猫の湿度と温度管理!梅雨~夏にかけてトド化/わが家の女王猫

猫が海洋生物化するとき

 

ジメジメ、ムシムシと何かと
不快な季節になってきた・・

 

高温多湿の梅雨という時期は、
どうも体の調子も落ち着かず
ダルさや、無気力になるのは
人間だけではない。

スポンサーリンク


わが家の女王猫さまたちも、
この気候により、すでに猫という
生態を捨て去り、海洋生物化して
横たわる姿が頻繁に見られるよう
になってきた。。

 

これを「猫が落ちている」などと
良く言われるがうちの場合は、
どちらかと言うと行き倒れて
いる感がある・・

WS000004

特に、太めの「うる」さんはもはや
トドにしか見えない肢体にて
行き倒れている・・

 

やはり、無駄に脂肪が付いていると
暑さも倍になると思われる。。

トドじゃないにゃっ byうる
WS000007

 

猫は寒さよりも暑さに弱い?

 

ねこはコタツで丸くなる~♫などと
言う唄のフレーズがあるが、実は猫は
寒さより暑さに弱い動物なのだ。

 

猫は人間のように体全体で汗をかく
ことができない。
汗をかけるのは脚の裏のパット(肉球)だけだ。

 

さらに犬のように口を開けて
ハーハーすることもあまりしない。

 

そのため、暑いときには運動量、
食事量を減らして体温の上昇を
抑えるのだ。

 

それゆえ、この時期には猫さまたち
のグータラ度合いは増すわけだ。

WS000005

 

猫の快適温度と湿度

 

猫が心地よいと感じる気温や湿度は
ほぼ人間と同じと言われ、個体差や
年齢によって違いはあるものの、

気温18~26℃
湿度40~60%

なのだ。

 

これを考えると猫にとっては
梅雨時期はさほど不快でもない
とも思われる。

 

しかし、温度や湿度は室内の環境に
よっても体感的には変わるわけで、
さらに毛皮と脂肪の量によっても
変化してくるものと思われる。

 

また、季節によっても体感温度は
大幅に変わってくるのだ。

 

標準体型の「ぽちゅ子」さんは、
冬場には湿気バリバリのお風呂が
好きで私がお風呂に入るとやって
来て気持ちよさそうに寝る。

WS000008

 

猫は柔軟に環境に対応する

 

猫たちは人間のように
暑いだ~
寒いだ~
と文句を言わない変わりにしっかり
と自分で体のコントロールをして
いるわけだ。

 

だから寒いときは黙って丸くなり
暑いときはだら~んと伸びること
で静かに体温調節をする。

 

猫はもともと動作も静かであり
大人しい動物だ。
無駄なことに体力は使わない。

 

気温が上がってくると無駄な
体温上昇を避けるため、海洋生物と
化して行き倒れることで乗り切る。

 

一番エコな方法なのだ。
しかし、見ているこっちまでやる気
が失せるのは困るが・・

WS000003

まぁ 平和なのどかな光景という
ことか・・

 

ただし、真夏には室内でも熱中症
の危険があるため、しっかりと
海洋生物の観察をしていかないと。

 

古くから猫は、
「人には計り知れない神聖なる霊力
を秘めたもの。神仏の世界にも通ずる
不思議な力を持つもの」
として受容されてきた。

 

しかし現在では、
「真正なる脂肪を秘めた海洋生物の
世界にも通ずる不思議な肉体を持つ
もの」
となってしまった。

WS000000
だからトドじゃないにゃっ!

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です