猫の飼い方!共働きや一人暮らしの場合に注意することは?

留守がちな家庭で猫を飼うには?

 

猫は長い時間の留守番も大丈夫
だし、散歩も必要なく、犬と比べて
飼うのが楽・・だと言う評判を得ていますね。

 

これが猫ブームにもつながって
いるようですが・・

 

しかし、これは間違いです。
確かに犬と比べれば飼育の仕方に
多少の違いはあります。

スポンサーリンク


それは根本的に犬と猫ではまったく
違う生き物だからです。

 

猫を飼うのは楽だという考え方は
猫に対して失礼です!

 

猫だって寂しがるし、甘えんぼだし
神経質だし、ストレス溜めやすいん
です!(個体差もありますが^^;)

 

ただ、猫は犬のように感情を表に
出すことがあまりないだけです。

 

それは、猫の野生時代からの本能
であり、生き方だからです。

 

でも大丈夫!

猫もちゃんとした飼い方をすれば
共働きや一人暮らしで留守の時間が
長くても幸せにしてあげられます。

 

今回は日中留守にする時間が長い
ご家庭でも猫さんが快適にお留守番
できるための対策をご紹介します!

WS000001

 

室内環境を整える

 

<キャットタワー>

猫は上下運動がメインになるので
高いところに登れる環境が必要です。

 

また、高いところは猫に安心感
を与えたり、くつろぐスペース
にもなりますのでそのような環境
がない室内であればキャットタワー
を用意してあげましょう。

 

<トイレ>

そして留守が長い場合には、
おトイレは2つ(1匹あたり)は
用意してあげましょう。

 

トイレ環境は猫にとって非常に
大事です。
猫はキレイ好きです。

 

排泄物が溜まったトイレでは
用を足すのを嫌がる猫さんも多いです。

 

このような状態になり、ストレス
が溜まるとトイレ以外の場所での
排尿や排泄などの行動が起こります。

 

<爪とぎ>

爪とぎはキャットタワーなどと
一緒になっているものもありますが
できれば2ヶ所ほど置いてあげると
いいですね(部屋の広さにもよる)

 

そして、猫は爪とぎにも好みが
あり、気に入らない場合は使わない
こともあります。

 

何種類か用意して好みのものを
用意してあげるようにしましょう。



<室温管理>

季節によって、部屋の温度管理は
重要です。

 

特に夏場などには室内の猫さんでも
熱中症になることがあります。

 

地域や住まいにもよりますが、
日中留守の場合はエアコンは
付けっぱなしが安心ですね。
温度は27~28℃くらいの設定で大丈夫です。

猫の飼い方!夏の室内での注意点!外出時や留守中などは?

猫は実は寒さよりも暑さに弱い動物です。

スポンサー リンク


食事やお水

 

これは留守の時間や猫の年齢や状態に
もよりますが、子猫の場合などはまだ
食事も複数回必要ですのでできれば
自動給餌器などを利用するのが良いでしょう。

 

出かける時に多めに入れておくと
言うのもありますが、常にダラダラ
食いをさせるよりも、きちんと回数を
分けたほうが猫さんの体にとってはいいです。

 

また、成猫の場合でもできれば留守中
の間に一回ほどは少し食事はあげた
方がいいと思います。

 

猫は胃が小さいので一度に多くの
量の食事をとれません。
少量ずつ複数回に分けて与えるのが
良いと言われています。

自動給餌器もいろいろなタイプが
ありますので用途にあったものを
選ぶと良いと思います。

猫の自動給餌器おすすめ!ドライ&缶詰OKや分単位設定も!

 

そして食事の質がとっても大事!

愛猫を病気にさせない!健康維持や長寿のためのキャットフード!

 

そしてお水ですがこれも自動給水器
がオススメです。

 

もちろん食器にたっぷり入れて
あげて2ヶ所くらいに置いてあげて
もいいのですが、水を循環させる
給水器の方が猫はたっぷりお水を
飲んでくれます。

 

流れる感じの水の方が、猫の本能的
に好みのようです。

 

猫はもともと水分摂取が少ない動物
で、それゆえの泌尿器疾患や腎不全
などが好発する動物ですので、お水
はなるべく多く飲ませるように考えましょう。



猫の自動給水器おすすめ!たくさんお水を飲んで健康増進にゃっ

 

<オモチャ>

留守中の退屈しのぎに最適なのが
キャットフードやおやつなどを
仕込んで、遊びながら少しづつ
食べれるようなオモチャです。

これはけっこう猫さんも遊びますし
オヤツにもなるので日中留守する
ときにはいいですよ!

猫の長生き,病気予防に!フードをゆっくり食べさせるグッズを!

 

普通のオモチャだと見ている
ことができないときには、食べて
しまうこともあるので、モノに
よっては胃や腸に詰まったりと
危険です。
(特に遊び盛りの子猫や若い猫の場合)

 

ですから、猫じゃらしなどの
オモチャは帰ってから飼い主さんが
たっぷりと一緒に遊んであげてください♪

WS000000

可愛い猫ちゃんが待っていると
思うと急いで帰りたくなりますよね^^

 

でも猫ちゃんが出迎えてくれると
疲れも吹き飛ぶんですよね^^

 

帰ったらた~っぷりと可愛がって
甘えさせて遊んであげてくださいね!

 

また、その日1日、食事の食べ残し
やオシッコ、
ウンチなど異常がない
かのチェック
も忘れずに!

スポンサーリンク

あなたにオススメ記事
バナー にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です