飼育について

猫の鼻の掃除やお手入れって必要?鼻水や鼻づまりに注意!

猫の顔の真ん中にチョコンと
あるお鼻。
とっても可愛いですよね~
大きな目のように自己主張
しすぎず控えめな感じで^^

 

でもその小ささとは対照的に
大きな役割を果たしているんですよ!

 

そんな可愛い大事な鼻って
お手入れとか必要なの?

スポンサーリンク


 

人間だったら、鼻をかんだりする
けど猫って・・

汚れとか溜まらないのかな~?

 

なんて考えてしまうことありますよね!

 

また、猫は鼻水や鼻づまりなどを
起こす病気も多いですので、
鼻垂れを目撃することもあるのでは?

 

<猫の鼻の掃除は必要?>

 

通常、健康な猫さんで鼻水や鼻づまり
などの症状がなければ特にお手入れの
必要はありません。

 

食事後など目立った汚れが付いて
いる場合には、拭いてあげてもいい
ですが普通は猫が自分でキレイに
しますし。

 

ウチでは良く、トイレの紙砂の
カケラが鼻の穴にちょっと入り
混んでいるのを目撃することが
ありますがいつの間にか勝手に
取れてます^^

 

ただし、鼻水や鼻づまりなどの
症状があり、常に鼻が垂れていたり
汚れていたりする場合にはキレイに
してあげる必要があります。

 

しかし、この場合はその前に原因に
なっている病気の治療が先ですね。

 

基本的に健康な猫さんでは
鼻を垂らしたり、鼻づまりを起こす
ようなことはないです。

 

ですから猫さんにそのような症状
が見られたらまずは病院に行きましょう。

スポンサーリンク


<猫の鼻水や鼻たれ、鼻づまりの原因は?>

 

鼻の症状は、いわゆる猫カゼと
言われるカリシやヘルペスなど
のウイルスによるものが多いです。

 

これらは早期に治療すれば症状は
治まりますが、体力が落ちている
時や冬場などには再発しやすく、
また悪化すると慢性化してしまう
場合もあります。

 

そして、悪化した場合は膿のような
ドロったとした鼻汁が出るように
なります。

また、血が混ざることもあります。

 

その他、アレルギーによるものや
鼻にできる腫瘍などによっても
鼻水(膿)や鼻づまりを起こすこと
もあります。

 

<鼻のお掃除、お手入れ方法は?>

 

鼻の状態や病気にもよりますが、
基本的には鼻から出ている分泌物
を拭いてあげることです。

 

出ているのを発見したら早めに
拭いてあげるのがベストですが、
無理であれば1日1~2回は拭いて
あげましょう。

 

放置が長くなると固まって
しまって取れづらくなってしまいます。

 

ガーゼやキッチンペーパー
などをぬるま湯で湿らせて
優しく拭き取ってあげましょう。

 

鼻水が鼻腔に固まってしまって
呼吸が苦しそうな場合には鼻づまり
を解消してあげることが大事ですが
これはなかなかご自宅では難しいと思います。

 

人間の赤ちゃんの鼻水吸引器など
を使ってらっしゃる方もおられます
が、嫌がる猫さんも多いです^^;

 

また、鼻水だけの問題ではなく、
鼻腔そのものが炎症で狭くなって
いる可能性もあります。

 

まずは根本的な原因である病気を
治すことが大事ですので、病院で
鼻づまりの症状も相談するのが
ベストです。

 

またペチャ顔の短頭種の猫さん
など(ペルシャやエキゾチックなど)
は鼻水など鼻の症状が出やすく、
悪化しやすい猫種です。

 

ws000006猫の鼻のしくみや役割!湿っている理由や鼻の病気で多いのは?

スポンサーリンク


<猫の鼻は重要な器官>

 

人でも鼻水や鼻づまりは多い症状
で、大した病気ではないイメージ
ですが、猫の場合は基本的に口で
呼吸をすることはなく、鼻呼吸です。

 

だから鼻づまりは非常に苦しい
状態と言えます。

 

また、キャットフードも舌で
味わっているわけではなく、匂い
で判断しています。

 

ですから猫にとっては鼻が
利かなくなるということは重要な
問題なのです。

 

食事もしづらくなり、鼻のせいで
食欲がなくなる猫さんもいます。

 

犬ほどではないにしろ、猫の
嗅覚も抜群です。
猫はさまざまな場面でその嗅覚を
使って生活しています。

 

つまり、鼻が正常に機能できない
状況というのは猫さんにとっては
相当のストレスであり、生活の質
を著しく下げてしまうと言うことです。

 

大事にしてあげましょうね! 

スポンサーリンク







関連記事

  1. 猫のストレスと寿命の関連性は?免疫力低下が招く病気とは?
  2. 猫との添い寝にはリスクがある?病気の感染や危険なことは?
  3. 保護猫の病気や必要な検査など動物病院でかかる費用は?
  4. 猫の発情が頻繁にある!原因や対処法と注意するべきこと!
  5. 猫を抱っこ好きにしたい!抱っこ嫌いな理由とその対処法は?
  6. 猫の避妊,去勢手術後に見られる性格や行動などの変化とは?
  7. 猫に好かれたい!喜ぶポイントを抑えたコミュニケーション術!
  8. 猫の去勢手術の方法!傷口を縫うのと縫わない場合の違いは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP