猫の口腔がん!悪性黒色腫(メラノーマ)の原因や症状と治療法!

猫の悪性黒色腫とは?

 

猫の口の中にできる腫瘍で
多い原因の一つにメラノーマ
と呼ばれる悪性黒色腫という
ガンがあります。

 

メラノーマは人間では
「ほくろのガン」とも呼ばれる
皮膚がんの一種です。

スポンサーリンク


<症状は?>

 

猫の悪性黒色腫(メラノーマ)の
多くは、口の中に発生すること
が多く、口腔がんの一種とされています。

 

口腔内の粘膜、歯茎や舌などに
発生する腫瘍で、最初はほくろの
ような黒色の斑点状のものが見られます。

 

徐々にほくろのようなものが
大きくなり、イボやできもの
のような形状になっていきます。

 

潰瘍のような感じや、びらん
ようにただれた感じで現れる
場合もあります。

 

腫瘍が大きくなったり、症状が
進行すると、口臭やよだれ出血
などの症状が見られます。

 

また、嚥下障害食欲不振など、
食事を食べにくそうにしたり、
食べたいのに食べられないような
感じに見える場合もあります。

 

高齢の猫での発症が多いとされます。

 

皮膚や眼球など口以外の場所にも
発生します。

 

猫では眼球での発症率も比較的高く
猫の眼球内の腫瘍ではメラノーマが
一番多いとされています。

 

 <原因は?>

 

人間のメラノーマと同じく、
メラニンという色素を作る
色素細胞(メラノサイト)のがん化
によるものですが、その原因は
解明されていません。

 

初めは、ほくろのようなシミの
ような状態から出現するため、
また口の中なので見えにくく
発見するのが遅れやすい腫瘍です。

 

そのため、病気が分かったとき
には、すでにリンパ節や他の臓器
(肺など)に転移していることも多く
厄介な腫瘍です。

スポンサー リンク


<治療法は?>

 

外科的切除が一番の治療法として
選択されます。

 

腫瘍の広がりが見られる場合は
広範囲に渡っての切除が重要
なり、顎の骨まで切除する場合
あります。

 

しかし、進行が早い場合や、
切除が難しい部位にある場合
他の臓器に転移が見られる場合
などは、手術を行わずに抗がん剤
や放射線治療などを行うことも
あります。

 

また、切除できたとしても、
再発の可能性も高く、その後の
経過観察が重要となります。

 

眼球に発生している場合は
眼球切除の手術が行われます。

 

いずれにしろ、発生部位や
進行状況などから、最善の方法
を見つけて治療するようになります。

猫の癌(ガン)治療にかかる費用!手術や放射線,温熱,凍結など!

 

予防法は?

 

メラノーマ自体の原因が解明されて
いないため、予防というのは難しい
ですが、口の中にできる場合は、
口腔内の衛生状態との関連性も
示唆されています。

 

そのため、口の中の歯垢や歯石
などに注意して、キレイに保って
あげることも大事になります。

 

特に猫の場合は口内炎や歯周病
などの口腔疾患が非常に多いです。

 

若い猫でも口腔内に何らかの
異常が見られる場合も多く、
中~高齢になればなるほどその
確率は高く、ほとんどの猫が
口腔内の病気を持っているとも
言われます。

猫の口内炎の原因や症状と治療や治療費は?よだれや口臭!

 

歯磨きの習慣も大事ですし、
歯石などの予防のためには
ドライフードが推奨されます。

 

また、早期発見が大事ですので、
日頃から猫の口の中をチェック
する習慣や、食事中の猫の状態
よだれや口臭など、気をつけて
見るようにしましょう。

猫の癌にアガリクスの効果とは?抗がん作用は期待できる?

 

また、眼球などは、ほくろの
ようなシミ状のものができて
いないか?
目が見えにくそうな感じはないか?

なども気をつけて見てあげましょう。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です