猫の腎不全に痛みはあるの?腎臓機能低下による体の状態は?

高齢猫の3頭に1頭は腎不全だと
言われるほど猫には宿命とも
言える腎不全。

 

病気になってしまった猫さんを
持つ飼い主さんは心配ですよね。

かわいそう・・
辛いのかな・・
痛いのかな・・

気になりますよね。

スポンサーリンク


実際、腎不全になってしまった
猫さんの体の状態はどうなっている
のでしょう。

 

こちらでは、慢性腎不全になった
猫さんが体に感じる苦痛、不快
とはどのようなものなのか?
痛みはあるのか?についてまとめて
いますので参考にしてください。

猫の腎不全にオメガ3脂肪酸の効果は?血流改善と腎臓の関係性!

 

腎臓の働きについて

 

腎臓は、主に体の老廃物(尿素)を
オシッコとして体の外に出す働きを
しています。

 

その他、体の中の水分や電解質
(ナトリウム、カリウム、リン、
マグネシウムなど)を調節し、血液
をアルカリ性に保つ働きをしています。

 

また、血液を造るホルモンや
血圧を調節するホルモンを分泌
しています。

 

猫の腎不全とは、腎臓の機能が
落ちて体の老廃物をオシッコと
して体の外に出すことができなく
なってしまう病気です。

 

通常、腎臓の働きが30%以下に
低下した状態を腎不全と言います。

猫の腎不全!CRE(クレアチニン)とBUNの数値で見るステージは?

 

また、腎臓は老廃物を排泄する
以外にも血圧を調整したり、ホルモン
をつくったり、体の中の水分量や
ミネラルを調整する働きをしています。

 

猫の場合、血液検査にて異常値
が出る時点で腎機能の70%以上
は失われている状態ですので、
この時点で腎不全という診断が下ります。

(*現在は腎機能の40%が失われた
段階で分かるとされる新しい検査法
が期待されています。)

猫の腎不全を早期発見する検査!腎機能マーカーSDMAとは?

 

腎不全のときの体の状態は?

 

腎不全になると、老廃物を十分に
排泄できなくなるため、体内に
不必要なものや、有害な毒素、
余分な水分が溜まってきます。

 

尿毒素物質が溜まることにより、
尿毒症の症状が出てきます。
この尿毒症性物質の溜まり具合を
見るのがBUN,CREの数値です。

 

また、造血ホルモンの分泌が低下
するため、貧血になります。
そして、血圧の調整ができず高血圧
にもなります。

猫の慢性腎不全に伴う貧血の原因や症状、治療法は?

さらに電解質の調整ができなくなる
ため、高カリウム血症になったり、
体の中に水分が溜まったりします。

 

では、体の中が上記のような状態
になった時にはどんな症状が出る
のでしょうか?

 

猫さんが感じる症状とはどんな
ものなのでしょうか?

スポンサー リンク


腎不全の症状・痛みについて

 

尿毒症の代表的な症状としては、

*全身のだるさ
*食欲低下
*思考力の低下
*吐き気
*むくみ
*高血圧
*口臭
*息苦しさ

などが挙げられます。

 

また、高カリウム血症になると、

*手足のしびれ
*意識薄弱
*だるさ、吐き気

などもあります。

 

これらは、人間で考えるなら
すべて本人が感じることであり、
それを口に出して伝えることが
できます。

 

しかし、しゃべらない猫さんに
とってはどうなのか?
また、それでなくても体調の悪さ
を隠す動物の猫さんにとっては?

 

*動かなくなる
*寝てばかりいる
*暗いところに隠れて出てこない
*ごはんを食べない
*吐き気
*ふるえる
*口臭がきつくなる
*時折、苦しそう(呼吸が荒い)

 

恐らく飼い主さんが見て分かる
異変と言えばこのくらいでは
ないでしょうか。

 

また、腎不全の進行具合や治療に
よっても症状はさまざまです。
個体差もあります。

 

ですが、この腎不全という病気の
特徴から言って、激しい痛みなど
があると言うものではないのです。

 

もちろん、辛いのは十分辛い
でしょう。
呼吸が息苦しくなるのは辛いと思います。

猫の腎不全で見られる呼吸困難(早い,荒い)の原因や治療法など!

その他は・・
力が入らない、ふらふらする、
だるい、気持ち悪い、意識が遠のく
と言った感じが主なのではないかと
思われます。

 

最期が近くなると、意識障害や
痙攣などの神経症状が出て、
そのまま昏睡に入ります。

 

この時点ではもはや意識もなく、
だるさも辛さも感じることは
なくなっています。

猫の腎不全の末期~最期の延命や安楽死の選択について!

 

どんな病気でも愛猫さんの元気の
ない姿を見るのは辛いものですよね。

 

ましてや腎不全(慢性)は治ることの
ない病気です。

 

でも、後で後悔の残らないように
できることを精一杯やってあげたいですね。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です