猫の耳がちぎれてる(裂けてる)?考えられる原因や治療法は?

キャーッ 猫の耳が切れてる?
なんて、帰宅した猫さんの耳
を見てビックリ!なんてこと
は比較的あることかもしれません。

 

室内飼育ではまず見られませんが
お外に出る猫さんであれば
しょうがないのかもしれませんね。
やはりお外は危険がいっぱいですから。

スポンサーリンク


ちなみに猫の耳の付け根近くにある
切れ込み(?)のような二重の所は、
『縁皮嚢(えんぴのう)』と言い
俗に『耳袋』と言われている部分です。

 

猫の耳はみんなこの部分があり、
ちぎれたわけでも裂けたわけでも
なく正常な耳ですのでご心配なく。

ws000003
出展:http://cat.pluie.jp/?eid=50

何のために必要なの?
なんて思ってしまいますが・・
その役目ははっきりとは分かって
いません。

 

しかし、猫の聴覚は抜群で、
猫はその聴覚で獲物の位置を
正確に把握して狩りをして生きて
きた動物です。

 

そのため、猫は耳を自在に
動かすことができます。
音源を突き止めるため、耳を
前方向や後ろ方向に倒したり
傾けたりしますよね。

 

この時に、耳の根元近くが耳袋の
形状だと、自在に耳を動かしやす
く、そのためなのでは?と言われています。

 

確かに耳袋の部分には軟骨が
入ってなくてふにゃっとしてますもんね。

 

っと言うことでこの
『縁皮嚢(えんぴのう)』は、
気にする必要はないです。

 

そうではなくて、今回は、
明らかに耳が切れてる~!状態に
ついてどうしたらいいか?についてです。

スポンサー リンク


<耳がちぎれる原因は?>

 

猫の耳たぶ(耳介)がちぎれてる、
切れてる状態で考えられるのは、
ほぼケンカです。

 

猫はケンカなどで耳に負傷を
負いやすいです。
顔の端っこに付いているせいも
ありますね。

 

また、負傷すると分かりやすい
目立ちやすい部分ですよね。

 

毛も少なく、目につきやすい部位
ですから。

 

そして、猫の耳は薄いため、
切れやすい・・と言うのが
ありますね。

 

また、猫同士のケンカは主に
引っ掻く、噛み付く、いわゆる
爪と牙が武器になります。

 

そして猫の爪も牙(犬歯)いずれも
鋭く尖っているため、スパッと
切れやすいのです。

 

結構な凶器なのです^^;

ws000013

お外に出る猫さんはどうしても
縄張り争いなどでケンカが多く
なってしまいますよね。

 

特にオス猫の場合は・・
さらに未去勢のオスなんかだと
さらに激しいバトルです。

 

百戦錬磨のような古傷が顔中に
あるような貫禄のあるお顔して
る子いますよね^^;

 

こういう猫さんはほぼ100%
耳たぶ切れてますよね・・
しかも数箇所・・ww
そしていびつなカタチになってたり・・

 

ん~ こればっかりは・・
猫にケンカするなっ!と言っても
聞くわけがないのでお外に出さな
いくらいしか予防法はないですしね。。

 

また、室内飼育でも多頭飼育の
お宅などでは猫同士のケンカで
耳たぶや頭周辺など負傷すること
もたまにありますが。

 

その他、何らかの耳や皮膚の病気
によって痒みや違和感などがある
場合、自分で引っ掻きすぎて傷を
作ってしまうこともあります。

 

しかし、この場合は傷のような状態
にはなりますが、耳たぶ自体が
ちぎれたり裂けたりする状態にまで
なることはほとんどないです。

 

また、耳にできる腫瘍(がん)
よって、だんだん耳たぶが潰瘍状
になり削れていくような・・
無くなっていくような状態が
見られる病気もあります。

 

この場合はある日突然ではなく
徐々に耳の異変が進行していきます。

猫の扁平上皮癌の症状や治療法は?顔面の傷や皮膚炎に要注意!

 

<治療法は?>

 

耳たぶが切れてしまったりした
場合、状態にもよりますが、
治療法としては傷口が化膿しない
ように抗生物質など処方される程度です。

 

猫の場合、耳たぶを縫ったりなどの
治療をすることはほとんどないです。

 

猫が引っかきやすい場所、また
軟骨部分ということもあり、
縫合しても非常にくっつきにくい
場所なのです。

 

見かけは悪く痛々しく見えるかも
しれませんがそのまま傷が治る
のを待つようになります。

 

だから、耳のちぎれたような
猫さんをお外で良く見かけるのですが。。

 

<さくらねこ>

 

今、殺処分される不幸な猫を
減らそうという取り組みが広がり
野良猫を捕獲して不妊手術を施し
元の場所に戻す「TNR活動」が各地
で行われるようになりました。

 

この場合、手術した証に耳に
V字の切れ込みを入れます。
オスは右耳、メスは左耳です。

 

麻酔中にレーザーメスによって
切れ込みを入れるため痛みも
なく、出血もほぼなく、傷口も
キレイです。

 

この切れ込み部分が桜の花びら
に似ていることからこの処置を
施した猫は「さくらねこ」と呼ばれています。

 

飼い猫であってもお外に出る子
で未避妊、未去勢の場合は野良猫
と間違われて捕獲され手術されて
いることもあります。

 

数日帰ってこず、帰宅したら耳に
こんな切れ込みが入ってたらその
可能性もあるかも・・

ws000014
ws000015
出展:http://matome.naver.jp/

野良猫と間違われることも
あれば、ケンカしてケガをして
しまったり、事故に合ったり、
病気に感染したり・・とお外に
出るということはさまざまなリスク
があります。

できれば室内飼育を徹底すると
いいですね。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です