猫の鼻の掃除やお手入れって必要?鼻水や鼻づまりに注意!

猫の顔の真ん中にチョコンと
あるお鼻。
とっても可愛いですよね~
大きな目のように自己主張
しすぎず控えめな感じで^^

 

でもその小ささとは対照的に
大きな役割を果たしているんですよ!

 

そんな可愛い大事な鼻って
お手入れとか必要なの?

スポンサーリンク


 

人間だったら、鼻をかんだりする
けど猫って・・

汚れとか溜まらないのかな~?

 

なんて考えてしまうことありますよね!

 

また、猫は鼻水や鼻づまりなどを
起こす病気も多いですので、
鼻垂れを目撃することもあるのでは?

 

<猫の鼻の掃除は必要?>

 

通常、健康な猫さんで鼻水や鼻づまり
などの症状がなければ特にお手入れの
必要はありません。

 

食事後など目立った汚れが付いて
いる場合には、拭いてあげてもいい
ですが普通は猫が自分でキレイに
しますし。

 

ウチでは良く、トイレの紙砂の
カケラが鼻の穴にちょっと入り
混んでいるのを目撃することが
ありますがいつの間にか勝手に
取れてます^^

 

ただし、鼻水や鼻づまりなどの
症状があり、常に鼻が垂れていたり
汚れていたりする場合にはキレイに
してあげる必要があります。

 

しかし、この場合はその前に原因に
なっている病気の治療が先ですね。

 

基本的に健康な猫さんでは
鼻を垂らしたり、鼻づまりを起こす
ようなことはないです。

 

ですから猫さんにそのような症状
が見られたらまずは病院に行きましょう。

スポンサー リンク


<猫の鼻水や鼻たれ、鼻づまりの原因は?>

 

鼻の症状は、いわゆる猫カゼと
言われるカリシやヘルペスなど
のウイルスによるものが多いです。

 

これらは早期に治療すれば症状は
治まりますが、体力が落ちている
時や冬場などには再発しやすく、
また悪化すると慢性化してしまう
場合もあります。

 

そして、悪化した場合は膿のような
ドロったとした鼻汁が出るように
なります。

また、血が混ざることもあります。

 

その他、アレルギーによるものや
鼻にできる腫瘍などによっても
鼻水(膿)や鼻づまりを起こすこと
もあります。

 

<鼻のお掃除、お手入れ方法は?>

 

鼻の状態や病気にもよりますが、
基本的には鼻から出ている分泌物
を拭いてあげることです。

 

出ているのを発見したら早めに
拭いてあげるのがベストですが、
無理であれば1日1~2回は拭いて
あげましょう。

 

放置が長くなると固まって
しまって取れづらくなってしまいます。

 

ガーゼやキッチンペーパー
などをぬるま湯で湿らせて
優しく拭き取ってあげましょう。

 

鼻水が鼻腔に固まってしまって
呼吸が苦しそうな場合には鼻づまり
を解消してあげることが大事ですが
これはなかなかご自宅では難しいと思います。

 

人間の赤ちゃんの鼻水吸引器など
を使ってらっしゃる方もおられます
が、嫌がる猫さんも多いです^^;

 

また、鼻水だけの問題ではなく、
鼻腔そのものが炎症で狭くなって
いる可能性もあります。

 

まずは根本的な原因である病気を
治すことが大事ですので、病院で
鼻づまりの症状も相談するのが
ベストです。

 

またペチャ顔の短頭種の猫さん
など(ペルシャやエキゾチックなど)
は鼻水など鼻の症状が出やすく、
悪化しやすい猫種です。

猫の鼻のしくみや役割!湿っている理由や鼻の病気で多いのは?

 

<猫の鼻は重要な器官>

 

人でも鼻水や鼻づまりは多い症状
で、大した病気ではないイメージ
ですが、猫の場合は基本的に口で
呼吸をすることはなく、鼻呼吸です。

 

だから鼻づまりは非常に苦しい
状態と言えます。

 

また、キャットフードも舌で
味わっているわけではなく、匂い
で判断しています。

 

ですから猫にとっては鼻が
利かなくなるということは重要な
問題なのです。

 

食事もしづらくなり、鼻のせいで
食欲がなくなる猫さんもいます。

 

犬ほどではないにしろ、猫の
嗅覚も抜群です。
猫はさまざまな場面でその嗅覚を
使って生活しています。

 

つまり、鼻が正常に機能できない
状況というのは猫さんにとっては
相当のストレスであり、生活の質
を著しく下げてしまうと言うことです。

 

大事にしてあげましょうね! 

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です