猫の歯周病の薬や治療!抜歯にかかる費用は?

3歳のネコの80%はすでに
歯周病になっていると言われています。

 

口の中の衛生環境は若いうち
から注意していかなくては
いけないということですね。

 

どうしても、動物の場合には
自分で歯磨きをすることが
できません。

スポンサーリンク


ですから、そこは飼い主さんが
してあげる必要があるのですが
小さな頃から慣らしておかないと
なかなか難しいのが現状です。

 

歯周病の予防は、歯垢を溜めない、
除去することですから、歯磨きや
それに代わるデンタル用品などを
上手に活用していく必要があります。

ws000015歯磨きを嫌がる猫にはこれ!おすすめのデンタルケアおやつ!

 

では、歯周病になってしまったら
どうすればいいのでしょうか?
こちらでは猫の歯周病の治療に
ついてまとめていますので参考に
してください。

 

猫の口腔内トラブル

 

猫の口腔疾患は症状や場所に
よって、主に口内炎、歯肉炎、
歯周病があります。

 

また、破歯細胞性吸収病巣という
破歯細胞(はしさいぼう)が歯を
溶かしていく病気も多いです。

歯周病は歯肉炎が進行し、悪化
していった状態です。

 

歯がグラグラしたり、歯グキ
からの出血、口臭、よだれなど
の症状が見られるようになります。

 

歯周病の直接の原因は、歯垢の
中の細菌が歯周ポケットで増殖、
炎症を起こすことによるものです。

 

ですから、どんな猫さんでも
歯周病になる可能性はありますが
慢性的な疾患やウイルス疾患など
で免疫力が落ちている猫さん
悪化しやすい傾向にあります。

猫の歯の特徴!歯周病やトラブルが多い原因と予防法は?

 

歯周病の治療や薬は?

 

軽い歯肉炎の状態であれば、
歯みがきやデンタル用品で口腔内を
清潔に保ち、状態に応じて抗生物質
や炎症止めの投与で症状が落ち着く
場合もあります。

 

しかし、重度の場合や歯周病に
なっている時には、お薬や歯磨き
での対処では治すことはできない
ため、歯垢や歯石を除去する必要
があります。

 

また、歯がグラグラしている
場合には抜歯も必要になります。

 

処置後は、炎症が治まるまで
状況に応じて抗生物質や炎症止め
の投与を行います。

 

その後もまた、歯垢、歯石が
溜まらないようにお家での
デンタルケアも必要になります。

 

そして、歯石除去や抜歯などは
動物の場合、全身麻酔になります。

スポンサー リンク


抜歯にかかる費用は?

 

抜歯や歯石除去を行うには、
まずは全身麻酔をかけられる状態
かどうかの血液検査が必要になります。

 

麻酔薬を解毒、排出するのは
肝臓と腎臓です。
そのため、肝臓、腎臓の機能が
しっかりしていないと全身麻酔を
かけることができません。

 

また、高齢の場合やその他に
何らかの症状がある場合などは
レントゲンや超音波などの検査
が必要になることもあります。

高齢猫の全身麻酔や手術のリスクは?体に与える影響や負担は?

 

検査で問題なければ、全身麻酔を
かけて、処置を行うことになります。

 

麻酔時間にもよりますが、特に
問題がなければ日帰りできる
ところが多いです。

 

口の中の状態や抜歯の本数にも
よりますが、これらすべてを
合わせると平均で2万円前後
ほどの費用がかかります。
(病院によっても変わります)

 

歯がなくなって大丈夫?
と思われる方もいらっしゃいますが
基本的に猫は食事を丸呑みします
ので、歯がなくなってもさほど
影響はありません。

 

状態の悪い歯を残しておくよりは
抜いてしまった方が猫さんも楽です。

 

歯周病は悪化すると顔が腫れたり
食事が食べられなくなったりします。

 

また、常に口の中に細菌が繁殖
した状態というのは腎臓にも
良くありません。

 

全身麻酔とか抜歯とかって聞くと
不安になってしまうかもしれません
が、早めに処置してあげることが
猫さんのためですから。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です