猫の飼い方!夏の室内での注意点!外出時や留守中などは?

 猫は暑さに弱い?

 

猫はコタツで丸くなる~なんて
言われ、寒がりのイメージが定着
していますね。
確かに猫は寒いのは嫌いですが、
本来は寒さよりも暑さに弱い動物
なのです。

 

これには、猫の身体的構造が影響
しています。

スポンサーリンク


猫には人のように体全体に汗腺が
なく、唯一汗をかけるのはパッド
(いわゆる肉球)の部分だけなのです。

 

さらに、犬のように口を開けて
ハァハァすることもあまりないため
熱を体外に逃がすことができません。

 

そのため、猫は体を舐める行為
(グルーミング)によって体を湿らせ、
気化熱による体温調節をしています。

 

しかし、夏場には室内で熱中症に
なってしまう猫さんもいるのです。

猫の熱中症の原因や症状は?応急処置や役立つ予防対策まとめ

 

夏場の室内で注意すること

 

<温度管理>

これはお住まいの地域や環境に
よっても変わってきますが、風通し
も悪く高温になりやすい室内では、
エアコンは必要になります。

 

涼しすぎる必要もないので温度設定
27~28℃くらいで状況に応じて。

 

エアコンが必要なさそうな室内環境
であれば猫が自分で居心地のいい場所
に移動できるように、一つの部屋に
閉じ込めることなく、色々なところに
移動できるようにしておきましょう。

 

猫は自分で心地良い場所を探す天才
です。^^

WS000004

 

<飲み水と食事>

 

夏場は特にお水をたっぷり飲ませる
ように工夫しましょう。

 

水飲み場所を増やしてみるのも
いいですね。家の中に数ヶ所置いて
あげるといいです。

 

また循環式の自動給水器なども猫は
好みます。

猫の自動給水器おすすめ!たくさんお水を飲んで健康増進にゃっ

 

食事にウェットフードを食べさせて
いる場合は衛生管理に気をつけましょう。

 

置き餌は厳禁です。
また食べ残しも下げてしまいましょう。

 

夏場は食欲が落ちる猫さんが多いです。

 

本来猫はムラ食いが多いですが、
特に夏場にはこの傾向が見られます。

 

元気があるようであれば、多少の
ムラ食いは様子を見ても大丈夫でしょう。

 

<体調管理>

猫は本格的な夏を前に換毛期に入り、
夏毛に抜け替わります。

 

しかしその後も、夏の間は常に大量
毛が抜けるので、ブラッシングは
こまめにしてあげることが大事です。

 

特に長毛種の猫さんは注意が必要
ですね。

 

少しでも余分な抜け毛を除去して
涼しくしてあげましょう。

 

また、暑さによる食欲不振に伴い
その他にも下痢や嘔吐などの症状が
見られる場合もあります。

 

常に猫さんの体調管理に気を配り、
異変が続くような場合は早めに受診
しましょう。

スポンサー リンク


外出時、留守番させる
時に注意すること

 

室内飼育の猫さんで熱中症になる
パターンで一番多いのが、飼い主
さんが出かける際に、どこかの部屋
や狭い場所に猫が入っているのを
気づかずに閉じ込めてしまう場合です。

 

水も飲めず、狭い暑い場所に長時間
閉じ込められた形になり、熱中症に
なってしまうケースです。

 

ですから、必ず外出時には猫さんが
どこにいるのか確認してから出かけましょう。

 

特に多頭飼育などの場合、見逃しが
ないようにしっかりとチェックして
くださいね。

 

室内温度は大丈夫か?
猫が自由に行き来できる環境か?
飲み水はたっぷり入っているか?

をキチンと確認してから外出しましょう!

 

夏場の涼しい便利グッズ

 

可愛いすぎるひんやりニャンコ鍋♪
気持ちよさそうですわ^^

WS000000

 

クールブランケットに
横たわる姿が目に浮かびますわ♪

 

ひんやりアルミプレートもおすすめ♪

モフモフの毛皮をまとっている
猫さんにも快適な夏を過ごして
もらいましょう!

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です