経路を調節する
因子の一つでそのほぼすべて(90%)
が腎臓から排泄されるため、糸球体
濾過率の指標となります。

 

つまり、CRE(クレアチニン)やBUN
と同じく腎臓の機能の評価ができます。

 

そして、CREが腎機能の75%が
失われないと上昇しないのに対し、
SDMAは、腎機能が平均で40%
失われた時点で上昇します。

 

また、CREの値は筋肉量に影響
を受けるため、加齢によって筋肉量
が落ちた猫さんなどの場合は、実際
よりもCREが低く出ることもあります。

 

しかし、SDMA筋肉量に左右
されることもないのです。

ws000004猫の腎不全!CRE(クレアチニン)とBUNの数値で見るステージは?

スポンサーリンク


 

このようなことから、SDMA
これまでの腎不全の指標となる
検査よりも早期発見ができると
言われています。

 

SDMAでは、CREに比べて17ヶ月
(犬では9.5ヶ月)早期に腎不全を
発見できると言われています。

 

また、かなり信頼性の高い検査と
言うことでIRISの慢性腎臓病の
ガイドラインにも取り入れられ
ています。

 

IRISは国際獣医腎臓病研究グループ
で、CREの数値によるステージ分類
の指標などを出しています。

スポンサーリンク


ただし、新しい検査ということも
あり、実際の現場ではその有用性
にはまだ疑問があるという話も
聞こえてきます。

 

それは、このSDMAの腎不全の
早期発見というのが「慢性腎不全」
だとは断言していないところです。

 

確かにこの会社のSDMAの説明
や紹介を見ても、腎臓病、腎機能
という言葉しか出ておらず、
慢性腎不全という言葉はないのです。

 

同じ腎不全と名前が付いても
急性腎不全と慢性腎不全では
まったく病態は違うもので、経過
も予後も違います。

 

そして、猫の死因のトップに
挙げられる猫の宿命とも言われる
腎不全は慢性腎不全なのです。

 

期待したいのは慢性腎不全の
早期発見ですから。

 

そこのところが少し引っかかると
言う意見も出ていますし、実際
まだ新しい検査なのでそこまでの
検査実施頭数もいないため、実際の
有効性は分からないところでもあるようです。

 

実際に慢性腎不全であっても
早期に異常が発見できるのか?
もう少し様子を見る必要がありそうです。

 

もちろん、猫の場合は急性腎不全
から慢性腎不全に移行する場合も
多いため、急性腎不全を早く発見
して治療すれば慢性腎不全の予防
になるとは言えます。

 

いずれにしろ、その他の検査と
併用して腎機能を評価する必要
があります。

ws000007猫の腎不全の治療、予防のカギ!血中たんぱく質AIMとは?

 

しかし、やっておいて損はない検査
ですし、早期に発見できれば素晴ら
しいことですから、高齢の猫さんで
腎不全が気になる方は一度、獣医師
に相談してみてはいかがでしょう。

 

現在では、ペットドッグなどの
健康診断のコースにSDMAの検査も
含まれているところも多くなってきています。

 

SDMAの検査は、外注で専門の
検査機関での検査になります。

 

慢性腎不全での早期発見の効果に
期待したいところですね!

スポンサーリンク







関連記事

  1. 猫の病気で人間に移るのは?意外に多い人畜共通感染症とは!
  2. 猫の腎不全でBUN測定不能の数値オーバー!その後の経過など!
  3. 猫の寄生虫(回虫,鉤虫,条虫など)種類や症状,お薬や治療費は?
  4. 猫の腎不全に痛みはあるの?腎臓機能低下による体の状態は?
  5. 猫の膿胸は怖い!胸に膿がたまる病気の原因や症状と治療法は?
  6. 猫のフィラリア症について!予防は必要?その症状や治療など!
  7. 猫が風邪をひいて食欲がない,ごはんを食べない時の対処法は?
  8. 猫の慢性腎不全(まとめ)治療,闘病~最期まで,私が思うこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP