猫のニュース・エンタメ

イギリスの首相官邸に勤務する猫のラリー!首相交代後も続投!

EU離脱もネコは残留!?

英首相官邸には、猫が勤務している・・

ということをご存知の方は
少ないかもしれないですね。

 

そう、この猫とは、ネズミ駆除係
として命を受けた立派な公務員の
扱いなのです。。

スポンサーリンク


今でこそ、日本でもさまざまな
ところでネコ駅長に始まり、ネコ
船長やネコ女将などなど猫の活躍
がスゴイことになっていますが・・

 

イギリスの首相官邸で、ペット兼
ネズミ駆除係として猫が飼育される
のはなんと500年前からの伝統(?)
になっているそうなんです。

 

っというのもイギリスの首相官邸
は建物の一部を16世紀から使用
しているそうなんです。
スゴイですね^^;

 

また、首相官邸のあるダウニング街
は昔からネズミが多く住み着いて
いたそうなんです。

 

そのため古い建物の立て付けが悪い
部分でネズミの出入りが激しいよう
で、そのためネズミ駆除係の猫が
必要なんですと。

WS000004

スポンサーリンク



出展:http://p.twipple.jp/2ngqN

『首相官邸ネズミ捕獲長』と
言う肩書きも公式に与えられ、
正式に雇用されているんですよ。

 

キャメロン首相のネズミ捕獲長は
ミックス猫の『ラリー』くん。
イギリスでは大人気の一番有名な
ネコですね。

 

元は保護猫で4歳のときに保護施設
から首相一家に引き取られた猫
なのだそうです。
WS000000
出展:http://matome.naver.jp/

そしてこのラリーくんは、
オバマ首相に面会したことも
あるという大物ぶり!

WS000001
出展:http://matome.naver.jp/

そして、このたびのキャメロン首相
の辞任後もそのまま官邸にて勤務を
続投することになったそうなんです!

 

首相報道官は「ラリーは公務員で
あり、キャメロン家のペットではない」

と説明したそうですが・・

 

つまり、次期首相のメイ内相に
そのまま仕える(?)ということですね。

 

ま~簡単に言えばご主人様が変わる
わけですが・・

 

そうなんだ・・
面白いシステムだな~っと不思議
な感じもしますが。。

WS000003
出展:http://nekoen.mobi/post-119/

さすが「国家公務員」といった
ところでしょうか・・
でもペットとしても飼われて
いたわけですからキャメロン一家
も寂しいのでは・・?と思ってしまいますが。。

 

しかし、首相が変わってもそのまま
勤務を続投するとはさぞやいい働き
をするのかと思いきや!!

スポンサーリンク


実はラリーくん、見た目同様の
おっとりさんで、ネズミ取りの
勤務はもはや果たせていないそう
なんです。^^;

 

最初のネズミを捕まえるのに
9ヶ月もかかり、しかもその後は
目の前を走り回るネズミも
知らん顔・・なのだそう。

 

そしてイギリスではこんなニュースまで・・

youtube 森野剛

 

見るからにおっとりそうですもんね~^^;

つまり今やネズミ取り捕獲長と
いう任務はまったく果たせて
おらず、ただの飼い猫になっている
そうなんですよ^^

 

それなのにそのまま首相官邸に
ということはマスコット的で人気
が高いのでしょうか・・

 

ま~国民的人気の猫なので
知名度も抜群ですからそのまま
置いておこう・・という感じでしょうかね^^

WS000005
出展:http://matome.naver.jp/

書籍化もされているくらいなので
イギリスでは、ロイヤルファミリー
の次くらいに人気なのかもしれませんね^^

 

近頃の猫は、栄養たっぷりの
キャットフードを食べていれば
ネズミなんて食べないですしね~

 

狩猟本能で動くものを捕獲しよう
とする本能はありますが、それも
個体差ありますし。

 

今の猫は何の不自由もなく
甘やかされてぬくぬく育って
ますから^^ 猫じゃらしなどで
遊んでも本物の小動物はビビって
しまう猫もいますし^^;

 

今やネズミに追いかけられて
噛まれてるネコもいるくらいですし・・

 

ちなみに首相官邸でのネズミ駆除
を現在行っているのは、ニュース
でも話されているように財務大臣
一家が以前から飼っていたメス猫
の「フレイヤ」さんだそうです。

 

一応ラリーくんと共に2匹で任務に
当たるということにはなっている
ようですが・・ラリーくんは活躍
してないようなので。。

 

フレイヤさんは、以前家出をし、
3年ほど野良生活をしていた
そうで、その時に身につけた
野生の勘を駆使し、ネズミを
一掃しているそうですよ^^

WS000006
出展:http://matome.naver.jp/

確かに貫禄ありますね~^^

イギリスでは、史上2人目の女性
首相が誕生しましたし、人間も猫も
女は強いってことでしょうかね~^^

 

ま~でもラリーくんにとっては
住み慣れた場所にそのままいて
可愛がってもらえるということが
一番いいのかもしれないですね・・

WS000007英首相官邸に残留の猫ラリーと外務大臣の猫のバトルが勃発!

ネズミは捕れなくてもみんなに
癒しを与え続けて愛されている
のでしょうから^^

WS000004英政府がラリー・パーマストンに続き3匹目の新たな猫を採用!

ネズミに噛まれないようにだけ
今後も注意してほしいですね^^

スポンサーリンク







関連記事

  1. 世界37ヶ国を旅したクロネコとは?飼い主といつも一緒♪
  2. 和歌山の市立博物館のねこ館長が人気者!地域猫が館長に?!
  3. 神戸ふるさと納税で猫グッズがもらえるにゃっ!寄付額や商品は?
  4. ククラチョフ猫劇場2017日本公演の日程やチケット情報まとめ!
  5. 福島の芦ノ牧温泉駅で活躍するモフモフ猫駅長らぶが大人気!
  6. ベンガル猫専門の猫カフェが岡山の倉敷に誕生!料金や詳細など!
  7. 縁側ネコ農法ってどんニャもの?新たな農業スタイルが斬新!
  8. 猫になりたい!猫の生き方に憧れを抱く人々が急増中!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

猫のイベント情報

猫の飼育について

猫カフェ・保護猫カフェ

猫の雑学

猫の病気・治療費

キャットフードについて

猫の皮膚の病気

ピックアップ記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ねこタワー

ペット保険一括見積もり

わが家の女王猫たち

猫の島

落ちるなよ~~ww


ハンモックの上でコロコロと格闘中~

NEWおもちゃに恋した猫

ハンモック横取り猫


先にハンモックでくつろいでたのに上に乗られて取られた

歯ブラシマッサージしてもらったにゃっ

症状から見る猫の病気

獣医さんについて

診療費について

猫のニュース・エンタメ(国内)

猫専門病院

猫の体のしくみ

猫用品・便利グッズ

話題の人気猫たち

猫の種類

PAGE TOP