猫のはげ!お腹や背中,尻尾や耳,鼻など部位により原因も様々!

猫の皮膚、被毛の見られる
異常で分かりやすいのが脱毛
(ハゲ)です。

 

猫は基本的に一年中、毛が抜け
るので、全体的な抜け毛は気に
する必要はないですが、部分的に
皮膚が見えるようなハゲになって
いる場合などは何らかの病気が
疑われます。

スポンサーリンク


猫のハゲ(脱毛)はそれ以外の症状
(痒みや炎症)があるかないかに
よっても考えられる原因は変わってきます。

 

また、猫がその部位を舐めたり
引っ掻いたりしてハゲになった
のか?
何もしないでもハゲになっている
のか?
によっても変わります。

猫が痒がる!春から夏に多くなる皮膚の病気や対処法は?

そして、原因によっては、症状が
出やすい部位などの特徴もあります。

 

まずは、猫にハゲが見つかったら、
猫の様子を良く観察することが
大事です。

 

また、ハゲの広がり具合や、皮膚
の状態もチェックしておきましょう。

 

<顔や耳などに見られるハゲ>

 

顔面や顔周り、耳のフチなどに
見られる脱毛で激しい痒みを
伴う場合は、疥癬(かいせん)
などのダニの寄生によるものが
疑われます。

 

ただし、完全室内飼育の猫さんの
場合は感染する可能性はほとんど
ないです。

WS000003猫の激しい痒み!猫の疥癬(かいせん)の原因や症状と治療費は?>

 

痒みはあまりなく、円形のハゲが
できるような場合は、真菌(皮膚
糸状菌症)が疑われます。

 

皮膚が少し赤くなったり、フケが
出ることもあります。

WS000004猫の真菌症(皮膚糸状菌症)の原因と症状、治療や費用は?

 

また、食物性アレルギー
食器に対するアレルギーなども
顔周辺に症状が出やすく、皮膚
の赤みや脱毛が見られます。

 

猫のアレルギー性皮膚炎は、
全身に起こりうる病気ですが、
そのアレルギーの原因により
皮膚症状が出現する場所も変わります。

WS000005猫のアレルギー性皮膚炎!皮膚の発疹やフケ、痒みの原因と治療!

 

その他、白猫や色素の薄い猫
の鼻や耳周辺、口周りなどの
毛の薄い部分に皮膚炎のような
症状がみられたり、脱毛してくる
ような場合は「日光性皮膚炎」
可能性もあります。

 

日光性皮膚炎は、紫外線が皮膚に
当たることにより、炎症を起こす
ため、毛が薄い部分に発症する
傾向があります。

WS000006猫の日光皮膚炎は春から夏に白猫が要注意!症状や治療法は?

スポンサー リンク


<背中から腰~尻尾に見られるハゲ>

 

背中~腰にかけての脱毛や
皮膚の炎症はその多くが
ノミアレルギーによる皮膚炎です。

 

ノミの寄生によるもので痒みを
伴います。
完全室内飼育でノミの寄生が
ない場合にはこの可能性はないです。

 

また、尻尾の付け根に見られる
脱毛や皮膚炎、ベトベトした感じ
の汚れはスタッドテイル症
言われるオス猫に多く発症する
皮膚病が疑われます。

WS000007猫のスタッドテイル症(尻尾の付け根のベトベト)の原因や治療!

 

<お腹や内股などに見られるハゲ>

 

お腹などの皮膚の柔らかい部分も
真菌(皮膚糸状菌症)による場合があります。

 

また、お腹や内股などは、
猫が舐めやすい部分なので、
ストレスなどにより過剰な
グルーミングをすることにより、
ハゲになってしまうこともあります。

 

その他、何らかのアレルギーに
関連して過剰グルーミングを
行うことにより、好酸球という
細胞が多く見られる肉芽腫が
できる「好酸球性肉芽腫」という
皮膚病の可能性もあります。

 

この病気にもタイプがあり、
痒みを伴うもの、痒みのないもの、
前足や後ろ足、横腹(背中の両脇)に
症状が出るものなど色々です。

WS000008猫の好酸球性プラーク(肉芽腫)の原因や症状と治療法は?

 

<部位は関係なく全身に見られるハゲ>

 

痒みなどを伴わず、皮膚自体に
異常がなく脱毛だけを起こす
場合は心因性の脱毛症が疑われます。

 

この場合は、毛が根元から
ごっそり抜けるため、脱毛箇所
はキレイな皮膚が見える状態で
人で言う円形脱毛症のような
感じです。

 

全身どこにでも起こりうるハゲ
で痒みもないため、猫がそこを
気にする素振りは見られません。

 

同じく心因性による脱毛で過剰
グルーミングによるものの場合は、
猫が自分で舐めることができない
後頭部~背中にかけては脱毛は
起こりません。

 

また、舐めて起きるハゲの場合は
毛をこそげ取っている感じになる
ため、毛の根元は短く残っている
ことがほとんどです。

WS000009猫の心因性脱毛症の症状や治療法!過剰グルーミングに注意!

 

猫のハゲの原因はさまざまです。

また、痒みや違和感などがある場合、
猫は自分で舐めることにより症状を
悪化させてしまうことが多いです。

 

異常な脱毛を発見したら早めに
受診して原因を突き止め治療しましょう。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です