猫の皮膚のできものから膿や血が!原因や考えられる病気は?

猫の皮膚から出血!?
化膿しているのか膿が!

 

皮膚のなんかできものがあるな~
と思っていたらそこから血が出て
ビックリ!なんてこともありますよね。

 

皮膚のできものと言っても
さまざまなモノがあります。

 

イボ状のものや丘疹のように
なっているもの、赤いものや
黒っぽいもの、白っぽいもの
などなど、その原因によって
さまざまです。

スポンサーリンク


そして、その原因にもよりますが
そのできものから出血したり、膿
が出てくるような場合は大きく
分けて3つの可能性が考えられます。

WS000001

<できもの(腫瘍)の状態によるもの>

 

猫の皮膚にできる腫瘍やイボの
ようなできものの中には、はっきり
した輪郭を形成せずに引っかき傷
や潰れたおできのような病変を
形成するものがあります。

 

そのような病気の場合には、
常に出血や膿が出ている状態が
続く場合もあります。

 

扁平上皮癌などはそのような状態
が見られることが多いです。
扁平上皮癌は顔周りに発症すること
が多いです。

猫の扁平上皮癌の症状や治療法は?顔面の傷や皮膚炎に注意!>

 

<腫瘍の自壊によるもの>

 

腫瘍(できもの)の種類にもよりますが
急激に大きく成長するものなどの
場合には、表面の皮膚が足りなくなり
裂けてしまうことがあります。

これを自壊(じかい)と言います。

 

そうすると皮膚の下の腫瘍組織から
出血したり膿が出たりします。

 

腫瘍が自壊した場合には、皮膚が
元に戻ることはないので、腫瘍
ごと手術で取り除いてしまわない
かぎり、その状態が治ることは
ありません。

 

猫の場合は乳腺腫瘍(乳がん)など
に良く見られる症状です。
(他の腫瘍でも見られます。)

猫の乳がんの自壊!痛みや出血,膿など症状と治療法について!

スポンサー リンク


<猫が舐めたり引っ掻くことによるもの>

 

これは、どんな腫瘍やイボ、皮膚炎
などでも見られますが、猫は痛みや
痒み、違和感などがある場合はその
部位をしきりに舐めたり噛んだり
引っ掻いたりします。

 

それによって皮膚が炎症を起こした
り、できものなどの表面が薄い皮膚
が剥がれたりして、出血したりする
ことがあります。

 

また、しつこく舐めることによって
炎症を起こし、化膿して膿が出てく
ることもあります。

 

これにより、元は小さな病変でも
どんどん悪化して広がってくる
場合もあります。

 

また、できものという感じとは
少し違いますが、ケンカなどに
よる傷などが中から化膿して
傷口が破裂して膿や出血などが
見られることもあります。

 

 

いずれにしろ、出血や膿が見られる
状態のできものの場合は放置して
ても自然に治る可能性は低いです。

 

猫に見られるできものは悪性の腫瘍
も多いです。
早めに受診しましょう。

猫のシコリの80%はガン!悪性度の高い腫瘍と特徴は?

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です