猫の夏バテ!嘔吐や食欲不振などの症状がある時の対処法!

夏バテによる食欲不振

 

暑~い夏。ムシムシの夏。
人間も猫も暑さに参ってしまう
そんな季節。

 

夏バテと言う言葉もあるように
まさにバテバテになってしまう
人も・・そして猫もいますね^^;

 

猫の場合は基本的に年がら年中、
寝てばかりいるので、分かり
にくいかもしれませんが^^

スポンサーリンク


でも夏場の猫はだら~っと
体が伸びてますよね!
長っ!って感じ^^

 

しかし、伸びてるだけならまだしも
あきらかに夏バテでグッタリして
いるようではちょっと心配になりますよね。

 

猫は夏場は、食事量や運動量を
減らすことで体温上昇を抑えます。

 

ですから、食欲不振動かない・・
という症状があってもある程度で
あれば問題ないと言えます。

 

食事量が減っても少しずつ食べて
水を飲んでいればあまり心配は
ないでしょう。

 

ただし、高齢の猫さんや、他に
何らかの基礎疾患がある猫さん
の場合は早めの対処が必要に
なることもあります。

 

また、嘔吐などの症状がある
場合には状態を良く観察してみる
必要があります。

 

<夏バテによる嘔吐>

 

夏バテによる嘔吐については
食欲不振に伴う、空腹時間が多く
なることや、夏場は抜け毛が多い
こと頻繁にグルーミングをする
ため、毛玉が溜まりやすいこと、
ストレスによる胃腸炎
などがあります。

 

嘔吐した時間や状況、嘔吐物など
をチェックしましょう。

 

定期的に毛玉を吐く猫さんなどは
夏場には毛玉を吐く回数が増える
こともあります。

 

また、食欲不振で胃の中が空っぽ
の状況が続くと白っぽい泡状の
胃液や、黄色い胆汁を吐くこと
があります。

 

暑さによって体の不調があり、
そのストレスなどによって胃腸炎
を起こして吐く場合もあります。

 

毛玉以外の嘔吐で、食欲がまったく
なく、食べないような状況が2日以上
続く場合には病院に連れていきましょう。

スポンサー リンク


少しづつでも食べていれば、
様子を観察しつつ、なるべく快適な
室温や環境を整えてあげて、食事の
一回量を減らし、回数を増やすなど
して様子を見てみても大丈夫だと思います。

 

また、食欲はなくても水だけは
しっかりと飲めるように水置き場を
増やしたり、猫が好んで飲むような
給水器を用意したりするといいですね。

猫の自動給水器おすすめ!たくさんお水を飲んで健康増進にゃっ

 

<注意点や対処法>

 

さらに、夏場の抜け毛対策として
こまめにブラッシングしてあげましょう。

 

基本的に夏場の室内環境は、
人間も快適と思える温度設定
26℃~28℃にしておけば大丈夫
です。

 

ただし猫は自分で快適な場所を
探しますので、自由に他の部屋
やお気に入りの場所などに行き来
できるようにしておきましょう。

 

猫にも個体差があり、暑くても
平気でご飯ガツガツ食べる子も
いれば、気温が上がると一気に
食欲が落ちる子もいます。

 

若い健康な猫さんであれば、
夏バテ症状があっても、あまり
心配することはありません。

 

しかし、頻繁な嘔吐が続く場合や
他にも何らかの異変が見られる
ような時には一度病院に連れて行く
と安心ですね。

 

また、上記にも書きましたが、
高齢猫さんや何らかの病気がある
猫さんは、注意して観察するように
してください。

 

食事もそうですが、水は飲めて
いるのかなども大事です。

 

また、熱中症の症状には注意
してください!

猫の熱中症の原因や症状は?応急処置や役立つ予防対策まとめ

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です