猫のニュース・エンタメ

野良猫を排除すべき!?この議論の意図と人間の愚かさとは?

あらゆる手段を講じて、外猫を
野外から完全に排除すべきだ!

 

この主張をしているのは、
アメリカで発行された書籍
『Cat Wars(ネコ戦争)』の
著者でピーター・マラ氏と
クリス・サンテラ氏。

 

ピーター・マラ氏は、
スミソニアン渡り鳥センター長で
クリス・サンテラ氏は作家さんだと
言うことです。

スポンサーリンク


あ~なるほどな~・・
外猫が鳥や希少動物に与える危害
のことが言いたいわけですね。

 

この問題については、確かに各国で
取り上げられ、さまざまな取り組み
が行われています。

 

そしてそれは日本でも同様です。
だから彼らの言いたいことは分かります。

ws000004野性化した猫が悪魔になるとき!世界自然遺産に与える影響!

スポンサーリンク


 

しかし、あらゆる手段を使って
排除・・って、
まるで皆殺しにしろとでも言ってる
ように私には聞こえますが・・

 

どうやら彼らは、米国で広く行われ
ている活動、飼い主のいない野良猫
を捕まえて、不妊手術を施し、元いた
場所に戻すこと・・を批判しているそう。

 

そんなのでは根本的な解決には
ならない!と。

 

日本でも近年広く行われるように
なったTNR活動がこれと同じで、
野良猫に不妊手術をして元いた場所
に返すという取り組みですね。

 

ま~確かに、猫の繁殖力はスゴイ
ですし、次から次へと違う場所から
新たな猫が流入してきて猫の数は
減らない・・という問題があると
も言われていますし、これは米国
でも同じようですね。

 

だから、猫の数が増えすぎて画期的
な打開策もない現状では、安楽死を
はじめ、あらゆる選択肢を検討すべきだ!

 

という主張らしいです・・
つまり殺せ・・と言いたいわけですよね。

 

ピーター・マラ氏は、
動物たちの非人道的な扱いを奨励
しているわけではない。

野良猫は保護して里親を探すか
アニマルシェルターに入れる。
でも里親も見つからず、シェルター
に空きがなかった場合は安楽死
させるしか方法がないでしょ。

 

っと弁明されているようですが、
つまりは殺せってことですよね。

スポンサーリンク


これに対して、米国の動物愛護団体
が黙っているわけもなく、また
マスコミや一般の読者も交えて
さまざまな議論が交わされている
ようですが・・

 

確かに近年、野性化した「ノネコ」が
絶滅の恐れがあるとされる希少種
の小動物を捕食し、深刻な影響を
与えていると問題になってはいます。

 

「ノネコ」は、侵略的外来種ワースト
100に入っています。
(生態系や人間活動への影響が大きい
生物のリスト)

 

「ノネコ」とは、私たちが良く知って
いるイエネコが野生化したものです。

 

日本でも、希少な固有種の
小動物などが猫の捕食によって
絶滅の危惧にさらされている地域
も多くあります。

ws000005北海道の猫の島!天売島が抱える課題~猫と海鳥、人との共存~!

 

私は希少な鳥や小動物のことは
良くわかりませんが同じ動物として
守れるものなら守りたいとも思います。

 

確かに、猫のハンターとしての
才能はずば抜けたものがあり、
肉食ですから生きるためには、
小動物を捕食しないといけません。

 

それによって、希少動物が絶滅の
危機に・・という原因の一つにも
なりうるとは思います。

 

しかし・・それだけが絶滅の原因
なのではないですよね・・
野良猫だけがそれら小動物の最大の
脅威というわけではないのです。

 

それをまんま猫のせいにして
排除しろっ!て
どこまで人間は傲慢なのだろう・・

 

人間が豊かで便利な暮らしを求める
ために、森林伐採や宅地開発など
動物たちの住む自然を破壊してきて
いるのは何なのだろう・・

 

猫だってもとはと言えば、
ネズミ取りのために人間が
連れてきた動物です。

 

そして無責任な飼い方をしたり、
捨てたりしたせいで野良猫が
増えていって今の現状があるのです。

 

そもそも、人間は何の権利があって
野性で暮らす動物たちを排除しよう
としたり、保護しようとしたりするのか・・

 

人間が一番偉いとでも思ってんのか?
神にでもなったつもりか?

 

こんなこと言うと希少動物の
保護に取り組んでらっしゃる方々
に批判を受けそうですが・・

 

素朴な疑問も浮かんできた。

そもそも人間が野性の生態系を
管理する必要があるのか・・

それは何のためでしょう?

 

もし、何らかの動物が絶滅すると
すれば、それは自然の生態系の
成り行きではないのか?

 

弱肉強食・・それが自然界の掟では
ないのか?

 

また、自然環境の違い、生息できない
状況・・そうやって昔いた動物たち
がいなくなっていく・・

マンモスも恐竜も・・

それが時代の流れではないのか?

 

そしてその原因を作ってきたのは
紛れもなく人間ではないか。

 

人間はいつもそう・・
自分たちの都合で自分たちのために
好き勝手に環境を破壊する。
自分たちの満足のために動物を利用する。

 

そして必要なくなったら、都合悪く
なったら排除しようとする。

 

どこまで人間は傲慢なのだろう。
これを愚かと言わずなんというの
だろうか。。

スポンサーリンク







関連記事

  1. キャッツイン東京(猫カフェ併設宿泊施設)の料金やシステムは?
  2. 長崎のネコ駅長は地域猫のネルくん!利用客を和ませ人気者に!
  3. 嘉例川駅のアイドル!観光大使に就任の看板猫の仕事っぷりは?
  4. 保護猫活動に大阪市獣医師会が取り組み!子猫リレー事業!
  5. 猫の島!全頭に不妊手術の実施が行われた男木島のその後は?
  6. 神戸ふるさと納税で猫グッズがもらえるにゃっ!寄付額や商品は?
  7. 英メイ新首相と残留猫ラリーの相性は?世界中が注目するワケ!
  8. 宝くじセンターの招き猫マコちゃんのプロフや当選履歴など!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP