猫が皮膚を切った?切り傷がある場合の対処法や注意すること!

ケガ?事故?

 

室内飼育の猫さんの場合は
あまりないですが、外出する
猫さんは良く、ケガをして
帰ってきますね。

 

ケンカであったり、何かに
ぶつかったり、引っ掛けたり
といった事が多いようです。

 

今回はそんな猫さんのケガの中で
皮膚が切れている、切り傷の対処法
についてです。

スポンサーリンク


 

猫は皮膚が薄いため、状況にも
よりますが、スパッと切れて
しまうことも多いです。

 

また、ケンカなどによる場合でも
猫は爪も牙(犬歯)も鋭いため、
噛まれて逃げようとすると刃物で
切ったようにスパッといって
しまいやすいのです。

 

ですから、室内飼育の場合でも
多頭飼育などの猫さんは、ケンカ
によって皮膚が切れた状態になる
こともありますね。

 

なるべくそのようなケガを防ぐ
ためにも爪だけは常に切って
おくようにすると良いです。

 

また、軽いケガだと思っていても
交通事故に遭っているという可能性
もあるため、全身状態を良くチェック
しましょう。

 

<皮膚が切れている場合の治療>

 

基本的には、あきらかに皮膚が
切れている場合は動物病院に連れて
行き、処置をしてもらいましょう。

 

傷の状態や大きさにもよりますが
特に消毒などなにもせず、なるべく
猫が舐めないように注意しながら
病院に連れていくのが一番です。

 

傷の状況によって、獣医師の判断で
縫合することもありますし、また
消毒と化膿止めなどで傷口が治って
くるのを待つ場合もあります。

 

傷を負った状況にもよりますが、
基本的にケンカなどの咬傷で
あれば、中から化膿しないように
抗生物質をしっかりと与えること
が大事です。

 

また、傷口を舐めないようにする
対策(エリザベスカラーなど)が
必要になってきます。

 

ほんの小さな切り傷であれば、
そのまま放置しても治ってしまう
こともありますが、万が一化膿
してしまうと、表面の切り口は
塞がっても中に膿がたまって悪化
してしまうこともあります。

 

この場合は強い痛みが出て腫れてきます。

スポンサー リンク


<自宅での対処法>

 

できれば早めに病院に連れて行く
のが一番ですが、すぐには連れて
行けない場合などには・・

 

基本的には傷口を消毒したり
薬を塗ったりすることはしない
方がいいです。

 

また、テーピングや包帯などを
巻いたりということもしないで
ください。

 

傷口の部位にもよりますが、
消毒や薬を塗ることはかえって
刺激になり猫がその部分を過剰に
舐めてしまう場合があります。

 

また、テープなどもそうです。
猫はほとんど舐めて剥がして
しまいます。

WS000005

傷口に血液や汚れなどが
こびりついているような場合は
少し水で流してやるか、水で湿ら
せたガーゼなどで拭き取ってあげましょう。

 

そして、なるべく猫さんが
舐めないようにするといいのですが
これはなかなか難しいですよね。。

 

多少は舐めてしまっても、
その後、病院に行って化膿止めの
薬を処方してもらえば大丈夫です。

 

傷口の状態や大きさにもよりますが
時間が経ってしまうと縫合などの
処置ができなくなるときもあります
のでなるべく早めに病院に行きましょう。

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です