猫用品・便利グッズ

猫の首輪は危ない?首吊り状態の危険も!必要性と安全性は?

 

飼い猫と言えば・・昔から
サザエさんのタマのように
鈴の付いた首輪をしている
イメージが大きいですよね。

 

でも、今は飼い猫に首輪を
付けない方も増えてきています。

 

そもそも猫にとって首輪は必要?
首輪によって危険な目に合う
ことも多いですよね。

 

付けててもすぐに落っことして
きちゃったり^^;

 

っと言うわけで、今回は猫の首輪の
必要性と安全性について考えて
みました。

 

スポンサーリンク


<首輪の役割とは?>

 

そもそも首輪と言うものは、
犬では鎖を付けて逃げないように
するためのものでした。

 

散歩をさせるときなども
そうですよね・・
でも今では、散歩には胴輪が
多く使われるようになり、首輪は
していないワンちゃんも増えて
きましたよね・・

 

首輪をしている小型犬などは
今の時代、必要だからではなく、
ファッションアイテムの一つと
して付けているような感じですね。

 

そして、猫はどうかと言うと、
その昔(平安時代)には、犬のように
つながれて飼われていた時代が
ありましたが、その後1600年頃に
放し飼い令というものが出て以降、
放し飼いになったようです。

 

その後、現代に至るまで基本的
には猫は放し飼いです。

 

つまり、現在はつないで置くための
道具として首輪は使われているの
ではないことがほとんど・・
ということですね。

ws000012

 

<首輪の必要性>

 

首輪としての役割の必要もない
のに首輪を付けるというのは、
現在では野良猫と間違われない
ため、飼い猫の証という意味合い
が強いですね。

 

飼い主はいるぞ!という
ことでしょうか^^

 

これは外に出る猫さんにとっては
やはり必要ですよね。

 

野良猫と間違われて保健所に
連れていかれたり、虐待されて
しまう可能性もありますから。

 

 

しかし、室内飼育の猫さんはと
言うと・・必要ないのでは?
とも思ってしまいそうですが・・

 

これはある意味、飼い主さんの
好みの問題だとも思われますね。

 

猫と言えば首輪・・というイメージ
もありますし、今は可愛い首輪が
いっぱいありますしね♪

 

また、居場所が分かるように鈴を
付けたい!
なんて方もいらっしゃいますしね。

 

ただ、室内飼育の場合、猫に首輪
が必要なの?となると・・
答えはNO!ということになる
のではないかと思いますが・・

 

飼い主さんの自己満足のためで
あって猫にとって首輪のメリット
は何もないわけですから^^;

 

ただ、万が一、家出してしまったり
などと考えると・・どうなのでしょうね。。

 

スポンサー リンク


<首輪の危険性>

 

今はさまざまなタイプの首輪が
出ていますので、危険性の低い
タイプのものも多くなっています。

 

強い力が加わった時に外れる
タイプのものであれば、危険な
ことはほとんどないです。

 

しかし、そうでないタイプのもの
や、ゴムが使ってあって伸びる
タイプのものなどは、どこかに
引っかかった時などには、首吊り
状態になったり、首が締まって
しまうことがあります。

 

基本的に猫の首輪は、頭から
抜くことができる程度の余裕
必要だと言われています。

 

どこかに引っかかってしまった
場合に、抜いて脱出するためです。

 

しかし、猫の場合には何かに
引っかかってしまった時など咄嗟に
パニックを起こして、暴れること
があります。

 

そうなってしまうと、体や首を
ひねったりして抗うため、首輪
がよじれてどんどん首を絞めて
しまう結果につながるのです。

ws000010

また、首の周りを後ろ足で
引っ掻いてて、首輪に爪が引っか
かってしまうこともあります。

 

首輪に慣れていない子や、首輪
が気に入らない子などは首輪を
外そうとして、口に引っかかって
さるぐつわ状態になることも。

 

また、首輪が緩すぎる場合や、
大きな飾りが付いているような
場合も、毛づくろいで体を舐めて
いるときに口にひっかかって
同じくさるぐつわ状態で大暴れ
してたりとか・・。

 

日中、猫さんだけでお留守番して
る時間が長いお宅などはちょっと
心配ですね。

 

 

<安全性の高い首輪は?>

 

前述しましたが、負荷がかかると
外れるセーフティバックルが
付いたタイプのものが一番安全
です。

 

ただし、このタイプの首輪も
体重の軽い子猫の場合や、その
状況によっても、機能が発揮
されないときもあります。

 

また、お外に出る子の場合は、
このタイプの首輪だと頻繁に
落っことしてくる・・
と言った悲しい声が多いのは
事実です^^;

 

でも、それが外れたからこそ
無事に帰って来れたのかも!?
と思えば首輪の一つや二つ・・
三つや四つ・・^^;

 

あと、やはりいくら可愛いから
と言ってあまり大きな飾りの
付いたものは、グルーミング
の邪魔にもなりますし、猫さん
には不向きと言えます。

 

鈴は好みですが、子猫のときから
付けてれば慣れますが、慣れて
いない成猫につけたら嫌がります。
暴れることもあります。

 

もちろんそれでも付け続けて
いればいずれは慣れますが・・

 

音がする必要性がないのであれば、
あまり猫さんに精神的な負担は
かけない方がいいのでは?
と思いますが。

ws000009

 

今では可愛い愛玩動物として
猫を飼う方が多いですが、
本来、猫は小型の肉食獣です。
つまり猛獣と同じネコ科に属する
動物なのです。^^;

 

あまり人間の好みを押し付け
すぎて、ネコさんにストレスを
与えないようにだけ、注意して
くださいね!

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事

関連記事

  1. 老犬、老猫ホーム(生涯預かり)とは?システムや料金など!
  2. 猫の歯を削る方法や費用は?その効果や必要性、リスクとは?
  3. 猫をリラックスさせるサプリやフェロモンなどのおすすめ!
  4. 猫が水嫌いな理由は?でも泳げないわけじゃないその謎とは!
  5. 猫が冬に水を飲まないことで増える病気や注意することとは?
  6. 猫のマーキング・尿スプレー行為をやめさせる方法とは?
  7. 大型猫をペットで飼えるのか?ネコ科の大型と言えば・・
  8. 猫の食事の適正量と肥満猫のダイエットのための食事管理法!
  9.  

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

わが家の女王猫たち

猫の島

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP