猫のまぶたが赤く腫れる!眼瞼炎の原因や症状と治療について!

猫の眼瞼炎とは・・

 

眼瞼炎は、猫のまぶた(眼瞼)に
炎症が起きる皮膚病の一種です。

 

猫では比較的見られる病気で
慢性化しやすいため、早めの
治療が大事になります。

スポンサーリンク


症状は?

 

目の周りが赤く皮膚炎のような
状態になり、脱毛します。

 

涙や目ヤニが多くなり、まばたき
を頻繁にするようになります。

 

悪化すると浮腫のように腫れ上がる
こともあり、化膿して膿が出たりと
目が開けづらくなる状態になります。

 

また、痒みや痛みを伴うため、猫は
自分で引っ掻いたりして症状が悪化
する場合も多くあります。

 

進行すると、膿や分泌物が固まって
かさぶた状になってしまい、上下の
まぶたがくっ付いてしまって目が
開かなくなることもあります。

 

悪化した状態を放置しておくと
慢性化してしまい、非常に治りづらく
なってしまいます。

 

原因は?

 

猫の眼瞼炎の原因はさまざまな
ものが考えられます。

 

*虫刺されや異物による外傷などに
よる外的要因の場合。

*逆まつげや眼瞼内反症など、まぶた
の先天的・後天的な異常による場合。

*細菌や真菌、寄生虫などの感染に
よる場合。

*結膜炎や角膜炎など目の病気に
よって二次的に起きる場合。

*アレルギーなどによる皮膚炎に
よる場合。

 

その他、目の症状をを伴うウイルス
疾患などから眼瞼炎になる可能性が
あります。

 

他の病気が原因になって、眼瞼に
まで炎症を起こしてしまう場合と、
何らかの病気によって猫さんが目や
その周囲に対する違和感によって
自分で引っ掻いてしまい、眼瞼炎
になってしまう場合もあります。

 

つまり、ほんのちょっとした
きっかけでも眼瞼炎は発症しや
すいとも言えるのです。

 

治療法は?

 

猫の眼瞼炎の治療は、その原因に
よって変わってきます。

 

元の疾患がある場合はその治療と
並行し、まぶたの炎症を抑える
治療を行うようになります。

 

目の洗浄をして、汚れや分泌物の
かたまりを除去し、点眼薬や軟膏、
飲み薬、注射などで治療していきます。

 

また、それと同時に猫さんが自分で
引っ掻かないようエリザベスカラー
の装着も必要になります。

 

完治するまでしっかりと治療
続けないと、繰り返したり、慢性化
してしまうので注意が必要です。

スポンサー リンク


予防法は?

 

眼瞼炎になった原因が特定できた
場合は同じ病気を繰り返さないよう
に予防できることは予防しましょう。

 

また、眼瞼炎にはなっていなくても
涙や目ヤニなど何らかの症状が現れ
たら、初期症状の可能性あります。

 

さらに、他の目の病気の症状が
疑わしい場合でも早めに治療する
ことで眼瞼炎の予防はできます。

 

一番怖いのは、猫が自分で引っ掻く
ことによって、眼球に傷が付き、
それが悪化してしまうことです。

 

角膜炎などは悪化すると失明
招くこともあります。

 

また、猫さんの爪は常に短めに
切っておくことも、悪化を防ぐ
ことになります。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です